Visual Studio for Mac の一般提供を開始


本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。
【元記事】 Visual Studio for Mac: now generally available 2017/5/10

 

本日の Microsoft Build カンファレンスで Visual Studio 2017 for Mac の一般提供を発表しました。

Visual Studio for Mac は Mac 用に設計されたフル機能のネイティブ IDE で、モバイル アプリや Web アプリ、ゲームにいたるあらゆるものに対して開発、デバッグ、テストを行うことができます。PC と Mac 間で同じソリューションやプロジェクトをベースとしたコードをシームレスに共有できる Mac 用ネイティブ IDE で、Mac ユーザーが使い慣れた操作方法で利用することができます。

モバイル、Web、クラウド、ゲーミングに対応

C# と .NET を使用したモバイル開発

Mobile Dev Workload

統合デザイナーやコード編集、ツールのパッケージ化や発行まで、Visual Studio for Mac は Xamarin を使用したモバイル アプリ開発に役立つ優れた機能を提供します。たとえば以下のメリットがあります。

  • 高い支持を得ている C# 7 プログラミング言語のフル機能
  • .NET API は Android、iOS、tvOS、watchOS、macOS 開発用 API に 100% 対応
  • Xamarin.Forms API の抽象化による最大限のコード共有
  • モバイル開発をスピードアップする NuGet.org の膨大な .NET ライブラリの活用
  • 高度に最適化されたネイティブ コードと LLVM 最適化コンパイラ

ASP.NET Core と Azure を使用した Web 開発

昨年 11 月に Visual Studio for Mac の最初のプレビュー版をリリースして以来、マイクロソフトでは、Windows 版 Visual Studio からの Web エディター ツールの移植に精力的に取り組んできました。今回のリリースにより、ASP.NET Core と、HTML5、CSS3、JavaScript などのフロントエンド言語を使用したリッチな Web アプリケーションの開発がフルサポートされます。

Web Editors

Web アプリを寸分の隙もなく磨き上げた後、リリースする準備が整えば、新しい Publish to Azure ウィザードを使用して IDE から Azure に直接発行できます。

Add App Service

Unity を使用したゲーム開発

Build で今回新たに発表した Visual Studio for Mac は、C#、.NET、Unity を使用したゲーム開発にも利用できます。

Unity Photo Enterprise

Unity 5.6.1 との連携による IDE 内でのゲームの開発やデバックをフルサポートしています。これには次のサポートが含まれます。

  • スクリプトを簡単に参照して発見できるプロジェクトのサポート
  • ゲーム エンジンから呼び出されたメソッドのコード補完機能
  • Unity エディターにアタッチするワンクリック デバッグのサポート

Mac と PC 間でのシームレスな作業を実現

Visual Studio for Mac では、他のチーム メンバーが Mac と PC のどちらを使用していても気にせず共同で作業できます。ソリューションとプロジェクトは Visual Studio for Mac と Visual Studio のどちらでも使用できるので、異種混在の開発環境でもオペレーティング システムの垣根を越えて同じプロジェクトに一緒に取り組むことができます。つまり、効率を損なわずに容易にマシン間を「ラウンドトリップ」できるのです。

Mac 向けの設計

Visual Studio for Mac は、Visual Studio on Windows をそのまま移植した製品ではなく、Mac 向けに設計された新たな操作性を提供します。UI はボタンやテキストといったプリミティブな要素からアプリケーションやアイコンのレイアウトまで、macOS 向けアプリケーションと同じ感覚で操作でき、開発ワークフローも Mac の開発者が期待する形に最適化されているので、すぐに使いこなせます。

Visual Studio for Mac IDE Full Screen

今後の展望

今回のリリースはまだ始まりに過ぎません。本日のカンファレンスでは他にも素晴らしい新機能の数々のプレビュー版についても取り上げました。そちらは Alpha チャネルで間もなく公開する予定です。以下のプレビュー機能は Stable リリースには含まれていませんが、準備は整っていますのでリリースされ次第ぜひお試しになってご感想をお寄せください。

  • Docker のサポート: Docker コンテナーへの .NET Core および ASP.NET Core のデプロイとデバッグをサポートします。
  • Azure Functions のサポート: Mac から Azure Functions を開発、デバッグ、デプロイできます。
  • IoT デバイスをターゲットに指定: C# コードと Xamarin で Android Things などの IoT デバイスをターゲットに指定できます。

これらのプレビュー機能をお試しになるには、Visual Studio for Mac で Alpha チャネルを購読 (英語) してください。

ご意見・ご感想をお聞かせください

Visual Studio for Mac のプレビュー版を既にインストール済みの場合は、必ずアプリケーション内から最新版に更新してください。まだプレビュー版をお試しでない場合は、VisualStudio.com (英語) から最新リリースをダウンロードしてください。このリリースの詳細については、リリース ノートを参照してください。

メモ: Visual Studio for Mac を 5 月 17 日までにダウンロードすると、Xamarin University を 60 日間無料でお試しいただけます。インストラクターによるライブのレッスンや、Visual Studio for Mac の使用を開始するのに役立つコンテンツが揃っているのでぜひご利用ください。

マイクロソフトは今回のリリースをとても誇りに思っています。ぜひ皆様のご意見、ご感想をお聞かせください。Visual Studio for Mac の [Report a Problem (英語)] リンクまたは [Provide a Suggestion] ダイアログ ([Help] メニュー内) からフィードバックを送信できます。または、Visual Studio for Mac (英語) コミュニティ フォーラムにご参加ください。

ではまた!

Miguel

Miguel de Icaza (モバイル デベロッパー ツール、Distinguished Engineer)
@migueldeicaza

Miguel de Icaza はマイクロソフトでモバイル プラットフォームを担当している Distinguished Engineer で、快適に使える開発者ツールの制作に力を注いでいます。Nat Friedman と共同で 1999 年に Ximian、2011 年に Xamarin を設立しました。それ以前は 1997 年に GNOME プロジェクトを共同で設立し、2001 年の誕生当初から Mono プロジェクト (Novell による複数のリリースを含む) の指揮を執っています。1999 年に Free Software Foundation 1999 Free Software Award と MIT Technology Review Innovator of the Year Award を受賞し、2000 年 9 月には TIME 誌の新世紀のイノベーター 100 人の一人として名前が挙げられています。

 

Comments (0)

Skip to main content