Azure SQL Database のポイントインタイム リストア

このポストは、10 月 1 日に投稿された Azure SQL Database Point in Time Restore の翻訳です。 ビジネス継続性に関するシリーズの最終回となる今回は、「ポイントインタイム リストア」について説明します。これはセルフサービス型の復元機能で、Basic、Standard、Premium の各レベルのデータベースで使用できます。前回の記事では、ポイントインタイム リストアを含む Azure SQL Database のビジネス継続性モデルについて説明しました。下記の表は、このモデルをまとめたものです。このモデルにおいてポイントインタイム リストアは、不意のデータ破損やデータ削除が発生した場合、それ以降の直近のバックアップからデータベースを復元することを目的として設計されています。 BCDR オプション Basic レベル Standard レベル Premium レベル ポイントインタイム リストア 7 日間以内の任意の復元ポイント 14 日間以内の任意の復元ポイント 35 日間以内の任意の復元ポイント 地理リストア (Geo-Restore) RTO < 24 時間 RPO < 24 時間 RTO < 24 時間 RPO < 24 時間…

1