Build で発表された Azure の最新機能と技術革新をご紹介

このポストは、4 月 29 日に投稿された Azure peaks in the valley: New features and innovation の翻訳です。 Azure のあらゆる技術革新の中心にあるのは、開発者や独立系ソフトウェア ベンダーの要望に応えるというマイクロソフトの情熱です。本日の //build で発表した Azure サービスの新たな更新により、あらゆるタイプの開発者がさまざまなデバイスやプラットフォームに対応したクラウド アプリやクラウド サービスを柔軟に構築できるようになります。マイクロソフトは今回の更新によって、企業がデータから最大限の価値を引き出すことを可能にする予測分析およびインテリジェント アプリケーション向けの最も完全なプラットフォームを提供できるようになりました。 SQL Database の機能強化 今朝 Scott がステージ上でご紹介したとおり、SQL Database に対してさまざまな更新と機能強化を行いました。SaaS (サービスとしてのソフトウェア) アプリケーションの開発者は、SQL Database によって爆発的成長と収益性の高いビジネス モデルに同時に対応することができます。データベースのリソース消費量が予測できないワークロード向けには、プールしたリソースを複数のデータベースで利用できる柔軟なデータベース モデルのプレビュー版を導入します。ピーク時の需要に対応できるよう過剰にプロビジョニングするのではなく、柔軟なデータベース プールを利用して、予算の範囲内で数百または数千単位のデータベースでリソースを活用することができます。また、複数のデータベース全体のコストとパフォーマンスを制御できる購入モデルにより、コスト効率を高めることができます。SQL Database を使用して数多くのデータベースを管理する方法の詳細については、こちらを参照してください。 また、SQL Server の機能との互換性がほぼ完全になったことで、高負荷のワークロードの実行が可能になり、堅牢かつミッションクリティカルなクラウド アプリケーションを構築したり、既存のオンプレミス SQL Server のデータベースを Azure SQL Database に移行するためのプログラム可能な領域が提供されます。本日より、Azure SQL Database 用…


SQL Server のデータを Azure Search と同期する方法

このポストは、11 月 10 日に投稿された How to Sync SQL Server Data with Azure Search の翻訳です。 SQL Server データベース内に存在するデータを Azure Search に拡張する方法について、ユーザーの皆様からご質問を数多くいただいています。このことから、フルテキストを利用したサービスをオンプレミスの SQL Server データベースからクラウドに移行することや、Azure Search の高度な検索機能を利用することをお望みのお客様が多数いらっしゃるのだと考えられます。 データの変更をほぼリアルタイムに検索エンジンに反映させることが必要なケースは珍しくありませんが、変更された行の追跡は適切に行わないと演算処理の負荷が高くなることがあるため、これは簡単なことではありません。この記事では、SQL Server に組み込まれている変更の追跡機能を使用して、データの変更を効率的に SQL Server から Azure Search に同期する方法について説明します。変更の追跡は SQL Server の内部機能で、ユーザー テーブルに対する変更 (Insert、Update、Delete) を追跡します。また、データベースのパフォーマンスへの影響を非常に小さく抑えながら、変更の追跡や検出を効率よく実行できます。 以降では、筆者が Codeplex (英語) で公開しているサンプルを使用しながら説明を進めます。   要件 今回のチュートリアルでは、下記のそれぞれが利用可能であることが前提条件となっています。 SQL Server 2008 またはそれ以降 注: 既定のデータベース構成および SQL Server…


Azure SQL Database に画期的なビジネス継続性と災害復旧管理を導入

このポストは、11 月 10 日に投稿された Azure SQL Database introduces breakthrough business continuity and Disaster Recovery administration の翻訳です。 先日、Azure SQL Database のビジネス継続性機能に画期的な視覚化エクスペリエンスが導入されました。地理レプリケーションのセットアップと管理が、これまで以上に簡単かつ直観的に行えるようになります。Azure 管理ポータル プレビューを使用することで、標準地理レプリケーションおよびアクティブ地理レプリケーションをインタラクティブなマップ コントロール上で直接構成、管理できます。また、このマップ コントロールでは、レプリケーションの状態に関するフィードバックがリアルタイムで提供されます。操作は非常に簡単です。マップ上をクリックするだけで、プライマリ データベースを地域的な災害から保護するために、あるいは読み取りワークロードの負荷分散を行うために、地理レプリケーションがサポートされたセカンダリ拠点を作成できるようになりました。さらに、この画期的なエクスペリエンスにより、IT 部門やアプリケーション開発者による管理の負荷がほとんどなくなります。 Premium および Standard レベルのデータベースのブレードには、[Geo-replication] のセクションがありますが、ここでは、インタラクティブなマップを表示して、セカンダリ拠点の場所を簡単に選択することができます。Standard レベルのデータベースの場合は、推奨された場所にセカンダリ拠点を 1 つのみ作成できます。Premium レベルのデータベースの場合は、マップ上の任意のリージョンに最大 4 つのセカンダリ拠点を作成できます。 選択したリージョンに論理サーバーが存在しない場合は、UI を使用して新しい論理サーバーを簡単に作成することができます。次の例では、3 つの異なる地域に 3 つのセカンダリ拠点を構成し、地理レプリケーションの中継状態を表示しています。アクティブ地理レプリケーションの場合、すべてのセカンダリ拠点が読み取り可能であるため、災害対策以外に、アプリケーションでローカルの読み取り専用トラフィックの負荷分散を行うこともできます。 次の動画では、地理レプリケーションのオプションを選択し、データベース用に構成し、災害時にフェールオーバーを行う一連のワークフローを紹介しています。 現在、アクティブ地理レプリケーションおよび標準地理レプリケーションの両方の機能の一般提供が開始されています。ぜひこのポータルをお試しいただき、ご意見をお聞かせください。これらの機能の詳細については、以前のブログ記事でご紹介しています。7 月 12 日のアクティブ地理レプリケーションと、9 月 3 日の標準地理レプリケーションの記事をご覧ください。


SQL Server との互換性が向上した Azure SQL Database のプレビュー版を近日公開

このポストは、11 月 5 日に投稿された Preview for greater SQL Server compatibility coming soon to Azure SQL Database の翻訳です。 今回、PASS Summit (英語) の年次会議において、年内に公開予定の新しいプレビュー版の Azure SQL Database が発表されました。これにより、サービスとしてのデータベース (DaaS) の主要なマイルストーンがまた一つ達成されることになります。このプレビューにより、マイクロソフトは業界最先端のインメモリ テクノロジをクラウドに導入する取り組みを続けると共に、SQL Server データベース アプリケーションのクラウド移行をさらに容易にする新機能を提供いたします。 このプレビューでは、広く普及している T-SQL 関数の提供に重点が置かれ、より大規模なデータベース ワークロードで作業を行ったり、監視およびトラブルシューティングを改善したり、主要なプログラミング可能な関数のサポートによってさらに堅牢なアプリケーションに対応したりすることができます。また同時に、Columnstore インデックス クエリのサポートにより、データ マート形式の分析のパフォーマンスを向上させることができます。 詳細なドキュメントや機能強化の詳細についてはプレビューの提供開始時に公開されますが、主な変更点は以下のとおりです。 大規模なデータベースの管理の容易化: 並列クエリ (Premium レベルのみ)、テーブル分割、オンラインでのインデックス作成、2 GB のサイズ制限廃止による自由な大規模インデックスの再構築、データベース コマンドの変更によって、より大規模なワークロードに対応します。 主要なプログラミング可能な関数のサポート: CLR、T-SQL Windows 関数、XML インデックス、変更追跡によって、さらに堅牢なアプリケーション設計を実現します。 画期的なパフォーマンスの実現: インメモリの Columnstore クエリ…


Azure SQL Database で Elastic Scale のプレビューをリリース

このポストは、10 月 2 日に投稿された Introducing Elastic Scale preview for Azure SQL Database の翻訳です。 マイクロソフトは、Azure SQL Database 用 Elastic Scale のパブリック プレビューを発表しました。新機能の Elastic Scale は、開発および管理を合理化することでクラウド アプリケーションのデータ層のスケールアウト (およびスケールイン) 処理を容易にするものです。Elastic Scale では、業界標準のシャーディングを使用して、数個程度から数千以上のデータベースにまたがるアプリケーションの構築や保守に役立つ機能を提供します。 この機能ではホスト可能な Azure サービスのテンプレートや .NET クライアント ライブラリを提供しているため、お客様のアプリケーション独自のニーズに合った柔軟な開発が可能です。また、お客様の取り組みにより、アプリケーション独自のニーズに合わせた柔軟な開発が可能なため、柔軟なスケーリングをサポートする場合にはこのクライアント側アプリケーションの API は理想的な機能です。 マイクロソフトでは、お客様が Elastic Scale によるシャーディングを利用するシナリオとして、主に下記のようなものを想定しています。 大容量の OLTP: 数個から数千またはそれ以上のデータベース シャードを使用することで、単一のクラウド ベースの OLTP アプリケーションで大量のデータを処理し、ハイエンドのトランザクション処理のニーズをサポートします。 マルチテナントの SaaS: データベースのスケーリングにより、マルチテナントのクラウド アプリケーションをサポートします。この環境では、それぞれの顧客を高度に隔離された各自のデータベースに割り当てたり、負荷分散や場所に基づいて複数のテナントがデータベースを共有したりすることができます。また、オプションとして、各顧客のスループットに対するニーズに合わせて、各データベースのスケールを拡大縮小することができます。 継続的なデータ収集: テレメトリで Internet…


Azure SQL Database のポイントインタイム リストア

このポストは、10 月 1 日に投稿された Azure SQL Database Point in Time Restore の翻訳です。 ビジネス継続性に関するシリーズの最終回となる今回は、「ポイントインタイム リストア」について説明します。これはセルフサービス型の復元機能で、Basic、Standard、Premium の各レベルのデータベースで使用できます。前回の記事では、ポイントインタイム リストアを含む Azure SQL Database のビジネス継続性モデルについて説明しました。下記の表は、このモデルをまとめたものです。このモデルにおいてポイントインタイム リストアは、不意のデータ破損やデータ削除が発生した場合、それ以降の直近のバックアップからデータベースを復元することを目的として設計されています。 BCDR オプション Basic レベル Standard レベル Premium レベル ポイントインタイム リストア 7 日間以内の任意の復元ポイント 14 日間以内の任意の復元ポイント 35 日間以内の任意の復元ポイント 地理リストア (Geo-Restore) RTO < 24 時間 RPO < 24 時間 RTO < 24 時間 RPO < 24 時間…

1

Azure SQL Database に新たなほぼリアルタイムのパフォーマンス メトリックを追加

このポストは、9 月 11 日に投稿された Azure SQL Database introduces new near real-time performance metrics の翻訳です。 最近、Azure SQL Database サービス レベル (Basic、Standard、Premium) が新しくなり、また新たなパフォーマンス レベルが導入されました。これに関連して、自社のデータベースのニーズに最適なサービス レベルを評価、決定する方法について、お客様から多くのご質問をいただいています。このような判断を合理化するため、Azure SQL Database に新たに動的な管理ビュー (DMV – sys.dm_db_resource_stats) を導入しました。このビューでは、リソース使用状況のデータをきめ細かくリアルタイムに確認できます。この新しい DMV の詳細と使用方法については、こちらの MSDN のドキュメント (英語) をご覧ください。この記事では、DMV で得られる情報を使用してお客様のデータベースのワークロードに適したパフォーマンス レベルをお選びいただくための、簡単な手順とガイドラインについて説明します。 適切なサービス レベルおよびパフォーマンス レベルの決定 1. お客様のアプリケーションやビジネスの要件で最低限必要となる機能を満たすサービス レベルを決定します。たとえば、バックアップの保持期間やデータベース全体のサイズなどのビジネス要件が判断基準となります (詳細についてはサービス レベル発表時のブログ記事を参照)。 2. 選択したサービス レベルの中で、まず最下位のパフォーマンス レベルでデータベースを作成します。たとえば、Standard サービス レベルを選択した場合、最初はパフォーマンス レベル S0 で作成します。…


Azure SQL Database に新機能を導入

このポストは、7 月 31 日に投稿した Azure SQL Database adds new features の翻訳です。 4 月に、Microsoft Azure SQL Database の新しい Basic、Standard、Premium のサービス レベルについてご紹介しました。この新しいサービス レベルでは、予測可能なパフォーマンス、データベース サイズの拡大、機能の拡充を通じて、クラウド向けに設計されたデータベースのワークロードを活用することにより、これまでよりも容易にイノベーションを促進していただけます。今回はこのサービス レベルのプレビュー版に、さらに機能が追加されます。 – 監査: 新しい監査機能では、ご利用のデータベースで発生するすべてのイベントを追跡、記録します。これにはデータに対する更新やクエリの実行などが含まれます。ダッシュボード ビューおよびレポートでは、データベース イベントをひとめで把握できます。監査機能を使用すると、コンプライアンス関連のアクティビティを合理化し、データベースで起こっていることに関する情報を把握して、傾向、不整合、異常を特定できます。これによりビジネスの可視性が強化され、また、ビジネスの懸念事項の発見やセキュリティ違反の感知にもつながります。監査イベントは監査ログに書き込まれます。監査ログはお客様が指定する Azure ストレージ アカウントに格納され、Azure Storage の料金が適用されます。監査機能を利用できるサービス レベルは Basic、Standard、Premium で、新しい Azure 管理ポータル (プレビュー) および標準 API からのみ提供されます。 – 標準の地理レプリケーション: 災害発生時に、非同期に複製されたセカンダリ データベースへと引き継ぎ可能な、マイクロソフトが管理する地理レプリケーション サービスを選択してご利用いただけます。Azure のリージョンは、少なくとも 500 マイル (約 800 km) 以上離れ、かつデータに対する主権を確保するために地政学的に同じ領域内にある地域どうしをあらかじめペアにしています。標準の地理レプリケーションは、現在の Azure…


Azure SQL Database の更新情報: 新しいサービス レベルへの容易なアップグレード、パフォーマンスの向上、Basic データベースで PITR (ポイントインタイム リストア) をサポート、すべてのサービス レベルで自動エクスポートをサポート

このポストは、7 月 8 日に投稿した Azure Update: SQL Database: Easy upgrade to new service tiers, performance improvements, PITR for Basic, and Automated Export for all service tiers の翻訳です。 Scott Guthrie は 4 月下旬に、SQL Database の新たなサービス レベルである Basic、Standard、Premium の新機能についてブログ (英語)  ( 翻訳: SATO NAOKI ブログ : Azure: SQL Databaseの99.95% SLA、500GB DBサイズ、パフォーマンス改善、セルフサービス復元、ビジネス継続性 )でご紹介しました。これらのサービス レベルは現在プレビュー版として利用可能で、データベース パフォーマンスの予測可能性を提供することに重点を置いて設計されました。これらの新しいサービス レベルでは、パフォーマンスの向上と豊富なビジネス継続性機能を提供し、皆様はこれらを活用することより、ご利用のアプリケーション、予算、ビジネスのニーズに合わせてデータベースの性能を調整できるようになります。新しいサービス レベルをお試しいただくには、Azure プレビュー ポータルでアカウントを登録する必要があります。…


Azure SQL データベースに新しいサービス レベルを導入

このポストは、4 月 24 日に投稿された Azure SQL Database introduces new service tiers の翻訳です。 新しいサービス レベルの登場によって、カスタマー エクスペリエンスを向上させ、さらに幅広いビジネス継続性のオプションをご利用いただけるようになります。 マイクロソフトは、柔軟性の向上というお客様のニーズにこれまで以上に対応するために、Microsoft Azure SQL データベースに、現在プレビュー版として提供されている Premium (プレミアム) レベルに加えて、Basic (基本) と Standard (標準) という新しいサービス レベルを追加しました。これらのサービス レベルを利用すると、Microsoft Azure を基盤としたデータベースのワークロードやアプリケーション パターンのニーズにより容易に対応できるようになります。また、Premium (プレミアム) サービスでは、今月上旬の Microsoft BUILD カンファレンスで発表された新機能を利用できるようになりましたので、ぜひそちらもお試しください。現在 (英語)、これら 3 つのサービス レベルのすべてでプレビュー版をご利用いただけます。 新しいサービス レベル Basic (基本)、Standard (標準)、Premium (プレミアム) の各サービス レベルは、低い負荷はもちろん、高い負荷のトランザクション アプリケーションにまで対応できる、優れたパフォーマンスが常に提供されるように設計されています。また、さまざまなビジネス継続性機能、99.95% という優れた稼働率を保証する SLA、最大 500 GB の大規模なデータベース…