Azure Linux VM のインフラストラクチャの監視と診断

このポストは、6 月 9 日に投稿された Azure Linux VM Infrastructure Monitoring and Diagnostics の翻訳です。 今日 Azure で Linux ワークロードを実行している Virtual Machines は膨大な数に及んでいます。昨年 9 月のブログ記事では、Azure で実行されている Windows VM を監視、診断するためのメトリックの設定、構成、確認方法についてご紹介しました。今回の記事では、Azure で実行されている Linux VM 向けにリリースされたばかりの新しい監視機能 (現在プレビュー版) について詳しくご説明します。 先日公開された監視エージェントでは、ユーザーが設定を有効にすると Azure 上の VM に対して監視と診断が有効になり、Azure VM 対応の Azure 拡張機能テクノロジを活用することができます。詳細については、「Azure VM 拡張機能とその機能」をご覧ください。Azure Linux VM の監視と診断を有効にするには、ポータルを使用して [Diagnostics] をオンにするか、Azure CLI、PowerShell、Azure SDK のいずれかを使用して、監視エージェントをインストールして有効にします。詳細およびドキュメントについては、「Linux 診断拡張機能を使用して Linux VM のパフォーマンスと診断データを監視する…

0

Azure Site Recovery のメール通知機能のご紹介

このポストは、3 月 12 日に投稿された Introducing Email notifications for Azure Site Recovery の翻訳です。 Azure Site Recovery の新機能であるメール通知を活用することで、保護された Virtual Machines のレプリケーションの正常性をより簡単に監視できるようになりました。これには、問題が発生した場合にメールが通知されるように、Azure Site Recovery コンテナーを設定します。この設定を行うことで、ネットワーク接続障害、帯域幅の低下、復旧用ストレージの障害といった Hyper-V レプリカのレプリケーションに関する問題が起きた場合にメールを受け取れるようになります。 Azure Site Recovery コンテナー上部のメニューに [EVENTS] タブが新たに追加され、ここに、保護された Virtual Machines によって生成されたすべてのレプリケーション イベントが表示されます。ドロップダウン フィルター オプションを選択すれば、レプリケーション イベントの履歴を把握することができます。 [EVENTS] タブの下部にある操作ウィンドウで [NOTIFICATIONS] を選択すると [Configure notifications] ダイアログが開き、メール通知を有効にすることができます。 Azure Site Recovery チームは引き続きこの機能の拡張に取り組んでおり、近日中には SAN アレイのレプリケーションや DR プロバイダーの接続などの問題もサポートする予定です。この機能をさらに改善するためのアイデアや、新たに追加して欲しいイベントがありましたら、Azure Site Recovery のフォーラム (英語)…

0

Azure Storage の監視、診断、トラブルシューティング

このポストは、9 月 25 日に投稿された Monitoring, Diagnosing and Troubleshooting Azure Storage の翻訳です。 最新のオンライン アプリケーションでは、従来のクライアント アプリケーションやサーバー アプリケーションと比べて、問題の診断やトラブルシューティングが難しくなっています。これには以下のような原因が考えられます。 PaaS や IaaS のインフラストラクチャ、オンプレミス、モバイル デバイス、またはこれらを組み合わせたものなど、コンポーネントで実行されるトポロジが複雑になっている いつ接続されるかわからないデバイスなど、パブリック ネットワークとプライベート ネットワークを横断するネットワーク トラフィックが存在する リレーショナル データベースなどのデータ格納方法の他に Microsoft Azure Storage の Table、BLOB、Queue、ファイルなどが追加され、ストレージ テクノロジが多様化している Azure Storage サービスは、このような問題への対処に役立つ高度な機能を備えています。たとえば、アプリケーションが使用している Storage サービスを監視して予期しない動作 (応答時間が通常よりも長いなど) を検出する機能、および詳細なログ記録機能といったものが含まれており、この 2 つの機能はいずれも Storage Client Library で開発されたクライアント アプリケーションと Storage サービスの両方で使用できます。監視機能とログ記録機能の両方から得られる情報は、問題の診断とトラブルシューティングを実施して、それを修正する適切な手順を決定するために役立てられます。Storage サービスの監視機能とログ記録機能は運用パフォーマンスに影響を与えないように設計されており、さらに Storage の使用量管理の際に保持ポリシーを定義することもできます。 オンライン サービスの正常性を管理する方法については、「Microsoft Azure Storage…

0

Azure Diagnostics の拡張機能による Microsoft Azure Virtual Machines の監視

このポストは、9 月 2 日に投稿した Microsoft Azure Virtual Machine Monitoring with WAD Extension の翻訳です。 Azure プレビュー ポータルのリリースと Azure 拡張機能モデルのサポートに伴い、新しい診断機能をご利用いただけるようになりました。これらの機能は簡単な手順でセットアップおよび構成できるため、Azure IaaS の Virtual Machines の監視を容易に強化できます。Azure IaaS の監視機能では、メトリックの追跡、ログ ファイルの分析、カスタム メトリックの定義、Virtual Machines で実行されている特定のアプリケーションやワークロードで生成されたログの記録などを実行できます。また、特定の条件と一致したときにアラームをトリガーする機能や診断データを提供する機能もあり、トラブルシューティングや根本原因の究明にも役立ちます。さらに、実行中のデプロイメントやリソースの使用状況、アプリケーションのパフォーマンス、運用状況、アプリケーションの診断データなども確認でき、問題発生時に迅速に対応を行ったり、アプリケーションを円滑に実行するために活用できます。 これから説明する下記のセットアップ手順のほとんどはポータルから実行できます。SDK の API や PowerShell を使用したセットアップおよび構成手順については、別途ご紹介する予定です。 注 1: この記事は Windows VM のみを対象としています。現時点では、この機能は Linux Azure VM では使用できませんが、近い将来サポートされる予定です。詳細については後日ご案内しますので、ご期待ください。 注 2: この機能は、現在プレビュー期間中の新しい Azure ポータルでのみ使用できます。古いポータルをご利用の方は、[Subscriptions] メニューから新しいポータルに切り替えてください (下図参照)。 1. VM 作成時に…

0