クラウド成功のカギを握る「クラウド ハンドシェイク」

このポストは、6 月 15 日に投稿された Cloud Success Comes in Completing the Cloud Handshake の翻訳です。 企業のお客様がクラウド コンピューティング プラットフォームを利用する際に必ず懸念されるのは、アプリケーションに関して明確なサービス レベルが保証されるかどうかということです。Microsoft Azure を始めとするクラウドの多くは、個々のサービスに対してサービス レベル アグリーメント (SLA) を発行していますが、これはアプリケーション自体を保証するものではありません。クラウドベース アプリケーションの可用性とパフォーマンスを保証し、お客様の不安を解消するためにはどうすればよいのでしょうか。 その答えは、「クラウド ハンドシェイク (Cloud Handshake)」の実現にあります。 クラウドベースのリソースを活用すると、マルチテナントの自動化されたスケーラブルなサービスを利用できます。これらのサービスは、複数の顧客が常に同じ方法で利用できるように設計されています。標準化により、他にはないマイクロソフト独自のスケール、パフォーマンス、従量制によるコスト効率といったメリットを活用でき、さらに定義済みの SLA も提供されます。標準化されたサービスに加えて、マイクロソフトでは構成オプションも提供しており、お客様のワークロードや目的に最適な形で複数のクラウド サービスを結合することができます。標準的なクラウド サービス以上の要素に精通していることで、必要なワークロードに固有の保証を得ることができるのです。クラウド ハンドシェイクは、マイクロソフトが提供するサービスの知識と、その知識に基づく適切なワークロードの構築と構成によって成立します。 簡単な例を挙げましょう。99.95% の SLA が保証されている Virtual Machines にデプロイされたアプリケーションに関して、99.99% の SLA を保証することは可能でしょうか。答えは「可能」です。アプリケーションを VM のクラスターにデプロイし、各クラスター ノードを個別のコンピューティング リソースで実行することで実現します。Azure ではこれを可用性セットと呼んでいます。さらに高い SLA を保証する必要がある場合は、まもなく 22 のリージョンで提供が開始されるサービスを利用して、ワークロードを複数の Azure リージョンに分散させ、データセンターのサービス停止や地域ごとの自然災害からワークロードを保護することができます。このシンプルな原則を実装のあらゆる側面…

0

業界トップのクラウド アナリストがマイクロソフトに転身した理由  

このポストは、6 月 9 日に投稿された Why this top cloud analyst moved to Microsoft の翻訳です。 私はこの 6 年間 Forrester Research (英語) に勤め、企業の IT 担当者やテクノロジ リーダーを対象に、クラウドによる動き、つまり、クラウドのメリットやクラウドがビジネスとユーザーにどのような変化をもたらすかを理解できるようにサポートを行ってきました。その中で、大きく混乱する IT 市場の最前線に接し、破壊的とも言える企業の IT 部門への影響を目の当たりにできたのは、私にとってたいへん貴重な経験でした。 今年の初めに、私はクラウドとの関係を次の段階に進めることを決意しました。これまでのように、ただ単にクラウド プラットフォームの最適な活用方法をアドバイスするのではなく、変化のためにさらに積極的な役割を果たせるようになりたいと考えるようになりました。そういうわけで、私はマイクロソフトの Cloud + Enterprise エンジニアリング チームに加わることにしたのです。 チーフ ストラテジストとなった私の仕事は、お客様の既存のオンプレミス資産と新しいクラウドのメリットをどのように組み合わせれば最適かを提案することでした。また、お客様のニーズを的確に理解し、マイクロソフトの製品、サービス、戦略的構想によって適切な対応をとれるようにすることも私の責任です。 私がなぜマイクロソフトを選んだのか。興味を持たれる方もいらっしゃるかと思います。この記事では、このマイクロソフトへの転身が私にとって、そしてお客様にとって最も素晴らしい選択であった理由についてご説明したいと思います。 この 10 年間は、クラウド プラットフォームとクラウド サービスにとって形成期といえる時期でした。形成期の特徴は、新興企業や企業の部署、DevOps (英語) チームが率先して導入を進めるところです。新技術の多くも形成期に同様のプロセスをたどりますが、これらの技術が成功してきたのは、ユーザーによる多大な負担があったからこそです。ユーザーはクラウドからさまざまな新しい価値を得られることを知り、その成果を得るために積極的に取り組み、まだ未熟な状態の最新技術の利用に耐えたのです。 その一方、より高度なエンタープライズ クラスのソリューションや堅牢で実績のある製品を求める企業は、この新技術の重要性を軽視しました。社内での利用を拒否し、独自の代替策 (英語) を追及したのです (私は 2008 年にこの代替策を表現する言葉として、クラウドのように見せかけるという意味の「クラウドウォッシング」という造語を作りました)。しかし、デジタルの混迷期に入ると、新たな評価の視点が生まれました (英語)。これは、従来の製品やソリューションでは到底太刀打ちできないものでした。たとえ新たなテクノロジに従来製品を適応させ、組み込むことができたとしても、その新たなテクノロジにはさらに次々と新しい価値が付加されていきます。企業のニーズに合わせて成熟していくスピードには対抗できません。昨年、クラウド コンピューティング市場はこの段階へと足を踏み入れたのです。 Forrester 時代の同僚である JP Garbani…

0

Visual Studio Code と Azure App Service の連携で実現できること

このポストは、5 月 11 日に投稿された Visual Studio Code and Azure App Service – a perfect fit の翻訳です。 先日の Visual Studio Code (英語) の発表を聞いて、即座に、Azure App Service (英語) にデプロイしたプロジェクトと連携させることができないかと考えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。私もその中の 1 人で、//build2015 (英語) でのセッションを終えてからサンフランシスコに戻るまでの間に (同僚の David Ebbo の協力を得て)、そのたたき台を作ることに成功しました。これで、Visual Studio Code を使用して Azure App Service で実行される Node.js アプリを開発し、git push を実行して Azure クラウドに発行することができます。 以下に説明する手順を実行することで、次のような成果物を作成できます。 Azure App Service の Web アプリを Node.js…

0

Application Insights SDK for Java の概要

このポストは、3 月 9 日に投稿された Introducing the Application Insights SDK for Java の翻訳です。 Java Web アプリケーションを公開する場合、ユーザーがそのアプリケーションをどのように使用しているか、アプリケーションがどのように動作しているかを明確に把握する必要があります。将来を見据えて最も効果的な計画を立てるためには、ユーザーがどのような機能を気に入っているのか、どのようなパターンで利用しているのか、またどのようなことで困難さを感じているのかなど、ユーザーの利用状況を十分に理解することが欠かせません。また、応答速度や高負荷時のパフォーマンスの変化など、アプリケーションのパフォーマンスが十分に保たれているかどうかも把握する必要があります。さらに、パフォーマンスの低下や例外の発生時にすぐさま通知が届くように設定したり、問題を診断する際に高度なフィルターや検索機能を使用してイベント トレースを調査したりできると便利です。 Visual Studio Application Insights を使用すれば、強力な利用状況分析、パフォーマンス監視、診断分析によって、そうしたアプリケーションに関するあらゆる情報を把握できます。Application Insights を使用するには、アプリケーションに SDK を追加します。Application Insights の Web ポータルに利用統計情報が送信され、メトリックやイベントを詳細に分析したり、必要なアラートを構成したりできるようになります。 利用統計情報は、サーバーや Web ページ、Windows Phone や Windows ストア アプリといったさまざまなクライアント アプリケーションから送信できます。使用する API は各プラットフォームで共通です。また、定期的に Web サイトに ping を送信する Web テスト サービスもあり、サイトが稼働していることや良好に応答していることを確認できます。 マイクロソフトは、先日開催された EclipseCon (英語) で Application Insights SDK for…

1

最新の Azure SQL Database Update (V12) 用移行クックブックの提供を開始

このポストは、1 月 26 日に投稿された Migration cookbook now available for the latest Azure SQL Database Update (V12) の翻訳です。 マイクロソフトはこのたび、最新の Azure SQL Database Update (V12) 用移行クックブックの提供開始を発表しました。このクックブックでは、オンプレミスの SQL Server データベースを最新の Azure SQL Database Update (V12) に移行するためのさまざまな方法について説明しています。移行クックブックはこちら (英語) からダウンロードできます。 この最新の Azure SQL Database Update (V12) では、SQL Server エンジンに関するほぼ完全な互換性と Premium レベルでのさらなるパフォーマンス向上を実現しており、次世代の SQL Database サービスを提供するうえでの第一歩となります。T-SQL に関して SQL Server 2014 との互換性が向上しているため、SQL Server…

0

Azure SQL Database のクライアント ツールを更新

このポストは、12 月 22 日に投稿された Client tooling updates for Azure SQL Database の翻訳です。 マイクロソフトはこのたび、最新バージョンの Azure SQL Database プレビューの提供と合わせて、プライマリのクライアント ベース ツールのサポートを強化することを発表しました。これにより、最新の SQL Database Update V12 (プレビュー版) を含む Azure SQL Database で、SQL Server 2014 Management Studio (SSMS) のサポートが拡張されます。今回、テーブル デザイナーのサポートなどのデータベース オブジェクトのフル ナビゲーションの実現から、インポート/エクスポート機能の実装まで、プラットフォーム活用の範囲拡大に向け製品全体の改良が行われました。この機能が SSMS へ導入されることにより、お好みの環境でもっと簡単で便利に、クラウド機能を活用できるようになります。 こちらの記事 (英語) に SSMS の詳細とダウンロード用リンクを掲載しています。 さらに、プレビュー版では SQL Server データベースのツールが Visual Studio に統合されます。SSMS の更新と同様に、このリリースでは Azure SQL…

0

サンプル Azure SQL Database の作成と Visual Studio でのスキーマの作成がより簡単に

このポストは、12 月 5 日に投稿された Now easier to create a sample Azure SQL Database and develop schema in Visual Studio の翻訳です。 先日、Azure 管理ポータル プレビューでのデータベース作成ワークフローが拡張され、サンプルからの作成とバックアップからの作成という 2 つの新しいシナリオがサポートされるようになりました。提供されるサンプル データベースは、広く使用されている AdventureWorks データベースの簡易版を採用し、架空の自転車メーカーの受注処理に対応しています。このサンプルからデータベースを作成することで、実際のスキーマおよびデータを含む Azure SQL Database をすばやく簡単に試すことができます。また、Basic、Standard、Premium レベルのデータベースの最新の日次バックアップからデータベースを作成することもできます。これらの新しい方法でデータベースを作成してみるには、管理ポータル プレビューにアクセスして [+ NEW]、[SQL Database] の順にクリックし、空のデータベースか、サンプルまたはバックアップをソースとするデータベースのいずれかを選択します。 ソースとして [Backup] を選択した場合、すべての利用可能な日次バックアップからデータベースを作成できます。このワークフローを使用してバックアップからデータベースを作成すると、新しいデータベースは任意のリージョンに作成できます。日次バックアップなので、最も古くて 24 時間前に作成されたものとなります。定期的な日次バックアップが実行される前に削除した、短時間しか存在していなかったデータベースは含まれません。データベースを削除してから同じ名前で再度作成した場合、削除したデータベースのバックアップは新しいデータベースのバックアップによって上書きされます。特定の時点 (最大 5 分前) にデータベースのコピーを復元するには、Database ブレードからデータベースを開いて復元します。削除したデータベースを削除した時点に復元するには、[BROWSE] を使用して [SQL servers] からサーバーを検索し、Server ブレードを開いて [Deleted Databases]…

0

Visual Studio を使用した HDInsight/Hadoop と統合されたアプリケーションの構築

このポストは、12 月 2 日に投稿された “How To”: Using Visual Studio to build Applications That Integrate with HDInsight/Hadoop の翻訳です。 Visual Studio で開発したカスタム アプリケーションにおけるビッグ データ処理を効率化するために、最新の Azure SDK では、Visual Studio からより便利な HDInsight のツールを使用できるようにしました。これにより、使い慣れた強力なツールを使用して Hadoop クラスター、テーブル、関連付けられたストレージを視覚的に表示できるようになりました。このため開発者の皆様は、Visual Studio からクラスターに対して直接 HDInsight のアドホック Hive クエリを作成して送信したり、他の Visual Studio プロジェクトと同様に管理される Hive アプリケーションを開発したりすることができます。 ぜひすぐに VS 2013|VS 2012|VS 2015 プレビューの Azure SDK をダウンロードしてご利用ください。 サーバー エクスプローラーに HDInsight オブジェクトを統合すると、Azure の他のクラウド…

0

Azure VM 用 Visual Studio Release Manager の紹介

このポストは、11 月 18 日に投稿された Visual Studio Release Management for Azure VMs の翻訳です。 Visual Studio Release Manager は、数段階に分けられたデプロイメントの自動化や、リリース プロセスの管理を行う優れたソリューションです。先日の TechEd では、Azure VM の拡張モデルを使用した、Visual Studio Release Manager Extension (英語) (翻訳: SATO NAOKI ブログ: Azure: 新しいMarketplace、ネットワークの改善、新しいBatchサービス、Automationサービスなど) と Azure Ibiza ポータルの統合が発表されました。Release Management (RM) を既にご利用いただいている場合は、この拡張機能を使用してブートストラップ処理を簡略化することができます。RM とライセンス情報の概要については、こちらのページをご覧ください。 次にリリース プロセスの概略図を示します。 リリース管理プロセスに Azure Virtual Machines (VM) を導入する場合、各 VM 上で PowerShell DSC と Windows…

0

Azure SDK 2.5 for .NET および Visual Studio 2015 プレビューを発表

このポストは、11 月 12 日に投稿された Announcing Azure SDK 2.5 for .NET and Visual Studio 2015 Preview の翻訳です。 今回、マイクロソフトは Visual Studio 2012、2013、および 2015 プレビュー用の Azure SDK 2.5 のリリースを発表しました。また同時に、Azure の機能をさらに拡張する Visual Studio 2015 プレビューのリリースも発表しました。この記事では、これらのリリースの機能、およびこれによって可能となるシナリオについて説明します。 Azure SDK 2.5 for .NET (こちらからダウンロード可能: VS 2013 用 | VS 2012 用 | VS 2015 プレビュー用) Cloud Services および Virtual Machines で診断機能を強化: 診断機能に…

0