HoloLens 用サングラスを作ってみた

明るいところではホログラフィックが見づらいHoloLens。ではサングラスを作ってみたら?という安易な発案で工作。 尚、普通に使っているときは要らない、と思ったんですが、これ付けているとホログラムの輝度を通常よりもかなり下げられます。結果として、バッテリーの持ちがよくなるんですね。なので開発時の普段使いにも良いかもしれませんが。

0

「MR Deivice って あれVRじゃん」に対して、最新 Mixed Reality について

いよいよ、各社の Mixed Reality デバイスの実機が披露されました。 Microsoft、各社の「Windows MR」ヘッドセットを会場展示 すでに、海外等でAcer のMixed Reality Deviceを体験された方もいらっしゃいます。そして皆さんこういう。 「Mixed Reality Device って、あれVRのHMDじゃん」 「透過型じゃなくてもMixed Reality っていうの?」 そう、そうなんですよ。Mixed Reality Device はいわゆるVRのヘッドマウントディスプレイ(HMD)です。Windows 10 Creators Update に対応したデバイスで、「複合現実ポータル」を介して複合現実を体感いただけるデバイスです。 「????」

0

UWPでのSurface Dial 実装方法

UWPでの実装は最も簡単に行うことが出来る。 Surface Dial 実装まとめ (PDF) ダイアルのコントローラー 取得方法:これがすべてのスタート   var Controller = RadialController.CreateForCurrentView();

0

Surface Dial 実装のための概要

衝撃の発表だった Surface Studio と Surface Dial 。すでに同僚が何人かシアトルの現地でSurface Studio やSurface Dial を見てきたらしいが、みな口をそろえて「あれはすごい」とほめまくる。

0

Microsoft Fluent Design その2

Microsoft Fluent Design Systemには大きく5つの要素が定義されています。 Light, Depth, Motion, Material, scale です。 Light :ライトはポインティングであり注意喚起をするための要素だったりします。これまでもカーソルなどがありましたが、これはスクリーンという制限され、完全にコントロールの配下にある2D環境においては慣れ親しんだものですが、3Dやリアルな環境においては違和感があります。より自然なポインティングには光が最適です。

0

Microsoft Fluent Design その1

Build 2017 で発表された新しいデザインシステム、Microsoft Fluent Design 。これはいったい何なのか?今後どうなってくるのか?Build の発表を見てもなんかよくわからないという方も多いかと思います。 Fluent Design System はこれからのアプリケーションのためのUXデザインのためのシステムでありまたガイドラインともいえるでしょう。具体的に何が出るのか?とかもありますが、それよりもまず先になんで今デザインシステムなのか?何を目標にしたものなのか、を考えた方がその意味が分かると思います。

0

Bridge for Desktop についての詳細

Windows 10 Sの話も出てきたりして、ちょっと Bridge for Desktop の整理をしてみましょう。

0

Windows 10 S

Surface Laptop の発表とともに Windows 10 Sの発表もありましたね。 USのWebページには Windows10 S についてのポータルサイトも用意されています。 さて、この Windows 10 S とはいったいどういうOSなのか?通常のWindows 10とはどう違うのか?この辺りは FAQに掲載されています。ちなみに FAQはもう日本語対応しています。

0

Creators Update に複合現実ポータル登場

これから、Windows Mixed Reality のデバイスがOEM各社からリリースされてきます。まだ先ですが。これはいわゆるVR の HMDデバイスで、Windows 10 と接続して利用することが出来るデバイスです。しかし、Windows Mixed Reality のブランドで統一したということは、今後このデバイスで HoloLens のような周りの空間とバーチャルなオブジェクトが融合する Mixed Reality の世界が実現できるはずです。 そのWindows Mixed Reality のためのPC側のアプリ「複合現実ポータル」が今回 Creators Update で搭載されました。アプリです。それにしても名前は Mixed Reality ポータルに直してほしい。

0

Paint 3D 最新状況

Paint 3D がInsider Preview とともに進化してきています。改めてCreators Update でも紹介されると思いますがさわりだけ。 起動の仕方 Tips ちなみに起動はCortanaウィンドウから3Dと打って起動するのが一番早いかと。 さて、起動画面です。紹介系の動画もなかなか素敵なので見ておくといいですね。 サンプルオブジェクトと対応フォーマット さて、まずいつからかわからないですが、挿入メニューからオブジェクトをインポートしようとすると、いろいろ3Dアイテムが用意されていました。 自分のフォルダの直下に3Dオブジェクトフォルダが出ていたんですね。真ん中のWindows ロゴっぽいやつは3Dプリンターで出力する感じのアイテムですね。あれ?もしかして昔からあった? さて、少し前のバージョンでは3Dオブジェクトは3mfしか

0