6 月 1 日以降の Application Insights の料金設定

このポストは、5 月 27 日に投稿された Application Insights Pricing Effective June 1 の翻訳です。 Microsoft BUILD カンファレンス (英語) の期間中に、Visual Studio Application Insights のパブリック プレビューの提供開始が発表されました。これについては、Merav Davidson のブログの中でも紹介されています。このパブリック プレビューでは、アプリケーションごとのデータ量に基づく新しいクラウド対応型の料金モデルが導入され、すべての開発チームが無料で利用できるお得なプランも用意されています。この料金の運用は 2015 年 6 月 1 日から開始され、パブリック プレビュー期間中は 50% の割引が適用されます。 Free レベルでは、データ量と保持期間に一部制限はあるものの、ほとんどの機能をご利用いいただけます。アプリケーションの成長に伴いデータ量が増加した場合や、データを長く保持してより高度な分析を行いたい場合は、Standard レベルまたは Premium レベルをご利用ください。この 2 つの料金レベルでは、データ ポイントの 1 か月あたりのクォータが多く、データ保持期間も長く、また Continuous Export 機能を使用することができます。料金はデータ量によって決定されます。Web アプリをお使いの場合、デプロイされているサーバーの数は料金に影響しません。使用していないリソースに対してペナルティを支払うことなく、動的にスケーリングを行うことができます。 Free、Standard、Premium の各レベルのほかに、Application Insights の各リソースでは無料の 30 日間 Premium 試用プランも利用可能です。このプランでは…


Application Insights のパブリック プレビューを発表

このポストは、4 月 29 日に投稿された Announcing Application Insights Public Preview の翻訳です。 先日の BUILD カンファレンス (英語) ではさまざまな発表がありました。Somasegar のブログや Brian Harry のブログ (英語) をご覧になった方はご存知かと思いますが、マイクロソフトは Visual Studio Application Insights のパブリック プレビューを発表しました。このソリューションでは、アプリケーション パフォーマンス管理と利用状況分析を組み合わせてさまざまなアプリケーションの分析を行います。 Application Insights は、アプリケーションのパフォーマンス、可用性、利用状況をあらゆる角度から包括的に把握できる開発者向けのソリューションです。トラブルシューティングや診断を迅速に実施できる直観的なビューと強力なツールにより、ユーザーのアクティビティと利用状況を分析し、分析結果に応じて将来の投資の優先順位を決定することができます。 Application Insights パブリック プレビューでは、アプリごとのテレメトリの分量によって決定されるクラウド対応型の料金モデルが採用され、すべての開発チームが無料で利用できる優れた機能も提供されます。この料金モデルは 2015 年 6 月から適用され、パブリック プレビュー期間中は 50% の割引が適用されます。   すべてのアプリで使用可能 Application Insight は幅広いプラットフォームをサポートしており、サポート対象は現在も拡大中です。 マイクロソフト製の iOS (英語) および Android (英語) SDK では、HockeyApp…


モバイル アプリの分析

このポストは、4 月 23 日に投稿された Analytics for Mobile Apps の翻訳です。 現在、Web 上では 300 万種類 (英語) を超えるモバイル アプリが公開されています。その中で自分のアプリに注目してもらうには、どうすればよいでしょうか? アプリの基盤となるアイデアが優れていることはもちろん重要ですが、それだけでは十分ではありません。 開発者はユーザーが体験していることをリアルタイムに把握して、ユーザーの好みにすばやく対応し、問題点を即座に修正する必要があります。 アプリを公開するのは簡単です。今では製品を段ボール箱に詰めて出荷する必要はなく、寝室でくつろぎながら、大企業と同じようにゲームや洗練されたツールを数百万本単位で販売することができます。また、ツイート ストームには大企業のマーケティング部門で行われる宣伝活動と同等の効果 (英語) が期待されます。しかし、たとえアプリのランキングで上位に入れたとしても、その順位を保つのは至難の業です。ユーザーに長い間愛用してもらえるアプリの作成は困難ですし、ユーザーもすぐに他のアプリに目移りしがちです。低価格、または無料でアプリを提供している場合、そのアプリを利用しているユーザーは、他のアプリを試すことにもあまり抵抗がありません。そのため、アプリのエクスペリエンスにユーザーが不満を抱いた場合、そのアプリの順位はあっという間に上位から下位へと転落 (英語) してしまいます。 成功の秘訣は、ユーザーが今まさに経験しているかもしれない不満な点に迅速に対応することです。かつてはソフトウェアを出荷してから、不満な点やご提案をユーザーの皆様に投書していただいていました。しかしそれは過去の話で、今では非常に迅速な対応が求められています。 ユーザーが不満に思う点は、主に次の 2 つです。 アプリがクラッシュする: アプリが強制終了したり、期待どおりに動作しない。 ユーザー エクスペリエンスの質が低い: 操作方法がわかりづらい、簡単な設定をするにも手順が複雑すぎる、操作ミスをしやすい。または、単純に機能が魅力的ではない。 ここで大切なのは、アプリの使い心地がどんなものなのか、ユーザーが不満を持つ前に把握することです。そして、分析を行う際に必ず注意しなければならないのが、周囲の友人からの聞き取りだけでこの作業を終わらせないようにすることです。 作成 アプリに小規模な SDK を含めると、クラッシュやユーザーの操作を監視することができます。ユーザー デバイスの監視データはすべて分析プラットフォームに送信され、そこでメトリックを表示したり、不具合を分析したりできます。また、アラートを設定して、無視できないレベルの問題が発生した場合に即座に把握することができます。 計測 使用状況はさまざまな方法で計測できます。まず、機能が使用された回数や、日単位または月単位でユーザーがアプリケーションを実行した回数といった単純な計測が可能です。さらに実用的なメトリックとしては、ゲームの勝利回数、作曲数、製品の購買数など、ユーザーが機能を使用して特定の成果を得た回数を測ることもできます。また、もっと細かく使用状況を把握したい場合には、大きな目標を達成するための個々の段階についてもデータを得ることができます。さらにキー操作の回数とタイミングを計測することで、ユーザーが 1 つのタスクを完了するのに時間がかかったり、何度もタップを必要とする厄介な操作がないかを確認することもできます。 標準的なメトリックのほとんどは、分析ツールで標準のアプリケーション フレームワークと連携すると、最小限のコードを追加するか、まったくコードを追加せずに収集できます。自社製アプリ独自のメトリックを取得するには、分析用 SDK を呼び出す数行のコードをアプリに挿入し、その SDK から操作回数やログ、メトリックなどを分析ポータルに送信します。 使用状況の追跡は、診断トレース機能と異なり設計時に各機能に追加するため、後から追加することはできません。このため、どのようにすればユーザーが短時間でゲームをクリアすることができるか、始めたゲームをクリアする割合を上げることができるかなど、新しいユーザー ストーリーを計画する際に、計測する項目を決定し、新しいコードがどのように計測結果に影響するかについて考慮する必要があります。 考察 将来導入を検討している機能の計画を作成する際には、下記の基本原則を守る必要があります。 計画作成にあたっては、ユーザーにとって何が大切であるかを推察するだけで済ませないこと、数週間から数か月の間変更することができない計画を作成しないことが重要です。まずは新機能を作成し、実際に実行されているアプリでどのようなことが起こるかを計測し、その結果から情報を取得します。対策をたてるためには、アプリは使用されたか、ユーザーは目標を達成できたか、アプリ ストアでのランキングは上昇したか、収益を上げることができたかなどのデータが非常に重要となります。それらの計測結果に応じて、その機能を廃止したり、ユーザー…


Azure App Service に Premium レベルを導入

このポストは、3 月 30 日に投稿された Premium Tier for Azure App Service の翻訳です。 先日、マイクロソフトは Azure App Service のリリースを発表しました。Azure App Service はクラウド サービスの一種であり、開発者はあらゆるプラットフォームやデバイス向けにインテリジェントな Web アプリやモバイル アプリを構築することができます。App Service は開発作業を合理化する統合ソリューションです。オンプレミスのシステムと SaaS システムを簡単に統合し、ビジネス プロセスを迅速に自動化することができます。 この Azure App Service に、今回新たに Premium レベルが導入されました。このサービス レベルでは、より強力なスケーリング、デプロイメント、サービスの機能が提供されます。この記事では、App Service の Premium レベルの特長について紹介します。 Premium レベルでは、開発者が作成するアプリで BizTalk Services を使用できるほか、1 コア 1 日あたり 5,000 回の API 呼び出しが可能な Premium コネクタ、EAI サービス、EDI…


Azure App Service 用メディア API を発表

このポストは、3 月 25 日に投稿された Announcing Media APIs for Azure App Service の翻訳です。 Bill Staples が執筆した Azure App Service の発表に関する記事をもうお読みになった方もいらっしゃると思いますが、その発表の直後に、新たにリリースされた Azure Media Services Connector が Azure App Service エコシステムに追加されたことが発表されました。Azure Media Services Connector を使用すると、デバイスの種類に合わせて動画を準備してホストするという面倒な作業をしなくても、動画やリッチ メディアをアプリやサービスに組み込むことができます。 Azure Media Services Connector とは Azure Media Services (AMS) は現在複数の大手 (および中小規模の) メディア企業で利用されています。オリンピックや FIFA World Cup などの大規模なイベントで配信を行った実績があり、Blinkbox などの有料 VOD サービスでも利用されています。また、Azure Media Services は、Office…


Azure App Service を発表

このポストは、3 月 24 日に投稿された Announcing Azure App Service の翻訳です。 モバイル ファースト、クラウド ファーストの世界で企業に求められているのは、顧客、パートナー、従業員が手元のデバイスを使用してどこからでもシームレスにデータにアクセスできるようにすることです。そして、開発者に求められているのは、複数のプラットフォームをサポートするアプリケーションを開発し、そのアプリケーションによってオンプレミスの情報システムやクラウドベースのサービスとの統合を実現したり、ビジネスやユーザーの成長に合わせたグローバルなオートスケールを実現できるようにすることです。そこで今回発表されたのが、Azure App Service という Azure の新しいサービスです。この記事では、アプリケーション プラットフォーム チームを代表して Azure App Service についてご紹介させていただきます。 App Service は、あらゆるプラットフォームとデバイスに対応する Web アプリやモバイル アプリの開発に使用できる新たなクラウド サービスです。統合型ソリューションである App Service は、開発作業を効率化し、オンプレミスや SaaS のシステムとの統合を容易にすると共に、ビジネス プロセスを瞬時に自動化する機能を提供します。 独自の統合サービス Azure App Service では、Azure Websites、Azure Mobile Services、Azure BizTalk Services の各機能をまとめて独自の統合サービスとして提供するほか、強力な新機能も追加されています。App Service は以下の種類のアプリをサポートします。 Web Apps: ビジネスに合わせて拡張可能なミッション クリティカルな Web アプリを構築する…


iOS 用オフライン同期 SDK の一般提供開始を発表

このポストは、3 月 10 日に投稿された Announcing General Availability of iOS Offline Sync SDK の翻訳です。 エレベーターに乗ったとたんにモバイル アプリの動作が止まって、うんざりした経験はありませんか? または、営業先の顧客のデータをすぐに確認しなければならないのに、電波が届かない場所にいて焦ってしまったことはありませんか? エンド ユーザーが本当に求めているのは、ネットワークが停止しているときでも動作してくれるアプリです。しかし、多くのアプリではデバイスがオフラインになると機能が制限されたり、まったく動作しなくなってしまいます。これは、同期機能を正確に実装することが困難であることが主な理由です。どの項目をデバイスでキャッシュする必要があるのか、どのようにすれば新しいデータを取得するタイミングをアプリで検知できるのか、ユーザーがオフライン中に更新したデータがローカルで既に編集されていた場合にどのような状態になるのかなど、さまざまなことを考慮する必要があるのです。 Mobile Services のオフライン同期機能ではこれらの問題を解決し、クロスプラットフォームのクライアント SDK によって、こうした複雑な状況にすべて対応できるようになっています。Mobile Services を使用すると、iOS、Android、Xamarin、Windows の各アプリでネイティブな同期エクスペリエンスを簡単に実装できます。 このたび、Mobile Services iOS 2.0 SDK (英語) の一般提供開始が発表され、新たな同期機能を iOS でネイティブに使用できるようになりました。オフライン同期機能は既に Windows、Xamarin iOS、Xamarin Android の各管理クライアント SDK で使用でき、また Android SDK はプレビュー版が使用可能です。Azure ポータルのクイックスタートも更新され、この機能をさらに簡単に使用できるようになっています。さらに、Windows、Xamarin iOS、Xamarin Android と併せて、iOS でも Objective-C のクイックスタートをオフラインで使用できるようになりました。 オフライン同期には、次のような多くのメリットがあります。 サーバーのデータをデバイスにキャッシュすることでアプリの応答性が向上 ネットワークで一時的な問題が発生した場合にも対応できる堅牢なアプリを構築可能 複数のデバイスの間で同期を実行し、2…


Azure Search の一般提供を開始

このポストは、3 月 5 日に投稿された Azure Search is now Generally Available の翻訳です。 マイクロソフトは、Azure Search の一般提供開始 (GA) を発表しました。Azure Search はサービスとしての検索 (Search as a Service) ソリューションであり、高度な検索エクスペリエンスを Web アプリケーションやモバイル アプリケーションに組み込むことができます。今回のリリースでは多数の新機能が導入されました。この記事ではその詳細についてご説明します。 Azure Search は既に多くのお客様に運用環境でご利用いただいていますが、その 1 社に XOMNI (英語) 社があります。同社はオムニチャネル向けプラットフォームを提供する SaaS 企業で、グローバルな家電メーカーや GameStop などのビデオゲーム販売会社といった大企業にサービスを提供しています。同社は Azure Search を自社のソリューションの一部として利用し、小売店が一般ユーザー向けのリッチな店舗エクスペリエンスや各種デバイス向けのモバイル エクスペリエンスを構築できるように支援しています。このたび XOMNI 社は、Azure Search を使用した第 3 世代の独自プラットフォームの一般提供を開始しました。 「当社では客足のピーク時に合わせてパフォーマンス要件を設定しています (たとえば、小売店の要件が Tier-1 の場合、クエリ速度は 60 回/秒、データ容量は 11…


Azure Mobile Engagement のパブリック プレビューの提供を開始

このポストは、2 月 18 日に投稿された Azure Mobile Engagement now in Public Preview の翻訳です。 去る 2014 年 5 月、マイクロソフトは分析に基づくモバイル プッシュ通知を提供する業界トップクラスの Capptain 社を買収しました。 この Capptain の機能が Azure Mobile Engagement として生まれ変わり、このたびパブリック プレビューとして提供が開始されました。 このプレビュー版はマイクロソフトが進めるクラウド ファースト、モバイル ファーストの取り組みの一貫として開発され、このソリューションによってアプリ発行者やマーケティング担当者があらゆるユーザーと直接やり取りし、マーケティングにおけるコミュニケーションを完結できるようになっています。 Azure Mobile Engagement は SaaS として提供されるデータ主導型のユーザー エンゲージメント プラットフォームであり、リアルタイムでの詳細なユーザーのセグメント化、アプリ ユーザーの分析、コンテキストを考慮したスマート プッシュ通知やアプリ内メッセージングといった機能を、接続されたすべてのデバイスで利用できます。 Azure Mobile Engagement を活用することで、アプリ発行者やマーケティング担当者は以下のような画期的なやり取りを実現できます。 分析をリアルタイムに実行してアプリの使用率を向上 Azure Mobile Engagement では、ビッグ データの収集とリアルタイムでの処理を組み合わせることで、アプリ ユーザーの行動と顧客層データに沿ったエンゲージメント シナリオが創出されます。これにより、特定のビジネス ニーズに関連するほぼすべての質問への答えを導き出すことができます。たとえば、カスタム ダッシュボードを作成して…