Visual Studio for Mac での Unity ゲーム開発


本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。
【元記事】 Unity game development with Visual Studio for Mac 2017/5/10

 

2014 年に Visual Studio Tools for Unity (VSTU) の最初のバージョン (英語) をリリースして以来、Windows 向けには Tools for Unity の複数のバージョンをリリースしてきましたが、Mac OS を実行している Unity 開発者にこのツールを提供する機会はありませんでした。

本日の Microsoft Build カンファレンスにおいて、Visual Studio 2017 for Mac の一般提供開始が発表されました。これは、フル機能を備えた Mac 向けの IDE で、モバイル アプリや Web アプリからゲームまで、あらゆる開発作業に利用できます。

今回のリリースでは Tools for Unity を同梱することで、Mac OS の Unity 開発者が Visual Studio for Mac を使用できるようになりました。

VSTU in VSForMac - Intro

セットアップ

Unity 5.6.1 以上が必要になります。Unity 5.6.1 は、Visual Studio for Mac と Tools for Unity をサポートする Unity の最初のバージョンです。利用を開始する方法は非常に簡単で、Unity で Visual Studio for Mac を外部スクリプト エディターに設定するだけです。

VSTU in VSForMac - Setup

これで、Unity から任意の C# スクリプトを開いた場合に Visual Studio for Mac が起動します。

主な機能

ワンクリック デバッグ

Visual Studio for Mac の [Start] ボタンをクリックすると、デバッガーが Unity エディターにアタッチされます。⌘ (コマンド) + Enter キーを押せば、さらにすばやく実行できます。

VSTU in VSForMac - Debugging

ブレークポイントを設定してスクリプトをステップ実行できるほか、ローカル変数の参照、コール スタックの分析、式の評価を行うことができます。

Unity ソリューション パッド

Visual Studio for Mac では、Unity と同じようにソリューションが表示されるため、スクリプト内の移動や検索が非常に簡単です。上記のスクリーンショットをご覧ください。

Unity メッセージの IntelliSense

Unity メッセージとは、Unity ゲーム エンジンによって呼び出されるメソッドです。これまでは Unity メッセージのシグネチャを把握する必要がありましたが、今後は Visual Studio for Mac で Unity 用のスクリプトを作成する際にコード補完機能が提供されます。

VSTU in VSForMac - Intellisense

その他の機能

Visual Studio for Mac には他にも以下の機能があります。

  • シェーダーのコードの色付け: Visual Studio for Mac では、Unity のシェーダー形式である ShaderLab の構文強調表示がサポートされています。
  • Unity ドキュメントへのアクセス: IDE から Unity のドキュメントに含まれる型やメンバーを検索できます。検索するテキストを選択して ⌘ (コマンド) + ‘ キーを押すと、ドキュメントを表示できます。

まとめ

Visual Studio for Mac のプレビュー版を既にインストールしている場合は、アプリケーション内から最新バージョンに更新してください。プレビュー版をご利用でない場合は、VisualStudio.com にアクセスすると、最新リリースをダウンロードして、リリース ノートをご確認いただけます。

ぜひ皆様のご意見、ご感想をお聞かせください。Visual Studio for Mac の ([Help] メニュー内にある) [Report a Problem (英語)] または [Provide a Suggestion] リンクからフィードバックを送信できます。または、Visual Studio for Mac コミュニティ フォーラム (英語) の会話にご参加ください。

Jb Evain (主任ソフトウェア エンジニアリング マネージャー)
@jbevain

Jb Evain は Visual Studio Tools for Unity のエクスペリエンス関連業務を担当しています。開発者ツールやプログラム言語に情熱を傾け、10 年以上にわたって開発者テクノロジの分野に携わっています。
Comments (0)

Skip to main content