API Management の Premium レベルの一般提供を開始

 このポストは、3 月 26 日に投稿された GA of API Management Premium Tier の翻訳です。 Azure API Management の Premium サービス レベルの一般提供が開始されました。一般提供版では SLA が完全適用となったほか、プレビュー版をご利用いただいていた方はお気付きになると思いますが、エンタープライズ クラスの機能がいくつか拡充されています。 複数の地域へのデプロイ API Management サービスのプロキシやポータルを、複数の地域に同時にプロビジョニングできるようになりました。これにより、お客様の海外顧客のレイテンシを軽減できると同時に、負荷を複数のインスタンスに分散することが可能になりました。 サービス レベルを Premium に変更するには、Azure 管理ポータルでインスタンスを表示し、[Scale] タブに切り替えます。変更が完了したら、API Management を利用するリージョンごとにインスタンスの数を選択します。 複数の Azure リージョンにデプロイする方法の詳細については、こちらのページ (英語) を参照してください。 複数のリージョンにデプロイすることのメリットを最大化するには、各リージョンでキャッシュを有効にし、業界標準の API CDN を取得します。これにより、遠隔地のリージョン間でのラウンドトリップが回避され、コストを抑えられます。また、ユーザーへの応答時間も大幅に短縮されます。   Azure Virtual Network と VPN のサポート 従来、オンプレミスのバックエンドへの接続では互いに証明書を使用して接続の安全性を確保する必要がありました。既に Premium レベルを利用しているお客様の場合は、代わりに Azure Virtual Network…


Azure API Management の Premium レベル

このポストは、2 月 5 日に投稿された Azure API Management Premium の翻訳です。  昨年 9 月に一般提供が開始された Azure API Management は、SLA で 99.9% の可用性が保証され、さまざまな規模やタイプのお客様にとって非常に大きな力となっています。ある大企業では、膨大な数の内部 API のカタログを開発者ポータルを活用して作成し、企業内の俊敏性や共同作業を促進するためにご利用いただいています。また、小規模な ISV では API エコノミーの一部として、API Management 経由でのデータやサービスの販売にご活用いただいています。 提供開始以来、お客様からは、大規模な API プログラムに対応できる容量、キャッシュ容量やスループットの増大、対応リージョンの拡大、ミッション クリティカルな API プログラムに対する SLA の強化など、さまざまな機能拡充のご要望をいただいていました。今回、Azure API Management に新たに Premium レベルのサービスを導入し、上記のご要望を実現すると共に以下のようなさらなる強化を行いましたのでお知らせいたします。 API 呼び出しを 1 ユニットあたり 10 億回に拡大、スループットを Standard レベルの 5 倍に強化 キャッシュ容量が 5GB に増加 SLA で…


Apiphany によるひらめき: Azure API Management の一般提供を開始

このポストは、9 月 10 日に投稿された The apiphany epiphany: GA’ing Azure API Management の翻訳です。 マイクロソフトは昨年 10 月、ワシントン D.C. に本社を置く、API 管理のスタートアップ企業 Apiphany 社の買収を発表しました。今回、この買収により導入された Azure API Management のプレビューが終了し、一般提供が開始されて SLA で 99.9% の可用性が保証されるようになります。 この買収の前に、私は同僚に対して API Management の説明を頻繁に行い、この新機能の価値をすばやく理解してもらえるようにさまざまなケースを想定したシナリオを作成しました。その中で、Apiphany によるひらめきとも呼ぶべき、新しい発見がいくつかありました。これらの発見は、すべてスケーリングおよびパートナーシップの促進に関するものでした。 パートナー エコシステムはインターネットの速さで成長 いわゆる「エンタープライズ」と言われる企業と共同で、またはその企業で仕事をした経験のある、IT ビジネスに携わる人ならだれでも、企業間 (B2B) プロジェクトにかかわるときには、プロジェクトの遂行プロセスが以前から変わっていないことにお気付きになると思います。通常、こうしたプロジェクトは両社の重役や経営幹部レベルの交渉から始まり、契約を作成して、ようやく API を構築して相手企業が使用できるように公開します。これはまったく新しいことではなく、数十年も前から変わっていません。このようなやり方は、過去のお客様や従業員の例を見返すと枚挙に暇がありません。 しかし、中には変化したこともあります。現在、ビジネスが変化する速度はますます速くなっています。このため、より迅速な対応が求められ、パートナーシップを短期間で有機的に形成する必要があります。SaaS エコシステムが爆発的に広まっていること、そして企業が最適な成長ソリューションをすばやく採用するようになっていることにより、統合作業は企業の開発者にとって朝食をとるように当たり前のことになっています。また、あなたの次のパートナーは大企業ではなくて、最初で行き詰っている1 人の開発者かもしれません。 大規模になっている現在のスケールに適応したパートナーシップを形成するうえで、俊敏性とオープン性への要求はさまざまな課題のもととなっています。その例を次に示します。 API 自体とその動作についてパートナーのチームでトレーニングを行い迅速に理解を深めてもらうにはどのようにすればよいか。 自社にアクセスする数千、数万、または数十万という数のパートナーをどのようにして管理するか。 パートナー側の導入プログラムの成否をどのように把握するか。 基盤となる中核のミッション クリティカルなシステムを不正使用や攻撃からどのようにして保護するか。 Azure API Management には次のような機能があるため、上記の問題すべての解決に役立ちます。…


開発者、IT プロフェッショナル、ビジネス リーダーのチャンスを最大限に広げるクラウド

このポストは、9 月 10 日に投稿された Enabling developers, IT Professionals and business leaders to maximize opportunities with cloud の翻訳です。 クラウド コンピューティングによってこれまでになかったチャンスが広がっていることは言うまでもありません。そしてその恩恵を受けているのは、IT プロフェッショナルや開発者だけに留まりません。Microsoft Azure 戦略の根幹にあるのは、新たなビジネス モデルの開発を目指すビジネスの意思決定者、最新のアプリケーション シナリオに取り組む開発者、既存のプラットフォームをクラウドに拡張したいと考える IT プロフェッショナルのすべてにメリットをもたらすサービスを提供することです。 マイクロソフトはこのたび、あらゆる業務を担うユーザーがクラウドによってもたらされるチャンスを最大限に活かせるように、新たなサービス群のリリースを発表しました。 Live Streaming と新しい Media Services のプレビューを全世界でリリース マイクロソフトはアムステルダムで開催された IBC 2014 (International Broadcasting Convention) に先立ち、以下のサービスの提供開始を発表しました。 Live Streaming: 2014 年冬季オリンピックや 2014 FIFA ワールド カップを世界各地の放送局にシームレスに配信した Live Streaming ソリューションと同水準のスケーラビリティ、稼働時間、信頼性を備えたプレビュー版の提供を全世界で開始しました。 Content Protection: プレミアム動画コンテンツの保護とマネタイズ化を実現する Content…


マイクロソフトが Apiphany を買収

このポストは、10 月 23 日に投稿された Microsoft Acquires Apiphany の翻訳です。 この度マイクロソフトは、API 管理プラットフォームの大手企業 Apiphany を買収したことを発表いたします。 クラウド コンピューティングの登場によって、アプリの拡張性に対するニーズがますます増大しており、これに伴い API の重要性も高まりつつあります。マイクロソフトでは、安全で信頼性の高い拡張性のある API を公開することにより、そうしたお客様のニーズにお応えします。今回買収した API 管理サービスにより、あらゆる規模の企業が独自のエンドポイントを公開したり、重要なデータやサービスへのアクセスを選択的に制限することができるようになります。 近日中に Windows Azure 内で API 管理サービスを公開する予定です。API エコシステムを拡大するために不可欠なテクノロジですので、公開をお楽しみに! Steven Martin ゼネラル マネージャー Windows Azure ビジネス & マーケティング