米国東部 2 リージョンで G シリーズ VM のサポートを開始

このポストは、1 月 23 日に投稿された New G-Series Support in US East 2 の翻訳です。 マイクロソフトは数週間前に、Microsoft Azure Virtual Machines の G シリーズのリリースを発表しました (英語)。このシリーズには最新の Intel® Xeon® processor E5 v3 ファミリが搭載されており、最大 32 の仮想 CPU を提供します。RAM 容量は 448 GB、ローカル SSD の容量は 6.59 TB となっています。 このたびお客様からの多くのご要望を受けて、米国東部 2 リージョンでのリリースを前倒しで実施いたしました。これにより、G シリーズの Virtual Machines のデプロイは、米国西部と米国東部 2 リージョンの 2 か所で可能になりました。今後もお客様からのご要望とご利用状況に応じて、G シリーズのサポート範囲を拡大していく予定です。 なお、米国東部 2 リージョンの料金は米国西部よりも若干お安くなっております。詳細についてはこちらのページでご確認ください。


Azure がさらに拡張され、より高速でオープン、かつ安全に

このポストは、1 月 8 日に投稿された Azure is now bigger, faster, more open, and more secure の翻訳です。 10 月に公開した記事では、マイクロソフトが提供する業界最高クラスのクラウド プラットフォームの概要についてご説明すると共に、ハイパー スケール、エンタープライズ グレード、ハイブリッドという性質を持つ Azure プラットフォームへの多数の機能強化についてお伝えしました。Azure は 3 つの性質すべてをカバーする唯一のクラウド サービスであり、独自のサービスにより他社とは異なるオープンなソリューションをお届けしています。 今回マイクロソフトは、10 月に発表されたものも含め、さらなる機能強化を実施いたします。その内容は次のとおりです。 Azure Key Vault: HSM を利用した使いやすいキーとシークレット情報の保護機能をサポート。 G シリーズ VM: パブリック クラウド最大級の VM が使用可能に。 Docker イメージ: Microsoft Azure Marketplace で Docker イメージの第一弾を公開し、オープン性を強化 Azure Key Vault のパブリック プレビュー 企業では、クラウドでのデータ保護に使用されるキーとパスワードの管理やその安全性の維持が大きな課題となることがよくあります。その解決策として、多くの企業がオンプレミスのハードウェア セキュリティ…