Azure Service Fabric を発表: 高度なスケーラビリティをより簡単に実現

このポストは、4 月 20 日に投稿された Announcing Azure Service Fabric: Reducing Complexity in a Hyper-scale World の翻訳です。 企業から顧客に対するアプローチの方法は、クラウド コンピューティングによって変化し続けています。競争が激化する昨今のビジネス環境の中、この変化の最前線に立たされているのが、ISV や新興企業です。これらの企業は、市場にすばやく対応するために、スケーラブルなクラウド サービスを構築するより良い方法を常に模索しています。また、開発者にとっては、信頼性と拡張性はどちらも等しく重要な課題となっています。 先月リリースされた Azure App Service は、開発者向けの高生産性ソリューションとして、エンタープライズ クラスの Web アプリやモバイル アプリの開発ニーズに応えます。App Service が提供する包括的な PaaS ソリューションでは、アプリケーションをクラウドにデプロイして弾力的にスケーリングでき、そのアプリケーションをオンプレミスのリソースや SaaS ベースのアプリケーションとシームレスに統合することができます。現在、Azure App Service は Heineken (英語)、Hogarth Worldwide (英語)、Telenor (英語)、Smartvue (英語) など、数万ものお客様にご利用いただいています。 そしてこのたび、高度な制御プラットフォームである Azure Service Fabric が新たに発表されました。これにより、開発者や ISV は、拡張性とカスタマイズ性の高いクラウド サービスを構築できるようになります。Service Fabric は、ミッションクリティカルなクラウド サービスを提供してきたマイクロソフトの経験を基礎として開発され、5…

0