モバイル用オフライン同期管理 SDK の一般提供開始を発表

このポストは、12 月 18 日に投稿された Announcing General Availability of Mobile Offline Sync Managed SDK の翻訳です。 最新のモバイル アプリを開発する際には、エンド ユーザーが必ずしもネットワークにアクセスできるわけではないという実態を考慮する必要があります。ネットワークにアクセスできない状況は、一時的なネットワーク障害の場合もあれば、モバイル アプリをよく使用する場所が接続の悪い遠隔エリアであるという場合もあります。また、モバイル デバイスのデータ プランは非常に高額になることもあり、ユーザーにはネットワーク通信量の少ないアプリが好まれます。しかし、オフライン時に適切な同期処理を実行するのは難しく、アプリの多くはオフラインでの使用に対応していません。 Azure Mobile Services では iOS、Android、Windows のアプリでネイティブな同期処理エクスペリエンスを簡単に使用することができます。この機能は JavaScript と .NET の両方のバックエンドで利用可能で、Windows Universal (英語)、iOS (英語)、Xamarin iOS、Xamarin Android、Android の各クライアントをサポートしています。 マイクロソフトはこのたび、Windows 用および Xamarin 用のオフライン管理クライアント SDK (英語) の一般提供開始を発表しました。なお、iOS 用と Android 用の SDK は近日中に一般提供の開始を予定しています。 オフライン同期には、次のような多くのメリットがあります。 サーバーのデータをデバイスにキャッシュすることで、アプリの応答性が向上 ネットワーク問題が発生しても使用できる、堅牢なアプリを作成可能 接続が悪いまたは接続できないなど、ネットワークにアクセス不可能な状況でもデータの作成や変更を実行可能 複数のデバイスの間で同期を実行し、2 つのデバイスで同一のレコードが変更された場合に競合を検出 データ プランに上限があるユーザーのネットワーク使用を制限…