クラウド成功のカギを握る「クラウド ハンドシェイク」

このポストは、6 月 15 日に投稿された Cloud Success Comes in Completing the Cloud Handshake の翻訳です。 企業のお客様がクラウド コンピューティング プラットフォームを利用する際に必ず懸念されるのは、アプリケーションに関して明確なサービス レベルが保証されるかどうかということです。Microsoft Azure を始めとするクラウドの多くは、個々のサービスに対してサービス レベル アグリーメント (SLA) を発行していますが、これはアプリケーション自体を保証するものではありません。クラウドベース アプリケーションの可用性とパフォーマンスを保証し、お客様の不安を解消するためにはどうすればよいのでしょうか。 その答えは、「クラウド ハンドシェイク (Cloud Handshake)」の実現にあります。 クラウドベースのリソースを活用すると、マルチテナントの自動化されたスケーラブルなサービスを利用できます。これらのサービスは、複数の顧客が常に同じ方法で利用できるように設計されています。標準化により、他にはないマイクロソフト独自のスケール、パフォーマンス、従量制によるコスト効率といったメリットを活用でき、さらに定義済みの SLA も提供されます。標準化されたサービスに加えて、マイクロソフトでは構成オプションも提供しており、お客様のワークロードや目的に最適な形で複数のクラウド サービスを結合することができます。標準的なクラウド サービス以上の要素に精通していることで、必要なワークロードに固有の保証を得ることができるのです。クラウド ハンドシェイクは、マイクロソフトが提供するサービスの知識と、その知識に基づく適切なワークロードの構築と構成によって成立します。 簡単な例を挙げましょう。99.95% の SLA が保証されている Virtual Machines にデプロイされたアプリケーションに関して、99.99% の SLA を保証することは可能でしょうか。答えは「可能」です。アプリケーションを VM のクラスターにデプロイし、各クラスター ノードを個別のコンピューティング リソースで実行することで実現します。Azure ではこれを可用性セットと呼んでいます。さらに高い SLA を保証する必要がある場合は、まもなく 22 のリージョンで提供が開始されるサービスを利用して、ワークロードを複数の Azure リージョンに分散させ、データセンターのサービス停止や地域ごとの自然災害からワークロードを保護することができます。このシンプルな原則を実装のあらゆる側面…

0

Microsoft Azure が米国防総省国防システム局 Level 2 を含む各国の認定を新たに取得

このポストは、6 月 11 日に投稿された Microsoft Azure Adds Global Array of New Certifications, including US DoD DISA Level 2 の翻訳です。 今年初めに、Microsoft Azure のコンプライアンスに関する多数の進展があったことをお伝えしました。その中では、Azure がクラウド コンピューティング プラットフォームとして初めて、クラウド唯一のプライバシー コントロールの国際基準である ISO/IEC 27018 に準拠していることが認められたことなどを説明しました。 この記事では、Microsoft Azure が 4 か国で新たに取得した認定についてご紹介します。Azure はこれで世界各国の 22 の認定と認証を取得したことになり、ハイパースケールのクラウド プラットフォーム プロバイダーとしては最多となります。新たに認定を取得したのは下記の 4 つです。 国防情報システム局 (DISA) Level 2 (米国): Azure は、FedRAMP JAB の相互的な取り決めに従い、DISA の Cloud Security Model Level…

0

Azure Site Recovery が NetApp Private Storage for Microsoft Azure をサポート

このポストは、5 月 4 日に投稿された ASR Now Supports NetApp Private Storage for Microsoft Azure の翻訳です。 シカゴで開催された Ignite 2015 (英語) において、マイクロソフトと NetApp は、セカンダリ データセンターに投資することなく Hyper-V ワークロードの災害復旧を単純化する方法をユーザーの皆様にご紹介しました。さらに、Azure Site Recovery (ASR) を使用して、SAN ベースのオンプレミス アプリケーションを NetApp Private Storage (NPS) for Microsoft Azure に接続された Azure コンピューティングにレプリケートし、復旧する方法のデモ (英語) もお見せしました。この方法により、企業のお客様は Equinix Cloud Exchange 経由で、Azure コンピューティングのリソースを Equinix データセンターに配置された NetApp Private Storage に接続させることができます。 ASR と…

0

マイクロソフトが、ガートナーの IaaS、アプリケーション PaaS、クラウド ストレージの各マジック クアドラントで唯一ベンダーとして「リーダー」に選出

このポストは、5 月 22 日に投稿された Microsoft – the only vendor named a leader in Gartner Magic Quadrants for IaaS, Application PaaS, and Cloud Storage の翻訳です。 Azure に限界などありません。マイクロソフトは、Azure がハイパースケールでエンタープライズ クラスのハイブリッド クラウド プラットフォームとして最高のものとなるように鋭意努力しています。そして、お客様のニーズに応えるために、Azure を全世界で提供するという私たちのビジョンを実現させることに全力で取り組んでいます。現在 Azure は 19 のリージョンでサービスを提供しており、それぞれで複数のデータセンターを運用しています。これにより、お客様は顧客や従業員に近い場所でアプリケーションをデプロイ、実行し、より幅広い市場で競争力を得ることができるようになっています。AWS と Google の提供地域を合わせても、Azure がサービスを提供している国と地域の広さには及びません。また、マイクロソフトは新しいインフラストラクチャを構築するために毎年数十億ドル規模の投資を行っており、Azure のクラウド プラットフォームでは現在 100 万を超えるサーバーを管理しています。アプリケーションの構築や実行にこのサーバー群をご利用いただけるため、お客様はクラウド プラットフォームの処理能力について気にすることなく、あらゆる規模にソリューションをスケーリングすることが可能です。 先日、ガートナーはクラウド IaaS のマジック クアドラント (英語) を公開し、その中でマイクロソフトは、IaaS 市場における「ビジョンの完全性 (Completeness of Vision)」と「実行能力 (Ability…

0

IaaS がさらに簡単に

このポストは、4 月 29 日に投稿された IaaS Just Got Easier. Again の翻訳です。 マイクロソフトは 3 年前の Meet Azure イベント (英語) で初めて Virtual Machines サービスをご紹介しました。その際は、即応性が高く強力な新しい Virtual Machines を使用すれば、アプリケーションの起動やデプロイがどれほど容易になるかを解説し、Azure で動作する初の Linux VM も披露しました。 そしてこのたび、Azure Resource Manager を使用してテンプレートベースでコンピューティング、ネットワーク、ストレージをデプロイする機能のパブリック プレビューをリリースしました。今回のリリースの目標は、大規模で複雑なアプリケーションの構築、デプロイ、管理の作業をシンプルなアクションに変換することです。この新しいテンプレート言語を使用すれば、VM、Virtual Network、Storage アカウント、NIC、Load Balancer のほか、App Service や SQL Database のような PaaS サービスを、一貫性のある単一のアプリケーション モデル内に簡単にまとめることができます。統合された拡張機能のサポートにより、VM 上で直接アプリケーションのインストールをモデル化することが可能です。デプロイ後は、任意のリソースに簡単にタグ付けできるため、リソースの管理が簡単になります。さらに、ロールベースのアクセスを API レベルで設定できるため、必要なセキュリティを確保しながら、Azure CLI や PowerShell を使用するのと同じくらいスピーディで簡単なデプロイメントが可能になります。DevOps にかかわる開発者、システム管理者、エンジニアの皆様は、これまでにないスピードで簡単に VM を使用したアプリケーションの作成と管理を実現できます。 このパブリック…

0

Azure Data Factory の最新情報: サンプルのデプロイが容易に

このポストは、4 月 24 日に投稿された Azure Data Factory update: Simplified Sample deployment の翻訳です。 Azure Data Factory チームでは、皆様からのフィードバックに基づいて Azure Data Factory サービスを継続的に改善しています。本日、Azure 管理ポータルに新たな機能を追加し、数回のクリックで Data Factory にユースケース ベースのサンプルをデプロイできるようにしました。デプロイにかかる時間は 5 分以内となっています。 これにより、Data Factory の学習をより簡単に、より実践的に行っていただけるようになれば幸いです。このサンプルは標準パイプラインとして Data Factory にデプロイされるため、ソースを ADF エディター (英語) に表示してしくみを確認し、必要に応じて編集、カスタマイズすることができます。 サンプルのデプロイ方法は、以下の動画でご確認いただけます。     サンプルの起動 こちらのチュートリアルの手順に従って新しい Data Factory を作成するか、既存の Data Factory を使用します。 [DATA FACTORY] ブレードの [Sample pipelines] タイルをクリックします (以下のスクリーンショットを参照)。 図…

0

Ignite で発表された Azure のメリット

このポストは、5 月 4 日に投稿された Azure shines bright at Ignite! の翻訳です。 本日の Ignite では、マイクロソフトのクラウドおよびエンタープライズ部門のコーポレート バイス プレジデントを務める Brad Anderson が、今日のモバイル ファースト、クラウド ファーストの世界においてインテリジェント クラウド プラットフォームに求められる特徴についてご説明しました。その特徴とは、信頼性、柔軟性、統合です。Azure はこれらの性質を備え、急速な革新を遂げているプラットフォームで、過去 12 か月間に 500 を超える数の機能とサービスが追加されています。しかし、Azure の真の強みはその革新的なプラットフォームを活用してお客様やパートナー様が開発しているものにあります。3M (英語) 社では Azure でモバイル アプリケーション開発の時間を短縮し、Heineken (英語) 社はグローバル マーケティング キャンペーンを展開、GE Healthcare (英語) 社は安全で柔軟な医療アプリケーションを提供するなど、Azure を活用して多くのお客様がすばらしい成果を挙げています。 今回は、先日発表した Azure を使用してさらなるイノベーションを推進するための機能、Azure をデータセンターで有効活用する機能、クラウド、オンプレミス、ハイブリッドで一貫したエクスペリエンスを提供する機能の中から主なものをいくつかご紹介します。 データセンターでの Azure の利用 Azure が強力である理由として、ハイパースケールでの運用可能性と、実際に使用していくことによるテクノロジの強化が挙げられます。マイクロソフトは、ハイブリッドに対する信念と、クロスプレミスで高い一貫性を提供するというお約束を実現するべく、お客様が妥協することなくワークロードを実行する場所を柔軟に選択できるように、Azure テクノロジをオンプレミス ソリューションに統合しています。 本日発表された Microsoft Azure…

0

Build で発表された Azure の最新機能と技術革新をご紹介

このポストは、4 月 29 日に投稿された Azure peaks in the valley: New features and innovation の翻訳です。 Azure のあらゆる技術革新の中心にあるのは、開発者や独立系ソフトウェア ベンダーの要望に応えるというマイクロソフトの情熱です。本日の //build で発表した Azure サービスの新たな更新により、あらゆるタイプの開発者がさまざまなデバイスやプラットフォームに対応したクラウド アプリやクラウド サービスを柔軟に構築できるようになります。マイクロソフトは今回の更新によって、企業がデータから最大限の価値を引き出すことを可能にする予測分析およびインテリジェント アプリケーション向けの最も完全なプラットフォームを提供できるようになりました。 SQL Database の機能強化 今朝 Scott がステージ上でご紹介したとおり、SQL Database に対してさまざまな更新と機能強化を行いました。SaaS (サービスとしてのソフトウェア) アプリケーションの開発者は、SQL Database によって爆発的成長と収益性の高いビジネス モデルに同時に対応することができます。データベースのリソース消費量が予測できないワークロード向けには、プールしたリソースを複数のデータベースで利用できる柔軟なデータベース モデルのプレビュー版を導入します。ピーク時の需要に対応できるよう過剰にプロビジョニングするのではなく、柔軟なデータベース プールを利用して、予算の範囲内で数百または数千単位のデータベースでリソースを活用することができます。また、複数のデータベース全体のコストとパフォーマンスを制御できる購入モデルにより、コスト効率を高めることができます。SQL Database を使用して数多くのデータベースを管理する方法の詳細については、こちらを参照してください。 また、SQL Server の機能との互換性がほぼ完全になったことで、高負荷のワークロードの実行が可能になり、堅牢かつミッションクリティカルなクラウド アプリケーションを構築したり、既存のオンプレミス SQL Server のデータベースを Azure SQL Database に移行するためのプログラム可能な領域が提供されます。本日より、Azure SQL Database 用…

0

Azure Stream Analytics の一般提供を開始

このポストは、4 月 16 日に投稿された General Availability of Azure Stream Analytics の翻訳です。 先日、マイクロソフトの情報管理および機械学習担当コーポレート バイス プレジデントを務める Joseph Sirosh が Azure Stream Analytics の一般提供開始を発表しました。この機能を利用すると、デバイスやセンサー、インフラストラクチャ、アプリケーションからのストリーミング データを利用して、リアルタイムで情報を把握することができます。NEC、富士通、Aerocrine を始めとするお客様は、既にこの Azure Stream Analytics を使用してリアルタイムのリモート デバイス管理やデバイスの監視などに使用する Internet of Things (IoT) ソリューションを構築しています。 Azure Stream Analytics は完全に管理された低レイテンシ、高スループットのストリーム処理ソリューションで、膨大な数のイベントを秒単位で処理しています。機能にはエンタープライズ クラスの SLA が適用され、組み込みの障害耐性と拡張性を低い初期コストで利用できます。さらに、ストリーム処理ロジックの定義には SQL に類似したわかりやすい言語を使用できるため、開発作業を単純化することができます。 Azure Stream Analytics の詳細については、Joseph Sirosh が執筆したこちらのブログ記事 (英語) をご覧ください。

0

Azure App Service に Premium レベルを導入

このポストは、3 月 30 日に投稿された Premium Tier for Azure App Service の翻訳です。 先日、マイクロソフトは Azure App Service のリリースを発表しました。Azure App Service はクラウド サービスの一種であり、開発者はあらゆるプラットフォームやデバイス向けにインテリジェントな Web アプリやモバイル アプリを構築することができます。App Service は開発作業を合理化する統合ソリューションです。オンプレミスのシステムと SaaS システムを簡単に統合し、ビジネス プロセスを迅速に自動化することができます。 この Azure App Service に、今回新たに Premium レベルが導入されました。このサービス レベルでは、より強力なスケーリング、デプロイメント、サービスの機能が提供されます。この記事では、App Service の Premium レベルの特長について紹介します。 Premium レベルでは、開発者が作成するアプリで BizTalk Services を使用できるほか、1 コア 1 日あたり 5,000 回の API 呼び出しが可能な Premium コネクタ、EAI サービス、EDI…

0