マイクロソフトが、ガートナー マジック クアドラントのパブリック クラウド ストレージ サービス分野で 2 年連続「リーダー」に選出

このポストは、6 月 26 日に投稿された Microsoft Named a Leader in Gartner’s Public Cloud Storage Services for Second Consecutive Year の翻訳です。 ガートナーは先日、クラウド ストレージ サービス分野のマジック クアドラント (英語) を公開しました。この中で Microsoft Azure は、「ビジョンの完全性 (Completeness of Vision)」と「実行能力 (Ability to Execute)」を評価され、2 年連続で「リーダー」として認められました。これに先駆けて、Nasuni による独自の調査レポート (英語) では Azure Storage がベンチマーク テストで最高のパフォーマンスを記録しましたが、今回のガートナーの評価はそれに続く素晴らしいものとなりました。ガートナーのレポートには、マイクロソフトは、ガートナーのマジック クアドラントの IaaS、アプリケーション PaaS、クラウド ストレージの 3 つの部門で「リーダー」に選ばれた唯一のベンダーであると示されています。 1 年間に生み出されるデジタル データの量は、年々飛躍的に増加しています。IDC では、2020 年までにデジタル データの総量が約 40…

0

Azure SQL Data Warehouse の新しいプレビューの発表と 21 のパートナー各社のご紹介

このポストは、6 月 24 日に投稿された New preview + 21 new partners announced for Azure SQL Data Warehouse の翻訳です。 このたび、Azure SQL Data Warehouse の限定パブリック プレビューの提供開始が発表 (英語) されました。また、これと同時に、Azure SQL Data Warehouse にソリューションを統合しているテクノロジ プロバイダー各社についても発表されました。マイクロソフトの素晴らしいパートナーであるこれらのテクノロジ プロバイダーは、自社のソリューションを新しいエンタープライズ クラスの「柔軟なサービスとしてのデータ ウェアハウス」である Azure SQL Data Warehouse で検証し、このサービスに対してどのような価値を提供できるかを検討し、付加し続けています。また今回は、Power BI 向けの Azure SQL Data Warehouse Connector (英語) の提供開始も発表されました。この機能により、Power BI を利用したビッグ データ シナリオにおいてデータに直接接続し、リアルタイムのレポートを作成できるようになりました。 以下に今回発表されたパートナーの一覧を掲載しました。これらの魅力的なパートナーの存在によって、このサービスをさまざまな用途に適用することができるようになっています。たとえば、ストレージから独立してコンピューティングを動的かつ迅速に拡張、縮小、一時停止したり、エンタープライズ クラスの SQL 機能によってユーザーの作業時間とコストを節約することができるようになります。…

0

StorSimple Update 1 を発表: Azure Government で提供開始、他社クラウドと ZRS をサポート、5000/7000 シリーズからの移行に対応

このポストは、5 月 27 日に投稿された Announcing StorSimple Update 1 – Availability in Azure Government, Support for Other Clouds, ZRS, and Migration from 5000/7000 series の翻訳です。 マイクロソフトは、StorSimple 8000 シリーズの Update 1 のリリースを発表しました。Azure Government で利用できるようになったほか、他社クラウド プロバイダーの利用と、ゾーン冗長ストレージ (ZRS) のバックエンド クラウド ストレージとしての利用もサポートされます。また、5000/7000 シリーズのデバイスからの移行ツール キットが導入され、初回デバイス セットアップ時と更新時のエクスペリエンスも改良されました。 Azure Government で利用可能に StorSimple 8000 シリーズの Azure Government での一般提供が開始されました。Azure Government は審査基準を満たす米国人スタッフが運用する、物理的にもネットワーク的にも分離された Microsoft Azure インスタンスです。すべてのデータ、アプリケーション、ハードウェアが米国本土で取り扱われ、厳格なコンプライアンス要件と政府のポリシーに準拠しています。 デバイスを…

0

Azure Storage に関する Build 2015 での発表

このポストは、4 月 29 日に投稿された Build 2015: Azure Storage Announcements! の翻訳です。 Azure Storage チームは BUILD 2015 の期間中にいくつかの魅力的な新機能を発表しました。これらの新機能が Azure Storage での強力なアプリケーションの作成にさらにお役に立てば幸いです。この記事では、Azure Storage 関連サービスの一般提供開始の発表、各プレビュー プログラムの最新情報、その他の取り組みについてご紹介します。 Azure Storage 関連サービスの一般提供開始について Premium Storage の一般提供を開始 先日、Azure Premium Storage の一般提供が開始されました。Premium Storage では、データを SSD (ソリッド ステート ドライブ) に保存することにより、Azure Virtual Machines で実行されている入出力負荷の高いワークロードでパフォーマンスを向上させると共に、ディスクのレイテンシを短縮しています。Premium Storage を使用すると、アプリケーションで VM 1 台につき最大 32 TB のストレージをプロビジョニングできるほか、読み取り処理のレイテンシを大幅に短縮し、VM 1 台あたり 64,000 IOPS (1 秒あたりの入出力処理回数)…

0

Azure Site Recovery が NetApp Private Storage for Microsoft Azure をサポート

このポストは、5 月 4 日に投稿された ASR Now Supports NetApp Private Storage for Microsoft Azure の翻訳です。 シカゴで開催された Ignite 2015 (英語) において、マイクロソフトと NetApp は、セカンダリ データセンターに投資することなく Hyper-V ワークロードの災害復旧を単純化する方法をユーザーの皆様にご紹介しました。さらに、Azure Site Recovery (ASR) を使用して、SAN ベースのオンプレミス アプリケーションを NetApp Private Storage (NPS) for Microsoft Azure に接続された Azure コンピューティングにレプリケートし、復旧する方法のデモ (英語) もお見せしました。この方法により、企業のお客様は Equinix Cloud Exchange 経由で、Azure コンピューティングのリソースを Equinix データセンターに配置された NetApp Private Storage に接続させることができます。 ASR と…

0

マイクロソフトが、ガートナーの IaaS、アプリケーション PaaS、クラウド ストレージの各マジック クアドラントで唯一ベンダーとして「リーダー」に選出

このポストは、5 月 22 日に投稿された Microsoft – the only vendor named a leader in Gartner Magic Quadrants for IaaS, Application PaaS, and Cloud Storage の翻訳です。 Azure に限界などありません。マイクロソフトは、Azure がハイパースケールでエンタープライズ クラスのハイブリッド クラウド プラットフォームとして最高のものとなるように鋭意努力しています。そして、お客様のニーズに応えるために、Azure を全世界で提供するという私たちのビジョンを実現させることに全力で取り組んでいます。現在 Azure は 19 のリージョンでサービスを提供しており、それぞれで複数のデータセンターを運用しています。これにより、お客様は顧客や従業員に近い場所でアプリケーションをデプロイ、実行し、より幅広い市場で競争力を得ることができるようになっています。AWS と Google の提供地域を合わせても、Azure がサービスを提供している国と地域の広さには及びません。また、マイクロソフトは新しいインフラストラクチャを構築するために毎年数十億ドル規模の投資を行っており、Azure のクラウド プラットフォームでは現在 100 万を超えるサーバーを管理しています。アプリケーションの構築や実行にこのサーバー群をご利用いただけるため、お客様はクラウド プラットフォームの処理能力について気にすることなく、あらゆる規模にソリューションをスケーリングすることが可能です。 先日、ガートナーはクラウド IaaS のマジック クアドラント (英語) を公開し、その中でマイクロソフトは、IaaS 市場における「ビジョンの完全性 (Completeness of Vision)」と「実行能力 (Ability…

0

Azure Data Lake の紹介

このポストは、4 月 29 日に投稿された Introducing Azure Data Lake の翻訳です。 「データ レイク」は、業界でもまだ新しい概念です。データ レイクとは、要件やスキーマを正式に定義するまで、収集したあらゆる種類のデータを 1 か所にまとめて保存する全社規模のレポジトリのことです。データ レイクを活用することで、保存するデータをサイズ、構造、取り込み速度によって区別する必要がなく、要件やスキーマが定義されたら Hadoop や高度な分析機能を使用して、データのパターンを割り出すことができます。データ レイクはまた、保存されたデータをデータ ウェアハウスに移行する前の準備を行うための低コストのレポジトリとしても利用できます。 データ レイクは膨大な可能性を秘めているものの、まだ完全に実現されるには至っていません。ストレージ容量、ハードウェアの調達、スケーラビリティ、パフォーマンス、コストといった問題が重なり、お客様がデータ レイクを導入できていないのが現状です。先日の Build (英語) では、クラウド内のビッグ データの分析ワークロードに使用可能なマイクロソフトのハイパー スケール レポジトリである Azure Data Lake が発表されました。クラウド向けに構築された Azure Data Lake は、HDFS との互換性があり、無制限のスケーリングやきわめて高いスループットを実現し、エンタープライズ クラスの機能を備えています。   クラウド向け HDFS: Azure Data Lake は HDFS と互換性のある Hadoop ファイル システムで、Azure HDInsight などのマイクロソフト製品、Revolution-R Enterprise、Hortonworks や Cloudera…

0

BUILD で発表された Azure SQL Database プレビューの大規模な更新

このポストは、4 月 29 日に投稿された Azure SQL Database previews major updates for BUILD の翻訳です。 Azure SQL Database が更新され、SaaS とエンタープライズ アプリケーションが新たにサポートされました。ある調査では Azure SQL Database をご利用のお客様が 406% の投資回収率を記録したという実績が得られていますが、今回の更新では、Azure をデータ用およびアプリケーション用の最適なプラットフォームとする取り組みにおいて、さらに新たな進歩を遂げました。昨年 (英語)、マイクロソフトは Azure SQL Database に多数の新機能 (英語) やテクノロジを導入して安全性や信頼性を向上させ、最新のミッションクリティカルなクラウド アプリケーションのニーズに対応してきました。今回実施された変更では、安全性、パフォーマンス、生産性が向上したほか、新たに SaaS アプリケーションを開発するための機能がサポートされました。 これらの更新の成果により Azure SQL Database のユーザー数は増加し、現在では 100 万以上のデータベースが Azure で実行されています。あるお客様の場合、約 90 TB のデータを約 2,000 のデータベースで運用し、1 日に約 380,000 回のログインを処理しています。また、20 TB を超す量のデータを約…

0

Availability on Demand (AoD) でシームレスな Azure への移行を実現

このポストは、4 月 27 日に投稿された Seamless Migrations into Azure with Availability on Demand (AoD) の翻訳です。 Azure で新しいアプリケーションを作成することは中学校レベルの数学の問題と同じくらい簡単で、子供でもすぐにできます。しかし、使用中の運用環境の多階層ワークロードをパブリック クラウドに複製し、業務上の基幹的なトラフィックをクラウド上のコピーに移行するのは、微積分レベルの問題と同じくらい難しい作業です。しかし、Availability on Demand (AoD) を使用すれば、九九の問題のように簡単になります。物理環境、VMware、Hyper-V、または AWS のワークロードを Azure に移行する作業をほんの数分で実行することができます。 次の動画をご覧いただければ、VMware 仮想マシンを Azure に移行する作業がどれほど簡単かおわかりいただけるでしょう。   Migration Accelerator のパブリック プレビュー (英語) は非常に多くのお客様にご利用いただくことができました。この成功を受け、マイクロソフトはこの分野への取り組みを強化し、Migration Accelerator のユーザー インターフェイスを整理して、AoD ソリューションと統合させることを決定しました。これにより、AoD を使用して実行中のシステムを Azure に統合できるようになりました。AoD は Azure Site Recovery (ASR) の機能の 1 つとして実行され、運用中にレプリケーション エンジンとして動作します。ASR によりシステムが Azure に複製されると、DevTest、災害復旧、クラウド…

0

Azure SQL Database のビルトイン バックアップ機能と Import/Export サービスの比較

このポストは、4 月 15 日に投稿された Azure SQL Database: Built-in Backups vs Import/Export の翻訳です。 Azure SQL Database の Basic、Standard、Premium の各サービス レベルでは、ビルトインのバックアップ/復元機能が提供されています。この新機能を使用すると、災害復旧、予期しないデータ破損、削除されたデータの復旧に備えて手動でバックアップを実行する回数を、Import/Export サービスを使用するよりも減らすことができます。 次の表は、ビルトインのバックアップ/復元機能と Import/Export サービスの機能を簡単に比較したものです。   災害復旧への対応 PITR のサポート 運用上のオーバーヘッドがない トランザクションの定常的なバックアップ 追加コストが不要 オンプレミスへの復元 Export サービス × × エクスポートは外部からのトリガーが必要 バックアップ前に DB のコピーが必要 ストレージと追加の DB のコストが必要 ○ ビルトインのバックアップ機能 ○ ○ ○ ○ ○ ×   Azure SQL Database のビルトイン…

0