業界トップのクラウド アナリストがマイクロソフトに転身した理由  

このポストは、6 月 9 日に投稿された Why this top cloud analyst moved to Microsoft の翻訳です。 私はこの 6 年間 Forrester Research (英語) に勤め、企業の IT 担当者やテクノロジ リーダーを対象に、クラウドによる動き、つまり、クラウドのメリットやクラウドがビジネスとユーザーにどのような変化をもたらすかを理解できるようにサポートを行ってきました。その中で、大きく混乱する IT 市場の最前線に接し、破壊的とも言える企業の IT 部門への影響を目の当たりにできたのは、私にとってたいへん貴重な経験でした。 今年の初めに、私はクラウドとの関係を次の段階に進めることを決意しました。これまでのように、ただ単にクラウド プラットフォームの最適な活用方法をアドバイスするのではなく、変化のためにさらに積極的な役割を果たせるようになりたいと考えるようになりました。そういうわけで、私はマイクロソフトの Cloud + Enterprise エンジニアリング チームに加わることにしたのです。 チーフ ストラテジストとなった私の仕事は、お客様の既存のオンプレミス資産と新しいクラウドのメリットをどのように組み合わせれば最適かを提案することでした。また、お客様のニーズを的確に理解し、マイクロソフトの製品、サービス、戦略的構想によって適切な対応をとれるようにすることも私の責任です。 私がなぜマイクロソフトを選んだのか。興味を持たれる方もいらっしゃるかと思います。この記事では、このマイクロソフトへの転身が私にとって、そしてお客様にとって最も素晴らしい選択であった理由についてご説明したいと思います。 この 10 年間は、クラウド プラットフォームとクラウド サービスにとって形成期といえる時期でした。形成期の特徴は、新興企業や企業の部署、DevOps (英語) チームが率先して導入を進めるところです。新技術の多くも形成期に同様のプロセスをたどりますが、これらの技術が成功してきたのは、ユーザーによる多大な負担があったからこそです。ユーザーはクラウドからさまざまな新しい価値を得られることを知り、その成果を得るために積極的に取り組み、まだ未熟な状態の最新技術の利用に耐えたのです。 その一方、より高度なエンタープライズ クラスのソリューションや堅牢で実績のある製品を求める企業は、この新技術の重要性を軽視しました。社内での利用を拒否し、独自の代替策 (英語) を追及したのです (私は 2008 年にこの代替策を表現する言葉として、クラウドのように見せかけるという意味の「クラウドウォッシング」という造語を作りました)。しかし、デジタルの混迷期に入ると、新たな評価の視点が生まれました (英語)。これは、従来の製品やソリューションでは到底太刀打ちできないものでした。たとえ新たなテクノロジに従来製品を適応させ、組み込むことができたとしても、その新たなテクノロジにはさらに次々と新しい価値が付加されていきます。企業のニーズに合わせて成熟していくスピードには対抗できません。昨年、クラウド コンピューティング市場はこの段階へと足を踏み入れたのです。 Forrester 時代の同僚である JP Garbani…


Azure App Service の Web アプリ用 Support Site Extension の追加更新

このポストは、6 月 9 日に投稿された Additional updates to Support Site Extension for Azure App Service Web Apps の翻訳です。 Support Site Extension の前回の更新時には、リアルタイムの HTTP トラフィックの監視、Event Viewer、Web アプリのインスタンスごとの Role Metrics、通知、ClearDB の正常性チェックといった機能が追加になりました。ここでは、今回の更新で追加された機能をご紹介します。 Support Site Extension へのアクセス 今回の更新では、Azure プレビュー ポータルから直接 Support Site Extension の機能にアクセスできるようになりました。指定した Web アプリでこれらの機能を利用するには、Web アプリの [Settings] をクリックし、[Settings] ブレードから [Troubleshoot] を選択して、目的の機能をクリックします。 ユーザー インターフェイスを利用した設定 Auto Healing は、Azure App Service の…


Azure App Service の Web アプリで使用される TLS の中間証明書

このポストは、6 月 1 日に投稿された Intermediate TLS certificates for Azure App Service Web Apps の翻訳です。 Azure App Service の Web アプリで、TLS/SSL エンドポイントで使用される中間証明書をユーザーの皆様が構成できるようになりました。これに関しては、ユーザーの皆様から何度かフォーラムにご意見が寄せられていましたが (こちら (英語) やこちら (英語))、今回の更新によってご指摘いただいた点について解決することができました。 中間証明書をアップロードするには 既に TLS/SSL 証明書を PFX 形式でアップロードしている場合は、証明書を再度アップロードする必要があります。 証明書をエクスポートするときには、TLS/SSL 証明書の PFX ファイルに必ず証明書チェーン全体が含まれるようにします。これには、Windows の証明書マネージャーでエクスポートするときに必ず下記のオプションを選択するようにします。 このオプションを選択すれば、PFX 形式で証明書をエクスポートするときに証明書チェーン全体が必ず含まれる   その後、管理ポータルから、または REST API を使用して証明書を再度アップロードします。マイクロソフトは、証明書チェーンに含まれている中間証明書に欠落しているものかないかどうかを、弊社のフロントエンド、チェーン、信頼されたルート証明書までたどって確認します。欠落しているものがあれば、該当する証明書を動的にフロントエンドにインストールします。このときインストールされるのは中間証明書のみで、信頼された証明機関の新しいルート証明書がインストールされることはありません。


Azure で Cloud Foundry をお試しください

このポストは、5 月 29 日に投稿された Try Cloud Foundry on Azure Today! の翻訳です。 先日 Cloud Foundry Summit 2015 (英語) が開催されました。マイクロソフトはその中で、Azure における Cloud Foundry のロードマップについて説明すると共に、Azure Cloud Provider Interface (英語) のプレビュー版を披露しました。そしてこのたび、Microsoft Azure 向けにオープン ソースの Cloud Foundry のパブリック プレビューを発表しました。これはマイクロソフトのプラットフォームにおけるオープン ソース化戦略の大きな一歩であり、このリリースによって、お客様は Cloud Foundry を Azure にデプロイできるようになり、パブリック クラウドやプライベート クラウドの任意のワークロードを Azure に拡張できるようになりました。 Cloud Foundry (英語) を使用すると、さまざまな言語を使用してクラウド アプリケーションの構築、テスト、デプロイ、スケーリングを従来よりも迅速かつ簡単に行うことができます。Azure Cloud Provider Interface は完全にオープン ソース化されており、Cloud Foundry…


6 月 1 日以降の Application Insights の料金設定

このポストは、5 月 27 日に投稿された Application Insights Pricing Effective June 1 の翻訳です。 Microsoft BUILD カンファレンス (英語) の期間中に、Visual Studio Application Insights のパブリック プレビューの提供開始が発表されました。これについては、Merav Davidson のブログの中でも紹介されています。このパブリック プレビューでは、アプリケーションごとのデータ量に基づく新しいクラウド対応型の料金モデルが導入され、すべての開発チームが無料で利用できるお得なプランも用意されています。この料金の運用は 2015 年 6 月 1 日から開始され、パブリック プレビュー期間中は 50% の割引が適用されます。 Free レベルでは、データ量と保持期間に一部制限はあるものの、ほとんどの機能をご利用いいただけます。アプリケーションの成長に伴いデータ量が増加した場合や、データを長く保持してより高度な分析を行いたい場合は、Standard レベルまたは Premium レベルをご利用ください。この 2 つの料金レベルでは、データ ポイントの 1 か月あたりのクォータが多く、データ保持期間も長く、また Continuous Export 機能を使用することができます。料金はデータ量によって決定されます。Web アプリをお使いの場合、デプロイされているサーバーの数は料金に影響しません。使用していないリソースに対してペナルティを支払うことなく、動的にスケーリングを行うことができます。 Free、Standard、Premium の各レベルのほかに、Application Insights の各リソースでは無料の 30 日間 Premium 試用プランも利用可能です。このプランでは…


成功から転落の危機に直面した Sleeve Music。経験豊かな開発者と適切なツールの選択で新たなアイデアを創出

このポストは、5 月 14 日に投稿された Success almost ruined Sleeve Music. But savvy developers with the right tools had another idea の翻訳です。 モバイル アプリの Sleeve Music は世界中で人気を博しています。その背景には、提供元の Orange Tribes 社の経験豊かな開発者のビジョンと能力、Microsoft Azure の活用がありました。スケールの拡張が必要となったときには Azure App Service を活用し、さらに大規模なスケールを低コストで実現する必要に迫られたときには、キャッシュ機構をベースとするアーキテクチャの構想をマイクロソフトが提案しました。Azure App Service への移行も迅速で、実装作業に要した期間はわずか 1 日でした。 Orange Tribes の創設者であり CEO を務める Maarten-Jan Vermeulen 氏は、バリのビーチでの休暇を楽しんだ後に Sleeve Music のアイデアを思い付きました。しかし、開発作業はビーチで 1 日を過ごすようにのんびりとはいきません。彼が実現しようとしたソリューション、開発過程で直面した問題、そしてそれらをどのように克服したのかについてお話をうかがいました。   実現しようとしたソリューションについて教えてください。 Vermeulen…


Application Insights のパブリック プレビューを発表

このポストは、4 月 29 日に投稿された Announcing Application Insights Public Preview の翻訳です。 先日の BUILD カンファレンス (英語) ではさまざまな発表がありました。Somasegar のブログや Brian Harry のブログ (英語) をご覧になった方はご存知かと思いますが、マイクロソフトは Visual Studio Application Insights のパブリック プレビューを発表しました。このソリューションでは、アプリケーション パフォーマンス管理と利用状況分析を組み合わせてさまざまなアプリケーションの分析を行います。 Application Insights は、アプリケーションのパフォーマンス、可用性、利用状況をあらゆる角度から包括的に把握できる開発者向けのソリューションです。トラブルシューティングや診断を迅速に実施できる直観的なビューと強力なツールにより、ユーザーのアクティビティと利用状況を分析し、分析結果に応じて将来の投資の優先順位を決定することができます。 Application Insights パブリック プレビューでは、アプリごとのテレメトリの分量によって決定されるクラウド対応型の料金モデルが採用され、すべての開発チームが無料で利用できる優れた機能も提供されます。この料金モデルは 2015 年 6 月から適用され、パブリック プレビュー期間中は 50% の割引が適用されます。   すべてのアプリで使用可能 Application Insight は幅広いプラットフォームをサポートしており、サポート対象は現在も拡大中です。 マイクロソフト製の iOS (英語) および Android (英語) SDK では、HockeyApp…


サービスの監視と診断の重要性

このポストは、4 月 27 日に投稿された Service Monitoring and Diagnostics の翻訳です。 企業の多くは、業務にソフトウェアを利用しています。そしてこのソフトウェアこそが、業務の推進力となっています。企業の良し悪しは、そのシステムを形成するコードに左右されるといっても過言ではありません。それは銀行であっても、町の本屋であっても同じことです。システムがダウンしたり、パフォーマンスが低下すれば、損失はそのときだけでなく、顧客を失うなど先々にまで影響が及ぶことになります。顧客が Web サイトを利用しているときに問題が発生したら、企業はそのことを即座に把握し、他の大勢の顧客が気付く前に原因を特定して問題を修正する必要があります。 これは、単なる可用性だけの問題ではありません。確かに、サイトのダウンは非常に深刻な問題で、SLA では一般的に 99.999% の可用性 (英語) が要求されます。しかし、応答性も問題になります。Amazon では 1 秒間のパフォーマンス低下で 16 億ドルの損失が発生し、Google では 0.4 秒のパフォーマンス低下で 800 万回のクエリを損失するというある調査結果 (英語) が出ています。こうしたサイトでは、データセンターの冗長性確保、コンテンツ配信ネットワーク、非同期レンダリングといったあらゆる戦略を駆使して、高レベルの応答性維持に努めています。 メトリックを高レベルに維持するためには、常時計測することが必要になります。その鍵となるのがテレメトリです。テレメトリとはアプリのパフォーマンスに関するデータを収集したもので、分析ツールによってアプリの実行状況やユーザーによるアプリの利用方法がさまざまな種類の図表で示されます。これを利用することで、特定のインシデントを詳細に調査することが可能になります。また、アラートを設定すれば、アプリが大量の例外をスローした場合や実行速度が低下した場合、存在が確認できなくなった場合などにすぐに対処することもできます。 通常の CRUD (英語) アプリケーションの監視には、主に次の 2 種類のシナリオがあります。 可用性 稼働状況: 顧客がサービスにアクセスできない場合、企業はすぐに対処する必要があります。 信頼性: パイプラインの中でデータ損失がないかを確認します。 可用性は公開されている SLA に影響し、エンド ユーザーのエクスペリエンスに影響します。そして、「代金をちゃんと支払っているのにシステムがダウンした。支払った代金はどうなるのか?」、「システムがダウンしていてチケットが取れない」などのクレームにつながります。 パフォーマンス 応答性: ユーザーがサイトを使用 (検索、読み込み) できるようになるまでに要した時間を確認します。 レイテンシ: ユーザーの要求からデータの処理や格納 (作成、更新、削除) までのラウンド…


Ignite で発表された Azure のメリット

このポストは、5 月 4 日に投稿された Azure shines bright at Ignite! の翻訳です。 本日の Ignite では、マイクロソフトのクラウドおよびエンタープライズ部門のコーポレート バイス プレジデントを務める Brad Anderson が、今日のモバイル ファースト、クラウド ファーストの世界においてインテリジェント クラウド プラットフォームに求められる特徴についてご説明しました。その特徴とは、信頼性、柔軟性、統合です。Azure はこれらの性質を備え、急速な革新を遂げているプラットフォームで、過去 12 か月間に 500 を超える数の機能とサービスが追加されています。しかし、Azure の真の強みはその革新的なプラットフォームを活用してお客様やパートナー様が開発しているものにあります。3M (英語) 社では Azure でモバイル アプリケーション開発の時間を短縮し、Heineken (英語) 社はグローバル マーケティング キャンペーンを展開、GE Healthcare (英語) 社は安全で柔軟な医療アプリケーションを提供するなど、Azure を活用して多くのお客様がすばらしい成果を挙げています。 今回は、先日発表した Azure を使用してさらなるイノベーションを推進するための機能、Azure をデータセンターで有効活用する機能、クラウド、オンプレミス、ハイブリッドで一貫したエクスペリエンスを提供する機能の中から主なものをいくつかご紹介します。 データセンターでの Azure の利用 Azure が強力である理由として、ハイパースケールでの運用可能性と、実際に使用していくことによるテクノロジの強化が挙げられます。マイクロソフトは、ハイブリッドに対する信念と、クロスプレミスで高い一貫性を提供するというお約束を実現するべく、お客様が妥協することなくワークロードを実行する場所を柔軟に選択できるように、Azure テクノロジをオンプレミス ソリューションに統合しています。 本日発表された Microsoft Azure…


Build で発表された Azure の最新機能と技術革新をご紹介

このポストは、4 月 29 日に投稿された Azure peaks in the valley: New features and innovation の翻訳です。 Azure のあらゆる技術革新の中心にあるのは、開発者や独立系ソフトウェア ベンダーの要望に応えるというマイクロソフトの情熱です。本日の //build で発表した Azure サービスの新たな更新により、あらゆるタイプの開発者がさまざまなデバイスやプラットフォームに対応したクラウド アプリやクラウド サービスを柔軟に構築できるようになります。マイクロソフトは今回の更新によって、企業がデータから最大限の価値を引き出すことを可能にする予測分析およびインテリジェント アプリケーション向けの最も完全なプラットフォームを提供できるようになりました。 SQL Database の機能強化 今朝 Scott がステージ上でご紹介したとおり、SQL Database に対してさまざまな更新と機能強化を行いました。SaaS (サービスとしてのソフトウェア) アプリケーションの開発者は、SQL Database によって爆発的成長と収益性の高いビジネス モデルに同時に対応することができます。データベースのリソース消費量が予測できないワークロード向けには、プールしたリソースを複数のデータベースで利用できる柔軟なデータベース モデルのプレビュー版を導入します。ピーク時の需要に対応できるよう過剰にプロビジョニングするのではなく、柔軟なデータベース プールを利用して、予算の範囲内で数百または数千単位のデータベースでリソースを活用することができます。また、複数のデータベース全体のコストとパフォーマンスを制御できる購入モデルにより、コスト効率を高めることができます。SQL Database を使用して数多くのデータベースを管理する方法の詳細については、こちらを参照してください。 また、SQL Server の機能との互換性がほぼ完全になったことで、高負荷のワークロードの実行が可能になり、堅牢かつミッションクリティカルなクラウド アプリケーションを構築したり、既存のオンプレミス SQL Server のデータベースを Azure SQL Database に移行するためのプログラム可能な領域が提供されます。本日より、Azure SQL Database 用…