Microsoft Dynamics 365 新機能: Dynamics 365 App for Outlook 拡張機能: その 2


みなさん、こんにちは。

前回に引き続き、Microsoft Dynamics 365 新機能から Dynamics 365 App for Outlook 拡張機能(Outlook アプリ)について紹介します。
本記事はシリーズもののため、また前回の記事を読まれていない方はご覧ください。

Microsoft Dynamics 365 新機能: Dynamics 365 App for Outlook 拡張機能: その 1

会議、および予定の追跡

本バージョンから、会議依頼や予定を追跡できるようになりました。

1. OWA にログインします。

image

2. 予定表を開きます。

image

3. 予定を作成します。

image

4. 編集をクリックします。

image

5. 顧客を追加します。

image

6. 顧客を追加します。[保存] をクリックします。

image

7. 出席者に顧客が追加されました。

image

8. アプリのアイコンをクリックします。

image

9. 右側にアプリの画面が開きます。

image

10. 追跡をクリックします。

image

11. ピン止めしているレコードと関連づけます。

image

12. 関連付けおよび追跡が実施されました。

image

電子メール テンプレートの利用

本バージョンより顧客へ電子メールを送信する際に電子メールテンプレートを利用できるようになりました。

1. OWA にログインします。

2. 新しい電子メールを開きます。

3. 電子メールテンプレートには、宛先の顧客情報が差し込まれるため、宛先に顧客を指定します。

image

3. 右下にあるアプリのアイコンをクリックします。

image

4. アプリが開かれます。

image

5. テンプレートをクリックします。

image

6. テンプレートが表示されます。差し込むものを選択し、[電子メールに追加] します。

image

7. テンプレートをもとにした電子メールが差し込まれます。

image

 

サポート情報記事の利用

本バージョンより顧客へ回答を返信する場合に、サポート情報記事を差し込めるようになりました。

1. 新しい電子メールを開きます。

image

2. 右下にあるアプリを開きます。

image

3. アプリの画面が表示されます。

image

4. 記事をクリックします。

image

4. 記事をクリックします。

image

5. 記事が差し込まれたことがわかります。

image

6. 送信された電子メールに画像を含めて送信されていることがわかります。

image

営業資料の利用

本バージョンよりメールを作成する際に、提案資料といった営業資料を添付できるようになりました。
1. OWA にログインします。

2. 新しい電子メールを開きます。

3. 右下にあるアプリのアイコンをクリックします。

4. [営業資料] をクリックします。

image

5. 挿入したい営業資料を選択し、[電子メールに追加] をクリックします。

image

6. 電子メールに営業資料に格納されている添付ファイルが追加されます。

image

すべての Dynamics 365 および Exchange 組み合わせサポート

本バージョンから、ハイブリッド構成 ( Dynamics 365 Online と Exchange Server (設置型) または
Exchange Online と Dynamics 365 (設置型) ) を含むすべての Dynamics 365 と Exchange の構成をサポートするようになりました。

まとめ

いかがだったでしょうか。本バージョンでより機能強化された Dynamics 365 App for Outlook を是非ご検討ください。

– プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります

Comments (0)

Skip to main content