SQL Server の AlwaysOn と ILB

このポストは、10 月 1 日に投稿された SQL Server AlwaysOn and ILB の翻訳です。 Azure が提供するインフラストラクチャ サービスの SQL Server AlwaysOn 可用性グループは、2013 年 8 月からサポートが開始されました (英語)。また、Azure サービスの内部負荷分散 (Internal Load Balancing: ILB) 機能は 2014 年 5 月にプレビューがリリースされ、7 月に一般提供が開始されました (英語)。今回、SQL Server AlwaysOn 可用性グループで ILB を実行できるようになり、この 2 つの機能を同時にご利用いただけるようになりました。可用性グループは、SQL Server で高可用性と災害復旧を実現するための最も重要なソリューションです。高可用性グループ リスナーを使用すると、構成内に存在するレプリカの数にかかわらず、クライアント アプリケーションがシームレスにプライマリ レプリカと接続できます。 リスナー (DNS) 名は負荷分散対象の IP アドレスにマッピングされ、Azure のロード バランサーが受信トラフィックをレプリカ群のプライマリ サーバーにのみ転送します。これまでは、この負荷分散対象の IP アドレスはインターネットから接続可能なパブリック…