Azure VM 用 Visual Studio Release Manager の紹介

このポストは、11 月 18 日に投稿された Visual Studio Release Management for Azure VMs の翻訳です。 Visual Studio Release Manager は、数段階に分けられたデプロイメントの自動化や、リリース プロセスの管理を行う優れたソリューションです。先日の TechEd では、Azure VM の拡張モデルを使用した、Visual Studio Release Manager Extension (英語) (翻訳: SATO NAOKI ブログ: Azure: 新しいMarketplace、ネットワークの改善、新しいBatchサービス、Automationサービスなど) と Azure Ibiza ポータルの統合が発表されました。Release Management (RM) を既にご利用いただいている場合は、この拡張機能を使用してブートストラップ処理を簡略化することができます。RM とライセンス情報の概要については、こちらのページをご覧ください。 次にリリース プロセスの概略図を示します。 リリース管理プロセスに Azure Virtual Machines (VM) を導入する場合、各 VM 上で PowerShell DSC と Windows…

0

Azure Automation による Azure のサービスおよび外部システムの監視

このポストは、11 月 17 日に投稿された Monitoring Azure Services and External Systems with Azure Automation の翻訳です。 今回の記事では、特定のイベントが発生した場合に対処できるように、Azure Automation をセットアップして Azure または外部システムのサービスを監視する方法を手順を追って説明します。Azure Automation を利用してこれを実現するにあたってお客様と多くの議論を重ねてきましたので、ここでは、ほとんどのシナリオで有効と思われるアプローチを説明します。 処理をトリガーする他のシステムのイベントを監視するのに Automation がよく利用されます。外部システムに変更を加える必要がなく、イベントへの対処のロジックを一元化できることが、広く利用される理由です。 監視を行うにはポーリングのしくみが必要です。これについては後ほど説明します。ポーリングのしくみには Azure Automation のスケジュール機能とワークフロー機能を利用しており、実際に実行する時間を最小限に抑え、リソースとコストを節減します。   基本的な監視 まず始めに、Azure のサービスの監視が必要なシナリオから見ていきましょう。Azure 環境で Virtual Machines をいくつかデプロイしており、イベント ログを監視して特定のイベント ID をチェックしたいとします。たとえば、証明書の有効期限が迫っている場合に、証明書を更新し、その旨を電子メールで知らせるようにします。 VM のイベントを監視する Runbook は下図のようになります。 有効期限が迫っている証明書のシナリオでの手順は次のようになります。 Azure の VM を監視して、直近 24 時間に発生したイベント ID 64 (証明書の有効期限が迫っている) を探します。 イベント…

0

ASR と Azure Pack を使用して IaaS ワークロード向け Managed DR を提供する

このポストは、11 月 12 日に投稿された Offering Managed DR for IaaS Workloads with ASR and Azure Pack の翻訳です。 数週間前に、サービス プロバイダー向けに ASR の新機能を発表しました。これにより、Azure Site Recovery 上で高付加価値のサービスを提供する各種シナリオを実現できるようになりました。サービス プロバイダーは、ASR と Azure Pack を活用して、IaaS ワークロードを利用する顧客向けプレミアム サービスとして Managed DR を提供することができます。 この記事では、ASR と Azure Pack を統合し、ユーザー トレーニングや構成の変更を最小限に抑えて、顧客に Managed DR サービスを提供する方法についてご紹介します。さらに、DR 計画/アドオンの作成、テナントのオンボーディング、フェールオーバー後の Virtual Machines へのアクセスの方法についても簡単にご説明します。 上の図からおわかりのように、Azure Pack、System Center Virtual Machine Manager (SCVMM)、Windows Server は、Azure…

0

PowerShell による Azure Site Recovery のサポートを開始

このポストは、11 月 5 日に投稿された Introducing PowerShell support for Azure Site Recovery の翻訳です。 先日は、Azure Site Recovery で管理される 2 つの Hyper-V サイト間での復旧の PowerShell によるサポートを発表しました。ASR のコマンドレットは Virtual Machines の保護の有効化や、Virtual Machines の復旧処理または Virtual Machines を含む復旧プランの実行に使用できます。PowerShell によるサポートが追加されたことで、管理者が ASR サービスに対してスクリプトを作成したり、ホスティング サービス プロバイダーが災害復旧を提供するために自社のセルフサービス ポータルを拡張したりできるようになりました。 PowerShell による ASR のサポートは、Azure PowerShell の機能として、2014 年 10 月リリースの Azure PowerShell で提供されています。Azure PowerShell を既にご利用の場合は、バージョン 0.8.10 (英語) 以降にアップグレードする必要があります。Azure PowerShell…

0

Azure Websites での Virtual Network との統合と Hybrid Connections の使用

このポストは、10 月 30 日に投稿された Using VNET integration and Hybrid connections with Azure Websites の翻訳です。 この記事では、リモートの MySQL データベースと連携する WordPress を Azure Websites で実行する方法について、2 つのセクションに分けてご説明します。最初のセクションでは、Azure Virtual Machines (VM) と Azure Virtual Network (VNET) でデータベースをホストし、VNET との統合と Hybrid Connections を使用して Azure VNET に安全に接続する方法を紹介します。ここでは VNET が既に存在し、その中で VM がプロビジョニング済みであることを前提とします。 2 つ目のセクションでは、オンプレミスのホスト環境でデータベースをホストし、Site-to-Site VPN と VNET との統合の併用によってアクセス可能な状態にする方法を紹介します。ここでも、同じ既存の VNET を使用します。オンプレミスの場合は Hybrid Connections を機能させるうえで VNET…

0

Azure Site Recovery での Windows Azure Pack との統合および PowerShell のサポートを発表

このポストは、10 月 30 日に投稿された Azure Site Recovery – Announcing Windows Azure Pack integration and PowerShell Support の翻訳です。 Azure Site Recovery は、企業とサービス プロバイダーの双方で、仮想化環境、物理環境、およびクラウド環境における標準の災害復旧ソリューションとして採用が拡大しています。その使いやすさと堅牢性にはお客様からご好評をいただいており、スケールに応じた構成のほか、最短で 30 秒まで設定可能な可変の目標復旧時点 (RPO)、クラス最高レベルのセキュリティおよび暗号化機能、セルフサービス型の災害復旧機能、復旧プランを使用したワンクリックでのオーケストレーションなど、このソリューションに組み込まれている主要な機能についてもご満足いただいています。 モバイル ファースト、クラウド ファーストの世界を実現する生産性ツールおよびプラットフォームを提供する企業として、マイクロソフトはお客様の災害復旧に関する課題の解決に取り組んでいます。マイクロソフトは、ハイブリッド クラウドのビジネス継続性ソリューションをすべてのお客様に提供するという戦略を継続しており、その一環として、サービス プロバイダーがさらに売上を伸ばすための新しい手段を獲得できるよう、これまでにないシナリオを実現する新機能を発表しました。 ASR を Windows Azure Pack と統合: ASR と WAP との統合により、IaaS サービスで Managed DR サービスを提供することが可能になり、サービス プロバイダーは、既存顧客からの売上をさらに拡大できるようになります。セットアップが簡単なため、DR 機能の提供に必要な構成変更およびユーザーのトレーニングは小規模で済みます。Windows Azure Pack の更新プログラムのロールアップ 4.0 (機械翻訳) の一部として、クラウド サービス プロバイダーが Windows Azure…

0

TechEd Europe: Windows Docker クライアント デモで Azure の Linux コンテナーを紹介

このポストは、10 月 28 日に投稿された TechEd Europe: Windows Docker Client Demo Highlights Linux Containers on Azure の翻訳です。 先日、Docker (英語) との新たなコラボレーションについて Scott Guthrie による発表 (英語) (翻訳 SATO NOAKI : DockerとMicrosoft: DockerのWindows Server、Microsoft Azureとの統合) と Jason Zander による詳細な説明がありました。これは、コンテナー テクノロジを Windows Server でサポートし、Linux 上の Docker コンテナー用の Windows クライアントを開発することを目的とした重要なものです。先日の TechEd Europe (英語) では、Mark Russinovich 氏が Windows Docker クライアントのプロトタイプを使用して Ubuntu+Wordpress Docker…

0

Azure Websites Migration Assistant を発表

このポストは、10 月 28 日に投稿された Introducing Azure Websites Migration Assistant の翻訳です。 Azure Websites Migration Assistant の一般提供が開始されたことをお知らせいたします。このツールは現在 https://www.movemetothecloud.net/ (英語) にて公開中です。 このツールを使用することで、Internet Information Service (IIS) 6 で稼働している現行の Web サイトから Azure Websites に簡単に移行できます。Azure Websites Migration Assistant (英語) がご利用の IIS サーバー環境を分析して、Azure Websites に移行可能なサイトを特定し、移行できない要素またはプラットフォームでサポートされていない要素を検出して指摘します。その後、Web サイトや関連データベースを Azure にわずか数クリックの操作で移行します。 このツールの使用方法や機能制限については、こちらの入門ガイド (英語) を参照してください。 また、先日 Owais Shaikh が投稿したブログ記事 (英語) で紹介されている短編ビデオでも、Azure Websites Migration Assistant のしくみをご覧いただけます。

0

Azure Automation の Runbook ギャラリーを発表

このポストは、10 月 7 日に投稿された Introducing the Azure Automation Runbook Gallery の翻訳です。 洗練された Azure Automation の Runbook ソリューションを作成して、クラウド OS のプロセスを自動化しようとしても、完璧なものに仕上げるにはとても時間がかかります。また初めから満足のいくものを完成させるのは大変です。しかし、今回新しく導入された Azure Automation の Runbook ギャラリーをご利用いただくと、機能的で洗練された Runbook を短期間で作成することができます。この Runbook ギャラリーは Azure Automation の新機能で、お客様の用途に適した既存の Automation のサンプル、ユーティリティ、およびシナリオの Runbook を集約し、自動化タスクのセットアップから実行までを迅速に行うためにご利用いただけます。Runbook ギャラリーでは、Azure 管理ポータルから離れることなく Runbook を参照してご自分の Automation アカウントにインポートすることができます。マイクロソフトのプロダクト チームが利用開始時に役立つサンプルをいくつか作成しましたが、Runbook ギャラリーで注目されるところは、コミュニティがコンテンツ作成に参加し、ギャラリーに自動で表示させることができる点です。たとえば、自分が何らかの問題に遭遇したとします。しかしそれ以前に、他のだれかも同様の問題に遭遇し、Automation ソリューションを開発済みであったら、自分のそのソリューションを活用することができます。コンテンツ作成に参加するユーザーが増えるほど、コミュニティ自体も成長します。そして、コミュニティに参加するユーザーが増えるほど、作成されるコンテンツ数も増加します。こうして、すべてのユーザーにとって Win-Win の関係が実現します。 ギャラリーで Runbooks を検索する方法 ではこの機能を試してみましょう。まず [+New] をクリックして Runbook ギャラリーにアクセスします。 [APP…

0

Azure SQL Database のポイントインタイム リストア

このポストは、10 月 1 日に投稿された Azure SQL Database Point in Time Restore の翻訳です。 ビジネス継続性に関するシリーズの最終回となる今回は、「ポイントインタイム リストア」について説明します。これはセルフサービス型の復元機能で、Basic、Standard、Premium の各レベルのデータベースで使用できます。前回の記事では、ポイントインタイム リストアを含む Azure SQL Database のビジネス継続性モデルについて説明しました。下記の表は、このモデルをまとめたものです。このモデルにおいてポイントインタイム リストアは、不意のデータ破損やデータ削除が発生した場合、それ以降の直近のバックアップからデータベースを復元することを目的として設計されています。 BCDR オプション Basic レベル Standard レベル Premium レベル ポイントインタイム リストア 7 日間以内の任意の復元ポイント 14 日間以内の任意の復元ポイント 35 日間以内の任意の復元ポイント 地理リストア (Geo-Restore) RTO < 24 時間 RPO < 24 時間 RTO < 24 時間 RPO < 24 時間…

1