サービスの監視と診断の重要性

このポストは、4 月 27 日に投稿された Service Monitoring and Diagnostics の翻訳です。 企業の多くは、業務にソフトウェアを利用しています。そしてこのソフトウェアこそが、業務の推進力となっています。企業の良し悪しは、そのシステムを形成するコードに左右されるといっても過言ではありません。それは銀行であっても、町の本屋であっても同じことです。システムがダウンしたり、パフォーマンスが低下すれば、損失はそのときだけでなく、顧客を失うなど先々にまで影響が及ぶことになります。顧客が Web サイトを利用しているときに問題が発生したら、企業はそのことを即座に把握し、他の大勢の顧客が気付く前に原因を特定して問題を修正する必要があります。 これは、単なる可用性だけの問題ではありません。確かに、サイトのダウンは非常に深刻な問題で、SLA では一般的に 99.999% の可用性 (英語) が要求されます。しかし、応答性も問題になります。Amazon では 1 秒間のパフォーマンス低下で 16 億ドルの損失が発生し、Google では 0.4 秒のパフォーマンス低下で 800 万回のクエリを損失するというある調査結果 (英語) が出ています。こうしたサイトでは、データセンターの冗長性確保、コンテンツ配信ネットワーク、非同期レンダリングといったあらゆる戦略を駆使して、高レベルの応答性維持に努めています。 メトリックを高レベルに維持するためには、常時計測することが必要になります。その鍵となるのがテレメトリです。テレメトリとはアプリのパフォーマンスに関するデータを収集したもので、分析ツールによってアプリの実行状況やユーザーによるアプリの利用方法がさまざまな種類の図表で示されます。これを利用することで、特定のインシデントを詳細に調査することが可能になります。また、アラートを設定すれば、アプリが大量の例外をスローした場合や実行速度が低下した場合、存在が確認できなくなった場合などにすぐに対処することもできます。 通常の CRUD (英語) アプリケーションの監視には、主に次の 2 種類のシナリオがあります。 可用性 稼働状況: 顧客がサービスにアクセスできない場合、企業はすぐに対処する必要があります。 信頼性: パイプラインの中でデータ損失がないかを確認します。 可用性は公開されている SLA に影響し、エンド ユーザーのエクスペリエンスに影響します。そして、「代金をちゃんと支払っているのにシステムがダウンした。支払った代金はどうなるのか?」、「システムがダウンしていてチケットが取れない」などのクレームにつながります。 パフォーマンス 応答性: ユーザーがサイトを使用 (検索、読み込み) できるようになるまでに要した時間を確認します。 レイテンシ: ユーザーの要求からデータの処理や格納 (作成、更新、削除) までのラウンド…


Azure Mobile Services の Node バックエンドでの Socket.IO の使用方法

このポストは、8 月 26 日に投稿した How to Use Socket.IO with Azure Mobile Service Node Backend の翻訳です。 Azure Mobile Services の .NET バックエンドでは、SignalR を使用してリアルタイムのコミュニケーションを行うことができます。ただし、これまでこのオプションは Node バックエンドのお客様にはご利用いただけませんでした。Azure Mobile Services の Node バックエンドの最新の更新プログラムにより、Mobile Services での Socket.IO (英語) の利用が簡単になりました。 インストール まず、次のように Mobile Services の Git リポジトリをローカルに複製します。 C:\> git clone <a href=”http://YOUR-SERVICE-NAME.scm.azure-mobile.net”>http://YOUR-SERVICE-NAME.scm.azure-mobile.net</a> 次に、カレント ディレクトリを service フォルダーに変更し、socket.io モジュールをインストールします。 cd nodetestapp\servicenpm install socket.io…


Windows Azure Web サイトの利用開始時に便利なリソース

このポストは、7 月 12 日に投稿された Resources to Get Started with Windows Azure Web Sites の翻訳です。 新機能の Windows Azure Web サイト (英語) を使用すると、Windows Azure での Web サイトのホスティングが簡単にすばやく実行できます。新しいサイトをアップロードして稼動させるまで 5 分もかかりません (英語)。WindowsAzure.com のDeveloper Center (英語) および Manage Center (英語) のページでは、Web サイト機能を初めて使用するときにあると便利なリソースを各種ご用意しています。 サイトの開発と展開 Web サイト機能の特長の 1 つに、アプリケーションの開発および展開に利用可能なツールが非常に充実しているということがあります。.NET (英語)、Node.js (英語)、および PHP (英語) のそれぞれの Developer Center にご用意しているチュートリアルで、すべてのオプションについての説明をご覧いただけます。 ギャラリーを使用した Web サイト作成 開発および展開を最も簡単に行う方法は、専門的かつ特別な作業を一切しないことです。Windows Azure…


SQL Server 用 Node.js ドライバーをリリース

このポストは、7 月 11 日に投稿された Get Started With the Node.js Driver for SQL Server の翻訳です。 この春に実施した Windows Azure のアップデートに含まれていなかったものの 1 つに、Microsoft Driver for Node.js for SQL Server (英語) という長い名前が付けられたドライバーがあります。このドライバーは、Windows Azure SQL データベースなどの SQL Server テクノロジとノード アプリケーションを接続するために利用するものです。 現在このドライバーは、プレビュー版がリリースされています。コードは GitHub のページ (英語) からダウンロード可能です。 SQL データベースでの作業 このドライバーの使い方はとても簡単で、標準の ODBC 接続文字列 (Windows Azure 管理ポータルのプレビュー版からすぐに入手可能) を 1 つ使用するだけで、クエリ メソッドで Transact-SQL ステートメントを発行できるようになります。以前と少し異なるのは、クエリから “ステートメント”…


Mac および Linux 向けのコマンド ライン ツールから Windows Azure を使用する方法

このポストは、7 月 4 日に投稿された Using Windows Azure With the Command Line Tools for Mac and Linux の翻訳です。 マイクロソフトでは Windows Azure Web サイトや新しい仮想マシン機能の導入に取り組んでいますが、先日、これらの新しいサービスをあらゆるオペレーティング システムのコマンド ラインから管理、展開することのできるオープン ソースのコマンド ライン ツールをリリースしました。利用できるオペレーティング システムには、これまでで初めてとなる Apple OS X や Linux が含まれています。 本稿では、このツールのインストール方法と基本的な使用方法について説明するとともに、詳細情報の入手方法や、ツールの機能向上へのご協力に関する情報についてご紹介します (このツールは、オープン ソースの Node.js コードであり、Apache 2.0 ライセンスに基づいて使用許諾され、github.com でホストされています。機能向上へのご協力をお願いいたします)。 作業の開始にあたって まず、クロスプラットフォーム対応のコマンド ライン ツールをダウンロードして、インストールします。ご利用のオペレーティング システムによって、いくつかのオプションがあります。 このツールは、Windows Azure Web サイトのさまざまな “開発” ページからダウンロードできます。私は通常、Node.js 開発ページ (英語)…


Windows Azure に新サービスと新たな強化機能を追加

このポストは、6 月 8 日に投稿された Now Available: New Services and Enhancements to Windows Azure の翻訳です。 いま、時代はオンプレミス運用とクラウド コンピューティングの利点を組み合わせたハイブリッド クラウドへと移りつつあります。このたび、仮想マシン、仮想ネットワーク、および Web サイトの各サービスが、Windows Azure の プレビュー 版で新たにご利用いただけるようになりました。また、SQL レポートは一般向けのリリースが提供されます。さらに、ローカル冗長ストレージ オプションが追加されお客様の選択肢が広がるなど、既存の Windows Azure サービスの強化機能が追加、公開されています。今回の更新で、お客様独自の方法でアプリケーションを開発し、クラウドで利用する際の自由度が広がります。 また、料金の改定および販売単位の変更により、全体的な価値の向上を図っています。ネットワーク、CDN、ストレージの各サービスの段階的料金設定、Windows Server および 非 Windows 仮想マシンの プレビュー 版の料金を変更したほか、ストレージおよび CDN のトランザクション料金を 90% 引き下げました。 以降では、これらの変更点について詳しく説明します。他に、これらの機能強化に関する技術的な詳細やその他有用な情報についてもご参照ください。 詳細は以下の通りです。 既存サービスの機能強化 SQL レポート: 一般向けリリースの SQL レポートでは、レポートをクラウドで公開したり、オンプレミス アプリケーションに直接埋め込んで、モバイル デバイスや PC のブラウザーからアクセスしたりできます。また、SLA による完全な保証が用意されています。詳細についてはこちらをご覧ください。 キャッシュ: キャッシュ…