2010年に向けてコンテストが行われます

既にご存じの方も多いかと思いますが、こちら でご案内のように「マイクロソフト XNA® ゲーム ソフトウェア コンテスト 2010」を開催します。 案内にもありますが、今回のコンテストは、Xbox 360、Windows、Windows phone の 3 部門となります。 XNA Game Studio を使用してのコンテストは前回、前々回ともにありましたが、今回は対象プラットフォームも増えて開発環境もそれぞれ違いがあります。エンターブレイン様の協力により、現行ツクールシリーズでの応募も可能になっています。ちなみに、Windows部門の「RPGツクールVX」、「RPGツクールXP」、「アクションゲームツクール」共にDirectX ランタイムを対象とした出力のゲームの実行形式で提出となりますのでお気を付けください。これらは、既にツクールシリーズを使われている方々の方が詳しいのであくまでも再確認程度と思ってください。 どの部門が狙い目ですか?というご質問を頂きましたが、これはどのプラットフォームを良く熟知しているかというのにも影響されるかと思いますので一概な答えはありません。 (以下は参考になるものでは無いので読み飛ばしていただいて結構です)Xbox 360 部門では、Xbox 360 に向けた特有のクセ(モデル表示など)もありますし、Windows phone 部門では、Windows Mobile SDK を使用していた経験など独特のプレイ環境を熟知している事で作品の制作にも違いがでてくるかもしれませんし、Windows 部門に至っては、自分で完成させているようなライブラリーをお持ちの方も、きっと多くいらっしゃるであろうと予想します。Windows 7 の新機能を敢えて盛り込む意欲的な方もでてくるかもしれません。特に Windows 部門では開発する上での自由度はどの部門より高いのかもしれません。各部門共通に応募条件は確かにありますが、何よりも作品を制作いただく皆様のアイディアをどう具現化し実装されるかが大きいと思われます。 (ここからは読んでいただきたいところです)我々や審査員だけでなく、多くのプレイしていただける方を唸らせるような光景を想像して、作品の制作を行ってください。 多くのクリエーターの方々の応募をお待ちしております。 XNAグループ徳留    


「XNA ユーザー ラウンドテーブル」 オンライン配信中止の連絡

  10 月 17 日 (土) に開催します「XNA ユーザー ラウンドテーブル 10 月」 においての Microsoft Office Live Meeting のサービスを介したオンライン配信に関しては、急きょシステムのメンテナンスと日程が重なり中止となりました。 本オンライン配信をご希望されていた皆様には、急なご連絡となり大変申し訳ございません。 なお、「XNA ユーザーラウンドテーブル 10 月」 は事前の告知通りの日時で開催いたします。 (会場直接お越しいただける方は、参加の連絡が無くても受付をいたします) また、当日の会場においての内容に関しては収録を行い、後日オンライン配信をご希望されていた皆様に向けてオンライン配信を行いご意見をいただくようにいたします。 詳細に関しては後日ご案内します。 今回設定いただいたクライアントの環境はそのまま保持ください。 (収録内容の編集、オンライン配信準備にお時間をいただきます) 今回は、直前のご案内となり大変申し訳ございませんでした。 XNA グループ 徳留  


「XNA ユーザー ラウンドテーブル 10 月」 のご案内

  10 月 17 日 (土) に 「XNA ユーザー ラウンドテーブル 10 月」 を開催します。   今回のテーマは 「サービス開始から現状までの振り返りとコミュニティーの現状について」 - クリエーター コミュニティーを活性化していくために  - ピア レビューをゲームデバックのプロからアドバイス   さらに、今回は Live Meeting のご用意もいたします。 当日お越しになれない方はぜひ、ご活用ください!   なお、開催概要、申込み方法等詳細は、XNA クリエーターズ クラブ オンライン に掲載してありますのでご確認ください。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。   XNA グループ 徳留  


イベントのご案内

  XNAに関するイベントのご案内です。 9月12日(土)、APMT:WEEKの一環として「DeskTopLive.xna」というイベントが行われます。   「DeskTopLive」はパフォーマーがデスクトップ上で”生で!”パフォーマンスをするイベントです。 今回のテーマは、XNA Game Studio。 クリエーターの皆様によるライブゲームプログラミングバトル、プレゼン大会、トークなど、XNA Game Studioで既に開発経験のある方から、Xbox 360 でゲームを動かす過程が見たい方、関心のある方まで、幅広く楽しんでいただける内容となっております。   ご興味のある方は、下記サイトをご覧ください。 http://www.apmt.jp/    


クリエーターズ クラブ 公報 32

  こんにちは!今週末に XNA クリエーターズ クラブ オンライン に掲載される新しい機能に専念していたため、しばらく更新ができませんでした。その間、みなさんもお忙しかったでしょう! XboxIndies.com を運営している MVP の Nick Gravelyn が、みなさんの Xbox LIVE インディーズ ゲーム の最後の仕上げに Interpolation (補間) を使用することについての有益な記事を書きました。 Mind of Conkerjo ではかなり多くの XNA フレームワーク関連コンテンツを提供しています。最近彼は、XNA Game Studio での AI の使用 、および彼が開発している AI ライブラリー についての 2 つの記事を書きました。 またもう一人の MVP である Pete は XNA Game Studio 3.1 でのアバターの使用について、すでに書いています。彼は最近、アバターの遷移 (Avatar Transitions) および アバターのシャドウ (Avatar Shadows)…


XNA 関連のフォーラムについて

  XNA クリエーターズ クラブ オンラインの日本語サイトに、日本語のフォーラムをご用意しております。これに伴い、MSDN の XNA Game Studio Express フォーラム、XNA Framework フォーラム は、8月25日(火)から新規の投稿を受け付けず、過去の投稿を閲覧するだけになります。 今後は、意見交換、情報交換の場として、XNA クリエーターズ クラブ オンラインの フォーラム をご活用ください。  


「XNA ユーザー ラウンドテーブル 7月」開催報告

  7月25日 午後12時よりスタートで「XNA ユーザー ラウンドテーブル 7月」を開催しました。 会場では一方的な説明会ではなく参加されている方々も発言していくという、当初の予定通り 広い意見交換を行う会ができました。   これも一重にご参加いただいた方々の熱意とご協力の上で、良い会が開催できたと感じております。   会の中では、ゲーム作成にあたりレアケースの問題をどのように発見し対処すべきか、ピア レビューでチェックすべき項目などの実際の開発する上での各自の認識や方向性の確認、XNA クリエーターズ クラブ オンラインの正式オープンに伴う日本においての税金や諸所の手続きに関する議題、今後のXbox LIVE インディーズ ゲームのすそ野を広げていくための課題や提案、XNA Game Studio に欲しい機能など、多くの貴重な意見を交換し合える会となりました。   例えば、世間では Xbox LIVE インディーズ ゲームとして提出し公開された場合に、米国と日本の二重で税金が適用されるのではないかという誤解や、マイクロソフトが勝手にゲームのプロモーションを行いそのプロモーション費用分として10%-30%をクリエーターから搾取するような誤解がある。などの声もありました。 もちろん、どちらも違います。   XNA クリエーターズ クラブ オンラインの FAQなどを読んでも誤解が生じるところが多いのかもしれません。 このような疑問が生じた場合は、フォーラムでご質問していただければ、本日参加された方々から回答が寄せられるかもしれません。   クリエーター コミュニティーを形成していくにあたり、このような会を今後も引き続き開催したいと思います。   次回の開催案内を待つよりも、参加された方も参加できなかった方も含めて、話し合いたい議題を継続的に募集します。 xnajapan@microsoft.com までご連絡ください。   本日ご参加いただいた皆様本当にありがとうございました。   会の様子などをBlogやサイトでご紹介いただいた方はご連絡ください。 よろしくお願いします。   XNA グループ 徳留  


XNA クリエーターズ クラブ オンライン 日本語サイトをオープン

  XNA クリエーターズ クラブ オンライン の日本語サイトをオープンしました。これにより、日本のクリエーターの方からのゲームの提出が可能となりました。   XNA クリエーターズ クラブ オンライン では、ゲーム制作に必要となる開発環境や各種情報を提供しております。また、日本語のフォーラムをご用意しました。XNA に関する全般的な話題から、XNA クリエーターズ クラブの話題、ゲーム開発に関する技術的な話題等、それぞれの目的に合わせて意見交換、情報交換の場として是非ご活用ください。 (MSDN フォーラムに関しては、すぐに閲覧、投稿ができなくなる事はありませんが今後はこちらのフォーラムをご利用ください。)   我々は、日本のクリエーターの方々の活動がより活性化し、素晴らしいゲームが発信されていく事に大きな期待をよせております。  


「XNA ユーザー ラウンドテーブル 7月」のご案内

  7月25日(土)に「XNA ユーザー ラウンドテーブル 7月」を開催いたします。 このラウンドテーブルは、皆様と自由な雰囲気の中で意見交換できるようにと考えております。 Xbox LIVE インディーズ ゲームに興味やご意見をお持ちの方は是非ご参加ください。   今回のラウンドテーブルでとりあげる話題としては以下などを想定しています。   ・ゲーム作成時の発生頻度の低い問題の発見方法や、対応テクニック ・多くの方にXbox LIVE インディーズゲームに参加していただく方法 ・XNA Game Studio に欲しい機能 ・Xbox LIVE インディーズ ゲームについてズバリ担当者に直接質問   その他、具体的に設けてほしいお題がありましたら、お申し込みの際にご連絡ください。   参加者全員で質問したり、時には自分のノウハウでアドバイスしたりなど多くの方との意見交換を通しての交流を目的としておりますので、参加された皆様全員が楽しく過ごせるようにご協力をお願いします。   開催概要 日時 : 7月25日(土) 12時~(受付開始:11時30分) 場所 : マイクロソフト代田橋オフィス          〒168-0063  東京都杉並区和泉1-22-19 朝日生命代田橋ビル 内容 : Xbox LIVE インディーズ ゲームに関する意見交換 対象 : Xbox LIVE インディーズ ゲームに関する見識および関心をお持ちの方…


XNA Game Studio 3.1 日本語版の公開開始

  お待たせしました、XNA Game Studio 3.1 日本語版がリリースされました!   これは日本で活躍するクリエーターの皆様のゲーム開発における潜在能力が非常に高く評価されていることの証でもあります!   XNA Game Studio 3.1 日本語版に関する詳細は、こちら でご確認ください。 また、アップグレードに関しては、MSDN ライブラリ に情報が集約されておりますのでご参照ください。   アップグレードの際、特記事項として以下の2点がありますので、クリエーターの皆様はご注意ください。   1) XNA Game Studio 3.0 から XNA Game Studio 3.1 では、アップグレードは自動的に行われません。 XNA Game Studio 2.0 → XNA Game Studio 3.0 のプロジェクト アップグレードのプロセスでは Visual Studio のプロジェクト変換ウィザードが自動的に起動され、VS2005 → VS2008 のプロジェクト変換に XNA Game Studio 2.0 →XNA Game…