6 月 1 日以降の Application Insights の料金設定

このポストは、5 月 27 日に投稿された Application Insights Pricing Effective June 1 の翻訳です。 Microsoft BUILD カンファレンス (英語) の期間中に、Visual Studio Application Insights のパブリック プレビューの提供開始が発表されました。これについては、Merav Davidson のブログの中でも紹介されています。このパブリック プレビューでは、アプリケーションごとのデータ量に基づく新しいクラウド対応型の料金モデルが導入され、すべての開発チームが無料で利用できるお得なプランも用意されています。この料金の運用は 2015 年 6 月 1 日から開始され、パブリック プレビュー期間中は 50% の割引が適用されます。 Free レベルでは、データ量と保持期間に一部制限はあるものの、ほとんどの機能をご利用いいただけます。アプリケーションの成長に伴いデータ量が増加した場合や、データを長く保持してより高度な分析を行いたい場合は、Standard レベルまたは Premium レベルをご利用ください。この 2 つの料金レベルでは、データ ポイントの 1 か月あたりのクォータが多く、データ保持期間も長く、また Continuous Export 機能を使用することができます。料金はデータ量によって決定されます。Web アプリをお使いの場合、デプロイされているサーバーの数は料金に影響しません。使用していないリソースに対してペナルティを支払うことなく、動的にスケーリングを行うことができます。 Free、Standard、Premium の各レベルのほかに、Application Insights の各リソースでは無料の 30 日間 Premium 試用プランも利用可能です。このプランでは…


Azure プレビュー ポータルに Cloud Services のサポートを追加

このポストは、5 月 13 日に投稿された Azure preview portal support for Cloud Services の翻訳です。 数週間前になりますが、マイクロソフトは Azure プレビュー ポータルに Cloud Services のサポートを追加しました。Cloud Services のサポートは、皆様からのご要望が特に多かったものです。これにより、今後はプレビュー ポータル内で直接 Cloud Services の作成、参照、管理、モニタリングを行うことが可能になりました。 今回プレビュー ポータルに追加された機能の詳細については、以下の動画をご覧ください。Julio Casal Terreros と Marck Robinson と私が、RDP やVIP スワップの作成、証明書のローテーション、オートスケールとアラートの構成の方法について説明しています。 ご感想がございましたらぜひお寄せください。Cloud Services UX チーム (extcloudservices@microsoft.com) まで直接ご連絡いただければ幸いです。 ではまた! Nick Harris


Azure プレビュー ポータルの機能強化を発表 (4 月の更新)

このポストは、4 月 28 日に投稿された Azure Preview Portal Improvements (April update) の翻訳です。 Azure ユーザーの皆様に嬉しいお知らせです。 本日、Azure プレビュー ポータルの機能強化を発表しました。これらの機能強化は、前回と同じく皆様からの貴重なフィードバックをもとに実施しました。皆様のご協力にはいつも感謝しております。今後も引き続きたくさんのご意見をいただけますと幸いです。 この記事では今回の強化点について詳しく説明していきますが、お急ぎであれば以下の簡単な概要をご覧ください。 リソースの参照機能の向上 単一リストからすべてのリソースへアクセス ([All resources] ビューの追加) サブスクリプションによるリソースのフィルタリング 名前によるリソースのフィルタリング リソース リスト内の列のカスタマイズ リソース リストをスタートボードに固定して、すばやく簡単なアクセスが可能に 最近参照したリストの管理性の向上 ポータルの操作性の向上 新しいキーボード ショートカット エラー状態にあるタイルの回復 監視グラフのカスタマイズ [Essentials] パネルからテキストを簡単にコピー ヘルプやサポートへのすばやいアクセス カスタマイズ モードの簡素化 [Service Health] ダッシュボードの改良 (自分が利用しているサービスの情報を表示) [Cloud Services] をサポート   もしお時間に余裕があれば、この続きもお読みください。   参照機能の向上 参照は、複数のリソースからユーザーが探しているリソースを見つけるために使用するポータルの機能です。これは、ポータルで最も頻繁に使用されるエントリ ポイントの 1 つです。ユーザーが探しているリソースが見つけやすくなるように、この機能にいくつか改善を加えました。 単一リストからすべてのリソースへアクセス ([All…


Azure Site Recovery のメール通知機能のご紹介

このポストは、3 月 12 日に投稿された Introducing Email notifications for Azure Site Recovery の翻訳です。 Azure Site Recovery の新機能であるメール通知を活用することで、保護された Virtual Machines のレプリケーションの正常性をより簡単に監視できるようになりました。これには、問題が発生した場合にメールが通知されるように、Azure Site Recovery コンテナーを設定します。この設定を行うことで、ネットワーク接続障害、帯域幅の低下、復旧用ストレージの障害といった Hyper-V レプリカのレプリケーションに関する問題が起きた場合にメールを受け取れるようになります。 Azure Site Recovery コンテナー上部のメニューに [EVENTS] タブが新たに追加され、ここに、保護された Virtual Machines によって生成されたすべてのレプリケーション イベントが表示されます。ドロップダウン フィルター オプションを選択すれば、レプリケーション イベントの履歴を把握することができます。 [EVENTS] タブの下部にある操作ウィンドウで [NOTIFICATIONS] を選択すると [Configure notifications] ダイアログが開き、メール通知を有効にすることができます。 Azure Site Recovery チームは引き続きこの機能の拡張に取り組んでおり、近日中には SAN アレイのレプリケーションや DR プロバイダーの接続などの問題もサポートする予定です。この機能をさらに改善するためのアイデアや、新たに追加して欲しいイベントがありましたら、Azure Site Recovery のフォーラム (英語)…


Azure プレビュー ポータルの機能強化を発表 (2 月の更新)

このポストは、3 月 2 日に投稿された Announcing Azure Preview Portal Improvements (February Update) の翻訳です。 Azure ユーザーの皆さん、こんにちは! 本日、Azure プレビュー ポータルに新たな機能強化を行ったことを発表しました。先月もそうでしたが、これらの機能強化はすべて皆様からのフィードバックを基に行いました。皆様のご協力に心から感謝いたします。今後も引き続きたくさんのフィードバックをお待ちしています。 今回の強化点は以下のとおりです。この記事では、個々の強化点について詳しくご紹介していきたいと思います。 ポータルの操作性向上 キーボード ショートカット 新しい (シンプルになった) スタートアップ画面 すべてのブレードに最小化コマンドを追加 [Browse] メニューの改良 最大化されたブレードを上下のみにスクロール シンプルになった既定のスタートボード 新しい設定項目: アニメーションの無効化 グラフ内のカーソルを合わせた位置の x 軸の値を表示 より多くのリソースに Essentials パターンを実装 監査ログ Marketplace の機能強化 [New] ハブの更新 Marketplace のアイテムのソーシャル共有 [Pricing Tier] ブレードの改良 ブラウザーの操作性向上 ブラウザーの [戻る] ボタンのサポート (プレビュー) ブレード ヘッダーのテキスト選択 ここからは各強化点について詳しく説明します。ぜひ最後までお付き合いください。…

2

Microsoft Azure のネットワーク セキュリティに関するホワイトペーパーの第 3 版を公開

このポストは、3 月 2 日に投稿された Microsoft Azure Network Security Whitepaper version 3 is now available の翻訳です。 今回更新されたホワイトペーパーでは、お客様が Azure のネイティブなネットワーク セキュリティ機能を使用して情報資産を保護する方法について説明しています。 Microsoft Azure のネットワーク セキュリティに関するホワイトペーパー (第 3 版) の全文はこちらのリンクからダウンロードできます。今回の更新版では 2015 年 1 月時点で利用可能な機能について扱っています。主な内容は下記のとおりです。 お客様のインフラストラクチャをパブリック クラウドで論理的に分離することは、セキュリティを維持するうえでの原則となっています。このため、Azure では分散型の仮想ファイアウォールを使用しています。お客様は論理的に分離された複数のプライベート ネットワークを複数デプロイすることができます。下位レベルで分割されたこのようなネットワークは、通常、次の 2 種類のいずれかに該当します。 デプロイメント ネットワーク: それぞれのデプロイメントはネットワーク レベルで相互に分離されています。あるデプロイメントの中に存在する複数の VM は、プライベート IP アドレスを使用して相互に通信できます。 仮想ネットワーク: 仮想ネットワークは他の仮想ネットワークから分離されています。同一サブスクリプション内に存在する複数のデプロイメントは、同一の仮想ネットワークに配置することができます。この場合、各デプロイメントはプライベート IP アドレスを使用して相互に通信できます。   図 1: 仮想ネットワーク トポロジの例。Azure でホストされている分離された多層型…

1

Azure API Management の Premium レベル

このポストは、2 月 5 日に投稿された Azure API Management Premium の翻訳です。  昨年 9 月に一般提供が開始された Azure API Management は、SLA で 99.9% の可用性が保証され、さまざまな規模やタイプのお客様にとって非常に大きな力となっています。ある大企業では、膨大な数の内部 API のカタログを開発者ポータルを活用して作成し、企業内の俊敏性や共同作業を促進するためにご利用いただいています。また、小規模な ISV では API エコノミーの一部として、API Management 経由でのデータやサービスの販売にご活用いただいています。 提供開始以来、お客様からは、大規模な API プログラムに対応できる容量、キャッシュ容量やスループットの増大、対応リージョンの拡大、ミッション クリティカルな API プログラムに対する SLA の強化など、さまざまな機能拡充のご要望をいただいていました。今回、Azure API Management に新たに Premium レベルのサービスを導入し、上記のご要望を実現すると共に以下のようなさらなる強化を行いましたのでお知らせいたします。 API 呼び出しを 1 ユニットあたり 10 億回に拡大、スループットを Standard レベルの 5 倍に強化 キャッシュ容量が 5GB に増加 SLA で…


Azure プレビュー ポータルの機能強化を発表

このポストは、1 月 29 日に投稿された Announcing Azure Preview Portal Improvements の翻訳です。 Azure ユーザーの皆さん、こんにちは! 本日、Azure プレビュー ポータルの機能強化を発表しました。これらの機能強化はすべて皆様からのフィードバックを元に行われたものであり、皆様のご協力にたいへん感謝しています。今後も引き続きたくさんのフィードバックをお待ちしています。 今回行われた機能強化は以下のとおりです。この記事では、個々の強化点について詳しくご紹介していきたいと思います。 リソース ブレードの機能強化 (Websites と Virtual Machines のブレード) ブレードの上部に重要なプロパティを表示 設定、タグ、RBAC、クイックスタートなどの重要な機能へのアクセス性の向上 リソースの Settings の機能強化 より包括的な設定が可能に 検索機能が向上 ポータルの操作性向上 ブレードとタイル (“パーツ”) の最大化表示を改善 グリッドのすべての列のサイズ変更が可能に リソース参照時にサブスクリプション名を表示 個人用設定の改良 リソース ブレード (Websites、Virtual Machines など) のグループの名前変更、移動、削除、追加が可能に パーツ ギャラリーで、リソース ブレードの機能を強化するパーツを提供 ブラウザーの操作性向上 ブレードを新しいタブで開く ブレードを新しいウィンドウで開く ここからは各強化点について詳しく説明します。ぜひ最後までお付き合いください。 リソース ブレードの機能強化 リソース ブレードは、Websites、Virtual Machines…


IaaS VM 上の SQL Server であらゆるものを自動化

このポストは、1 月 29 日に投稿された Automated Everything with SQL Server on IaaS VMs の翻訳です。 このたび Azure ポータルで SQL Server Virtual Machines の自動バックアップと更新プログラムの自動適用のサポートを開始したことを発表しました。両機能とも新しい Azure VM 拡張機能である SQL Server IaaS Agent を基盤としており、SQL Server の高い性能と管理性、および Azure Virtual Machines の拡張機能が持つ俊敏性を兼ね備えています。これにより、ワンクリックでバックアップや更新プログラム適用の構成や管理を行うことができるようになります。 Azure にデプロイしている SQL Virtual Machines の自動バックアップを使用すると、SQL Server 2014 Enterprise での定期バックアップを構成できます。Azure ポータルで数回クリックするだけで、保有期間、バックアップ用の Storage アカウント、データベースのセキュリティ/暗号化ポリシーを管理できます。 自動バックアップに加えて、SQL Server VM の更新プログラムの自動適用も可能になりました。これにより、メンテナンスのスケジュールを Azure ポータルから直接定義することが可能になります。SQL Server…