iOS 用オフライン同期 SDK の一般提供開始を発表

このポストは、3 月 10 日に投稿された Announcing General Availability of iOS Offline Sync SDK の翻訳です。 エレベーターに乗ったとたんにモバイル アプリの動作が止まって、うんざりした経験はありませんか? または、営業先の顧客のデータをすぐに確認しなければならないのに、電波が届かない場所にいて焦ってしまったことはありませんか? エンド ユーザーが本当に求めているのは、ネットワークが停止しているときでも動作してくれるアプリです。しかし、多くのアプリではデバイスがオフラインになると機能が制限されたり、まったく動作しなくなってしまいます。これは、同期機能を正確に実装することが困難であることが主な理由です。どの項目をデバイスでキャッシュする必要があるのか、どのようにすれば新しいデータを取得するタイミングをアプリで検知できるのか、ユーザーがオフライン中に更新したデータがローカルで既に編集されていた場合にどのような状態になるのかなど、さまざまなことを考慮する必要があるのです。 Mobile Services のオフライン同期機能ではこれらの問題を解決し、クロスプラットフォームのクライアント SDK によって、こうした複雑な状況にすべて対応できるようになっています。Mobile Services を使用すると、iOS、Android、Xamarin、Windows の各アプリでネイティブな同期エクスペリエンスを簡単に実装できます。 このたび、Mobile Services iOS 2.0 SDK (英語) の一般提供開始が発表され、新たな同期機能を iOS でネイティブに使用できるようになりました。オフライン同期機能は既に Windows、Xamarin iOS、Xamarin Android の各管理クライアント SDK で使用でき、また Android SDK はプレビュー版が使用可能です。Azure ポータルのクイックスタートも更新され、この機能をさらに簡単に使用できるようになっています。さらに、Windows、Xamarin iOS、Xamarin Android と併せて、iOS でも Objective-C のクイックスタートをオフラインで使用できるようになりました。 オフライン同期には、次のような多くのメリットがあります。 サーバーのデータをデバイスにキャッシュすることでアプリの応答性が向上 ネットワークで一時的な問題が発生した場合にも対応できる堅牢なアプリを構築可能 複数のデバイスの間で同期を実行し、2…


Azure Mobile Engagement のパブリック プレビューの提供を開始

このポストは、2 月 18 日に投稿された Azure Mobile Engagement now in Public Preview の翻訳です。 去る 2014 年 5 月、マイクロソフトは分析に基づくモバイル プッシュ通知を提供する業界トップクラスの Capptain 社を買収しました。 この Capptain の機能が Azure Mobile Engagement として生まれ変わり、このたびパブリック プレビューとして提供が開始されました。 このプレビュー版はマイクロソフトが進めるクラウド ファースト、モバイル ファーストの取り組みの一貫として開発され、このソリューションによってアプリ発行者やマーケティング担当者があらゆるユーザーと直接やり取りし、マーケティングにおけるコミュニケーションを完結できるようになっています。 Azure Mobile Engagement は SaaS として提供されるデータ主導型のユーザー エンゲージメント プラットフォームであり、リアルタイムでの詳細なユーザーのセグメント化、アプリ ユーザーの分析、コンテキストを考慮したスマート プッシュ通知やアプリ内メッセージングといった機能を、接続されたすべてのデバイスで利用できます。 Azure Mobile Engagement を活用することで、アプリ発行者やマーケティング担当者は以下のような画期的なやり取りを実現できます。 分析をリアルタイムに実行してアプリの使用率を向上 Azure Mobile Engagement では、ビッグ データの収集とリアルタイムでの処理を組み合わせることで、アプリ ユーザーの行動と顧客層データに沿ったエンゲージメント シナリオが創出されます。これにより、特定のビジネス ニーズに関連するほぼすべての質問への答えを導き出すことができます。たとえば、カスタム ダッシュボードを作成して…


モバイル用オフライン同期管理 SDK の一般提供開始を発表

このポストは、12 月 18 日に投稿された Announcing General Availability of Mobile Offline Sync Managed SDK の翻訳です。 最新のモバイル アプリを開発する際には、エンド ユーザーが必ずしもネットワークにアクセスできるわけではないという実態を考慮する必要があります。ネットワークにアクセスできない状況は、一時的なネットワーク障害の場合もあれば、モバイル アプリをよく使用する場所が接続の悪い遠隔エリアであるという場合もあります。また、モバイル デバイスのデータ プランは非常に高額になることもあり、ユーザーにはネットワーク通信量の少ないアプリが好まれます。しかし、オフライン時に適切な同期処理を実行するのは難しく、アプリの多くはオフラインでの使用に対応していません。 Azure Mobile Services では iOS、Android、Windows のアプリでネイティブな同期処理エクスペリエンスを簡単に使用することができます。この機能は JavaScript と .NET の両方のバックエンドで利用可能で、Windows Universal (英語)、iOS (英語)、Xamarin iOS、Xamarin Android、Android の各クライアントをサポートしています。 マイクロソフトはこのたび、Windows 用および Xamarin 用のオフライン管理クライアント SDK (英語) の一般提供開始を発表しました。なお、iOS 用と Android 用の SDK は近日中に一般提供の開始を予定しています。 オフライン同期には、次のような多くのメリットがあります。 サーバーのデータをデバイスにキャッシュすることで、アプリの応答性が向上 ネットワーク問題が発生しても使用できる、堅牢なアプリを作成可能 接続が悪いまたは接続できないなど、ネットワークにアクセス不可能な状況でもデータの作成や変更を実行可能 複数のデバイスの間で同期を実行し、2 つのデバイスで同一のレコードが変更された場合に競合を検出 データ プランに上限があるユーザーのネットワーク使用を制限…


Azure Mobile Services の Android SDK でのオフライン サポート

このポストは、8 月 7 日に投稿した Offline support in the Azure Mobile Services Android SDK の翻訳です。 前回のブログ記事では、新たに Future のサポートが導入された、Azure Mobile Services の新バージョン (アルファ版) の Android SDK についてご紹介しました。また、この他にオフライン機能がサポートされ、Android SDK がマネージ コードや iOS SDK と同等の機能を持つようになったことも簡単に説明しました。今回は、ToDo アプリをオフラインで使用できるようにする方法を段階的に追いながら、このアプリで必要な各機能を説明し、オフラインのサポートについて詳しくご紹介します。 要約: この記事では、新バージョンの Azure Mobile Services の Android SDK でリリースされた新機能を使用し、Azure ポータルからダウンロードしたクイックスタート アプリケーションを更新してオフラインで使用できるようにする方法を説明します。この記事で使用しているサンプル コードの全文はサンプル リポジトリ (英語) からダウンロードできます。また、SDK のソースはメイン リポジトリの Android ブランチ (英語) で確認できます。 準備 説明を開始する前に、クイックスタート…


ASP.NET の開発者が Azure Mobile Services に関心を持つべき理由

このポストは、7 月 11 日に投稿した Azure Mobile Services: why should ASP.NET developers care? の翻訳です。 Azure Mobile Services (英語) では、モバイル開発者は、クラウドでホストされたバックエンドをターンキー型の手法でアプリに追加できます。現在このサービスは、ASP.NET Web API を使用したバックエンド ロジックの記述を完全にサポートしています。Mobile Services には、ASP.NET でモバイル対応の API を構築する開発者向けに、次のような魅力的な機能が用意されています。 クライアント SDK による、あらゆるモバイル プラットフォームで利用できるターンキー バックエンド: Mobile Services では、すべての機能を備えたバックエンドを iOS、Android、Windows、Windows Phone、または HTML アプリにすばやく追加できます。また、Xamarin、Sencha、PhoneGap などのクロスプラットフォームのフレームワークを使用することも可能です。これらの各プラットフォームに対応するクライアント SDK が提供されているので、開発者はクラウドでホストされたバックエンドに各自のアプリケーションを簡単に接続できます。 ご利用のモバイル API に適したトップ クラスのホスティング: Mobile Services は Web API を使用して構築され、開発者はあらゆる Web API コントローラーをサービスに公開できます。Mobile…