モバイル用オフライン同期管理 SDK の一般提供開始を発表

このポストは、12 月 18 日に投稿された Announcing General Availability of Mobile Offline Sync Managed SDK の翻訳です。 最新のモバイル アプリを開発する際には、エンド ユーザーが必ずしもネットワークにアクセスできるわけではないという実態を考慮する必要があります。ネットワークにアクセスできない状況は、一時的なネットワーク障害の場合もあれば、モバイル アプリをよく使用する場所が接続の悪い遠隔エリアであるという場合もあります。また、モバイル デバイスのデータ プランは非常に高額になることもあり、ユーザーにはネットワーク通信量の少ないアプリが好まれます。しかし、オフライン時に適切な同期処理を実行するのは難しく、アプリの多くはオフラインでの使用に対応していません。 Azure Mobile Services では iOS、Android、Windows のアプリでネイティブな同期処理エクスペリエンスを簡単に使用することができます。この機能は JavaScript と .NET の両方のバックエンドで利用可能で、Windows Universal (英語)、iOS (英語)、Xamarin iOS、Xamarin Android、Android の各クライアントをサポートしています。 マイクロソフトはこのたび、Windows 用および Xamarin 用のオフライン管理クライアント SDK (英語) の一般提供開始を発表しました。なお、iOS 用と Android 用の SDK は近日中に一般提供の開始を予定しています。 オフライン同期には、次のような多くのメリットがあります。 サーバーのデータをデバイスにキャッシュすることで、アプリの応答性が向上 ネットワーク問題が発生しても使用できる、堅牢なアプリを作成可能 接続が悪いまたは接続できないなど、ネットワークにアクセス不可能な状況でもデータの作成や変更を実行可能 複数のデバイスの間で同期を実行し、2 つのデバイスで同一のレコードが変更された場合に競合を検出 データ プランに上限があるユーザーのネットワーク使用を制限…


Mobile Services iOS SDK のベータ版をリリース

このポストは、10 月 7 日に投稿された Mobile Services Beta iOS SDK Released の翻訳です。 マイクロソフトはこのたび、iOS 用オフライン SDK のベータ版をリリースしました。このバージョンでは新たに、.NET バックエンド モバイル サービスの利用時に Table ストレージにアクセスできるようになりました。 この機能をサポートするために、今回のオフライン SDK では、小規模ながらも重大な変更が行われました。この SDK は最終的にはメインの 2.0 SDK になる予定です。その際、お客様のクライアントのコードのアップグレードが必要となる可能性がありますのでご注意ください。 この重大な変更は、MSReadQueryBlock の型定義に適用されています。 従来の定義 typedef void (^MSReadQueryBlock)(NSArray *items,                                 NSInteger totalCount,                                 NSError *error); 新しい定義 typedef void (^MSReadQueryBlock)(MSQueryResult *result,                                  NSError *error); この型定義では新しいクラスの MSQueryResult を使用しています。これにはアイテムの合計数や継続リンクなど、結果とそのプロパティが含まれます (これは Table ストレージで使用されます)。 このため、readWithCompletion などでこのメソッドを呼び出す場合は、下記のような変更が必要になります。…


Mobile Services のオフライン同期

このポストは、7 月 30 日に投稿した Offline Sync for Mobile Services の翻訳です。 最新のモバイル アプリを開発する際には、エンド ユーザーが必ずしもネットワークにアクセスできるわけではないという実態を考慮する必要があります。ネットワークにアクセスできない状況は、一時的なネットワーク障害の場合もあれば、モバイル アプリをよく使用する場所が接続の悪い遠隔エリアであるという場合もあります。 こうした実態を考慮したアプリの開発を容易にするために、Azure Mobile Services SDK では、バックエンド データとデバイス上のローカル データベースを同期する機能をプレビュー版として提供しています。この機能は JavaScript と .NET の両方のバックエンドで利用可能で、Windows ストア、Windows Phone (英語)、iOS (英語)、Xamarin iOS (英語)、Xamarin Android (英語) という複数のクライアントをサポートしています (将来的には、Android および HTML クライアントのサポートも追加される予定です)。 先日には Windows ユニバーサル アプリのオフライン サポート (英語) が公開されたため、共通のコードベースを使用して、Windows ストアと Windows Phone の両方で動作するオフライン対応アプリを作成することができるようになりました。 アプリがオフライン モードになっている場合でも、ユーザーはデータを作成および修正することができ、データはローカル ストアに保存されます。アプリがオンライン状態に戻ると、ローカルで行った変更が Mobile Services バックエンドと同期されます。この機能では、同じレコードがクライアントとバックエンドの両方で変更された場合の競合の検出もサポートしています。…