Azure Site Recovery を使用した VMware 仮想マシンと物理サーバーの Azure への災害復旧機能のプレビュー版を発表

このポストは、3 月 26 日に投稿された Announcing the Preview of Disaster Recovery for VMware Virtual Machines and Physical Servers to Azure using ASR の翻訳です。 多くの Azure Site Recovery (ASR) ユーザーの皆様からのご要望にお応えして、マイクロソフトはこのたび、VMware 仮想マシンと物理サーバーを保護する Azure への災害復旧機能のプレビュー版を発表しました。この機能は、ASR の UserVoice (英語) にお寄せいただいていたご要望の中でも上位 4 つに入っていたものであることから、今回導入に至りました。Hyper-V と VMware の仮想マシンと物理サーバーを保護する機能を備えたこの新しい ASR は、ワークロード対応型の災害復旧を実現する統合ソリューションとしてお客様の異種混在の IT 環境をサポートします。 今回追加された機能は InMage Systems の買収 (英語) によって得られたテクノロジを活用して構築されたものであり、主に次のことが可能になります。 新機能 異種混在環境のワークロードをサポート: Windows および Linux…


Azure Log Collector で Virtual Machines のトラブルシューティングを簡略化

このポストは、3 月 9 日に投稿された Simplifying Virtual Machine Troubleshooting using Azure Log Collector の翻訳です。 Virtual Machines や Cloud Services のアプリケーションで何らかの問題が発生し、そのトラブルシューティングのために複数のロールや Virtual Machines のインスタンスからログを収集することが必要になった経験はありませんか? このとき、もし Virtual Machines に接続できなかったら、どのようにしてログを収集すればよいのでしょうか。 このような場合、Azure カスタマー サポート チームがリリースした Azure Log Collector 拡張機能を使用すると、リモートから Virtual Machines にログインしなくても Cloud Services インスタンスや Virtual Machines のログを収集し、アップロードすることができます。これらのログは自動的に Azure Storage にアップロードされるため、Azure サポート チームやトラブルシューティングの担当者と簡単に共有することができます。なお、VM 拡張機能についてあまり詳しくない方は、こちらの MSDN ドキュメント ページで詳細をご確認いただけます。 注: Log Collector…


Linux 上で動作する初の Azure ホストサービス

このポストは、2 月 18 日に投稿された The first Azure hosted service that runs on Linux の翻訳です。 マイクロソフトは「Strata + Hadoop World」カンファレンスにおいて、Linux 上で動作する Azure HDInsight のプレビュー版を発表 (英語) しました。 Azure ギャラリーでは既に 6 種類の Linux ディストリビューションをサポートしており、Azure にデプロイされた 5 台のお客様の Virtual Machines のうち 1 台は Linux を実行しています。今回の Linux 向け Azure HDInsight プレビューの提供開始により、Ubuntu Linux Virtual Machines で動作する Azure ホスト サービスのデプロイ、ホスト、管理が可能になりました。これにより今後 HDInsight では、Ubuntu 上で動作し…


TechEd Europe: Windows Docker クライアント デモで Azure の Linux コンテナーを紹介

このポストは、10 月 28 日に投稿された TechEd Europe: Windows Docker Client Demo Highlights Linux Containers on Azure の翻訳です。 先日、Docker (英語) との新たなコラボレーションについて Scott Guthrie による発表 (英語) (翻訳 SATO NOAKI : DockerとMicrosoft: DockerのWindows Server、Microsoft Azureとの統合) と Jason Zander による詳細な説明がありました。これは、コンテナー テクノロジを Windows Server でサポートし、Linux 上の Docker コンテナー用の Windows クライアントを開発することを目的とした重要なものです。先日の TechEd Europe (英語) では、Mark Russinovich 氏が Windows Docker クライアントのプロトタイプを使用して Ubuntu+Wordpress Docker…


OSPatching 拡張機能による Linux VM OS の更新の自動化

このポストは、10 月 23 日に投稿された Automate Linux VM OS Updates Using OSPatching Extension の翻訳です。 Azure VM の管理者は Linux 用 Azure VM OSPatching 拡張機能を使用して、カスタマイズされた構成を利用した VM OS の更新を自動化できます。 VM 拡張機能はこれまで利用したことがないという方は、こちらの記事でその背景をご確認ください。 前提条件 最新の Microsoft Azure Linux Agent (Version 2.0.6 以降) Azure PowerShell Azure PowerShell の代わりに、Azure クロスプラットフォーム コマンド ライン (以下「xPlat」) を使用することも可能です。 xPlat のリリースに関する情報については、こちらの記事 (英語) をご覧ください。xPlat パッケージのインストール方法や使用法については、「方法: Azure クロスプラットフォーム コマンド ライン…


Google と Docker の連携により Microsoft Azure で新しいオープン ソース プロジェクトをサポート

このポストは、7 月 10 日に投稿した Announcing Collaboration with Google and Docker to Support New Open Source Projects on Microsoft Azure の翻訳です。 先月こちらのブログ記事の中で、Azure 拡張テクノロジを利用して Azure Virtual Machines 上に Docker をデプロイし、Docker の高密度設計をすばやく簡単に活用できるようにする方法についてご紹介しました。今回は、お客様に対してよりオープンなコミュニティ主導型の選択肢を提供する試みの一環として、Google と Docker を連携させ、Microsoft Azure プラットフォーム上でオープン ソース プロジェクトである Kubernetes (英語) と libswarm (英語) をサポートする計画についてご紹介します。 6 月に公開された Kubernetes は、Google Compute Engine 上で開発された、Docker コンテナーのオーケストレーションとスケジューリングをサポートする宣言型のコンテナー管理ソリューションです。Microsoft Open Technologies 社の協力によって、今後 Azure Linux…


Azure で FreeBSD を実行する

このポストは、5 月 22 日に投稿した Running FreeBSD in Azure の翻訳です。 このブログ記事の読者の多くの方がご存知かと思いますが、マイクロソフトは長年 Linux コミュニティと共同で作業を行っており、Linux カーネル用のデバイス ドライバーを多数提供しています。これは Linux 統合サービス (英語) と呼ばれています。これらのドライバーは、Linux システムを Hyper-V および Microsoft Azure 環境下で動作させるうえで必要なものです。 さらに最近では FreeBSD コミュニティとも協力して、同様のドライバーを FreeBSD 10 にも提供しています。これらは、FreeBSD 用の BSD 統合サービス (BIS) と呼ばれています。今回の記事では、FreeBSD 10 のイメージを Microsoft Azure で実行するための準備とアップロード方法について説明します。 免責事項: この記事では FreeBSD を Azure で実行するための詳細な手順を説明しますが、現時点では FreeBSD は Microsoft Azure の推奨プラットフォーム (英語) ではなく、このためサポート対象外となっています。 基礎となる FreeBSD…


Linux ベースのソフトウェア VPN デバイスから Microsoft Azure Virtual Network への接続

このポストは、5 月 22 日に投稿した Connecting to a Microsoft Azure Virtual Network via a Linux-based Software VPN device の翻訳です。 概要 この記事では、ソフトウェア VPN デバイスを使用してローカルのオフィスやサイトから Microsoft Azure Virtual Network に接続する方法について説明します。ソフトウェア VPN デバイスは、クラウドへの迅速な実装が必要な、“dev/test” ワークフローを構築している場合やプロトタイプ モードで動作している場合に、特に有効です。実際、Microsoft Azure Virtual Network チーム内部でも、Azure プラットフォームは水面下で日々進化しているため、この技術を自動化して本番環境でのコード テスト (TiP) に使用しています。今回の記事では、OpenSwan (英語) VPN を Linux で構成して Microsoft Azure でホストされている Virtual Network に接続する方法を紹介します。 Linux Linux の場合、Microsoft Azure 内部に作成した…


Linux の正常なシャットダウン (Graceful Shutdowns)

このポストは、5 月 6 日に投稿された Linux and Graceful Shutdowns の翻訳です。 Azure の IaaS 仮想マシンをシャットダウンする方法はいくつかあり、Azure 管理ポータル経由でシャットダウンしたり、Azure Powershell コマンドレットや CLI ツールを使用したり、あるいはログインしたユーザーが対話的にシャットダウンすることもできます。プラットフォームのメンテナンスのために、Azure プラットフォーム自らがシャットダウンを実行することもあります。オンプレミスのベア メタルで実行されている Linux システムのシャットダウンのプロセスはよく知られていますが、クラウドではどのように行われるのでしょうか? Azure で正常なシャットダウンを実行する Azure で Linux 仮想マシンをシャットダウンするプロセスは、オンプレミスの場合とほぼ同じです。ユーザーがログインして ‘/sbin/shutdown now’ を実行すると、システムはすぐにサービスの実行を停止し、電源がオフになります。もちろん、実際のしくみは使用しているディストリビューションや init システム (たとえば SysV、Upstart、systemd) により異なりますが、同じ結果が得られます。 では、Azure 管理ポータルや Azure プラットフォームによってシャットダウンが開始された場合はどうでしょうか? 簡潔に言うと、この場合もほぼ同じ結果が得られます。Azure はホストと通信してゲストの Linux システムの正常なシャットダウンを開始します。Hyper-V と Azure の環境では、ハイパーバイザーが正常なシャットダウンを実行するシグナルを送信し、Linux カーネルに含まれる Linux Integration Services の一部である hv_utils (英語) ドライバーが処理を行います。これが「統合シャットダウン」と呼ばれる機能です。…


Windows Azure の Linux 仮想マシンにおけるスワップ領域 – パート 2

このポストは、8 月 9 日に投稿された SWAP space in Linux VM’s on Windows Azure – Part 2 の翻訳です。 この記事は Azure CAT チームの Piyush Ranjan (MSFT) が担当しました。 前の記事「既成の Linux イメージを実行する Windows Azure 仮想マシンのスワップ領域 – パート 1」で説明したように、Azure IaaS でギャラリー イメージからプロビジョニングされる Linux 仮想マシンには、既定ではスワップ領域が構成されません。そこで前の記事では、リソース ディスク (/mnt/resource) にファイル ベースのスワップ領域を構成するための簡単な手順を紹介しました。ただ注意してほしいのは、その手順は、既にプロビジョニングされ、実行中の仮想マシンに対するものだという点です。それよりも、仮想マシンのプロビジョニングと同時に、スワップ領域が自動的に構成されれば理想的であり、後の段階で大量のコマンドを手動で実行する労力が省けます。 仮想マシンのプロビジョニング段階で自動的にスワップ領域を構成するうえで決め手となるのは、Windows Azure Linux エージェント (waagent) の使用です。大部分のユーザーは、Linux 仮想マシンの内部でエージェントが動作していることを漠然とは知っていても、よくわからないため放置している場合がほとんどです。実は、waagent に関する優れたドキュメントが Azure ポータルに用意されています。Windows Azure Linux エージェント…