本日は、Windows 8 のプレビューから一般リリースに移る過程における Windows ストアの重要なマイルストーンとなります。対象市場を再び拡大し、これまでのお約束どおり、かつてない規模のチャンスを開発者にお届けします。現在、ストアでは会社の登録が可能になり、有料アプリへの対応が開始されました。また、Release Preview のフィードバックにお応えして、ストアのデザインもついに改良されました。この記事は、ストアのパートナー プログラム マネージャーを務める Ted Dworkin が執筆しました。

-- Antoine       



本日より、サポートされる市場で活動している適格な会社のアカウントでは、Windows 8 向けの Metro スタイル アプリを提出できるようになりました。この資格を希望される会社の方は、アカウント登録を通じて申請することができます。アカウント登録では、アカウント検証プロセスが実施されます。

アプリをストアにアップロードするには、Windows 8 の RTM ビルドが必要です。このビルドは、8 月 15 日に MSDN サブスクライバー向けに提供が開始され、TechNet 経由でも試用版を入手できるようになります (詳細については、引き続きこのブログと Windows 8 アプリ開発者ブログにご注目ください)。それまでは Release Preview を使ってアプリの作成を続けていただき、その間に会社のアカウントをお早めにご登録ください。会社のアカウントの検証には少し時間がかかります。今すぐご登録いただければ、RTM ビルドのリリースから間を置かずにアプリを提出できるようになります。

ストアにアプリを提出したいとお考えの個人の方は、今後の動きにご期待ください。間もなく詳細をお知らせします。

市場の拡大

今回は、Window ストアが会社のアカウント向けにオープンしたというだけでなく、開発者の皆さんと、優れたアプリを探しているお客様の両方に対して真にグローバルなストアを提供するという私たちの目標に向けた大きな前進でもあります。私たちは、Consumer Preview や Release Preview といった主要なマイルストーンを迎えるたびに言語と市場のサポートを強化してきました。この最新リリースでもその傾向は続いており、カタログやアプリ提出言語が追加され、開発者エクスペリエンスのローカライズも向上しています。

本日、個々のカタログ サービスのリストに 54 の新しい市場が追加されたため、より市場に特化したチャンスや、本当に関連性が高いアプリをユーザーに提供する多くのチャンスが開発者にもたらされます。

さらに 24 の新しいアプリ認定言語も追加され、アプリ提出言語は合計で 38 となりました。これは Release Preview でサポートされていた数の 2 倍以上に当たります。もちろん開発者は、アプリ認定に使われる言語以外の言語をアプリでサポートして、他の地域を対象とした Windows ストアのアプリ カタログに掲載することもできます。私たちは、対応言語の数が増え、ストアへの提出と公開においてより多くの言語の選択肢を開発者に提供できることを嬉しく思います。

開発者ダッシュボードには 11 の言語が追加され、自分に合った言語を選んで、アプリの提出、認定プロセスの確認、分析結果の表示に使うことができます。以前のマイルストーンでもお話ししたとおり、今後も対応を広げていく予定です。

有料アプリ

以前の記事では、試用版、有料アプリ、アプリ内購入を実装する方法について説明しました。現在ではトランザクション サポートが有効になったので、登録済み開発者は、有料アプリをストアに提出することができます。アプリ内購入にも対応しています。

アプリ開発者契約 (ADA) は、以前にストア プレビュー イベントで発表された金銭面の詳細を反映して更新されています。ストアの基本手数料は、マイクロソフトのトランザクション プラットフォームを使って発生したすべての取引による収益の 30% となります。トランザクション プラットフォームを使った収益の合計金額が 25,000 米国ドル (または同等額) に到達したアプリについては、そのアプリの提供終了まで手数料が 20% に減額されます。

私たちは、プラットフォームの一部としてトランザクションのフル サポートをリリースし、業界でもトップ レベルの収益条件を開発者に提供できることを嬉しく思います。ただし、開発者はアプリ内購入にマイクロソフトのトランザクション サービスを使わなくてもかまいません。すべての開発者がビジネス チャンスを最大限に活かせるようにするためには、経済的に有利なトランザクション プロバイダーを柔軟に選択できることが重要です。

認定ポリシーの更新

私たちの認定ポリシーは、開発者の皆さんからいただいたご質問やご提案に基づいて発展を続けています。これは、開発者がより多くの情報に基づいた選択を行い、Windows プラットフォームを最大限に活用できるレベルの透明性、一貫性、具体性を実現するという私たちの約束の一環を成すものです。開発者は、アプリの認定が速やかに進むように準備して、可能な限り短い時間でアプリを市場に出すことができます。最近のポリシーの更新では、DirectX を使うアプリについての記述が明確になり、個人情報を収集するアプリ、プライバシー ポリシー、年齢制限に関連するいくつかの変更が加えられました。変更内容はすべて、認定ページの末尾の改訂履歴に挙げられています。

エクスペリエンスの進化

Release Preview 以降、調整としあげのための改良を何百件もストアに加えてきました。その中から、フィードバックの件数やアプリの見つけやすさの重要性を考えて、追加点を 1 つ特に取り上げたいと思います。私たちは、ストアのランディング ページからの検索のサポートを追加し、入力するだけで検索できるようにしました。これは [スタート] の検索動作と同じもので、ユーザーが期待する操作方法です。私たちは、優れたアプリを見つけやすくするために役立つことなら何でも対応するように全力で取り組んでいます。

最後になりますが、Consumer Preview と Release Preview でアプリを提出してくださった開発者の皆さんにお礼申し上げます。このパートナーシップなくして成功はあり得ません。プラットフォームへの投資と取り組みに心より感謝いたします。

アプリを提出する機会をお待ちいただいていた会社の皆さん、どうぞ Windows ストアへお越しください。

– Ted