Ignite で発表された Azure のメリット

このポストは、5 月 4 日に投稿された Azure shines bright at Ignite! の翻訳です。 本日の Ignite では、マイクロソフトのクラウドおよびエンタープライズ部門のコーポレート バイス プレジデントを務める Brad Anderson が、今日のモバイル ファースト、クラウド ファーストの世界においてインテリジェント クラウド プラットフォームに求められる特徴についてご説明しました。その特徴とは、信頼性、柔軟性、統合です。Azure はこれらの性質を備え、急速な革新を遂げているプラットフォームで、過去 12 か月間に 500 を超える数の機能とサービスが追加されています。しかし、Azure の真の強みはその革新的なプラットフォームを活用してお客様やパートナー様が開発しているものにあります。3M (英語) 社では Azure でモバイル アプリケーション開発の時間を短縮し、Heineken (英語) 社はグローバル マーケティング キャンペーンを展開、GE Healthcare (英語) 社は安全で柔軟な医療アプリケーションを提供するなど、Azure を活用して多くのお客様がすばらしい成果を挙げています。 今回は、先日発表した Azure を使用してさらなるイノベーションを推進するための機能、Azure をデータセンターで有効活用する機能、クラウド、オンプレミス、ハイブリッドで一貫したエクスペリエンスを提供する機能の中から主なものをいくつかご紹介します。 データセンターでの Azure の利用 Azure が強力である理由として、ハイパースケールでの運用可能性と、実際に使用していくことによるテクノロジの強化が挙げられます。マイクロソフトは、ハイブリッドに対する信念と、クロスプレミスで高い一貫性を提供するというお約束を実現するべく、お客様が妥協することなくワークロードを実行する場所を柔軟に選択できるように、Azure テクノロジをオンプレミス ソリューションに統合しています。 本日発表された Microsoft Azure…

0

Build で発表された Azure の最新機能と技術革新をご紹介

このポストは、4 月 29 日に投稿された Azure peaks in the valley: New features and innovation の翻訳です。 Azure のあらゆる技術革新の中心にあるのは、開発者や独立系ソフトウェア ベンダーの要望に応えるというマイクロソフトの情熱です。本日の //build で発表した Azure サービスの新たな更新により、あらゆるタイプの開発者がさまざまなデバイスやプラットフォームに対応したクラウド アプリやクラウド サービスを柔軟に構築できるようになります。マイクロソフトは今回の更新によって、企業がデータから最大限の価値を引き出すことを可能にする予測分析およびインテリジェント アプリケーション向けの最も完全なプラットフォームを提供できるようになりました。 SQL Database の機能強化 今朝 Scott がステージ上でご紹介したとおり、SQL Database に対してさまざまな更新と機能強化を行いました。SaaS (サービスとしてのソフトウェア) アプリケーションの開発者は、SQL Database によって爆発的成長と収益性の高いビジネス モデルに同時に対応することができます。データベースのリソース消費量が予測できないワークロード向けには、プールしたリソースを複数のデータベースで利用できる柔軟なデータベース モデルのプレビュー版を導入します。ピーク時の需要に対応できるよう過剰にプロビジョニングするのではなく、柔軟なデータベース プールを利用して、予算の範囲内で数百または数千単位のデータベースでリソースを活用することができます。また、複数のデータベース全体のコストとパフォーマンスを制御できる購入モデルにより、コスト効率を高めることができます。SQL Database を使用して数多くのデータベースを管理する方法の詳細については、こちらを参照してください。 また、SQL Server の機能との互換性がほぼ完全になったことで、高負荷のワークロードの実行が可能になり、堅牢かつミッションクリティカルなクラウド アプリケーションを構築したり、既存のオンプレミス SQL Server のデータベースを Azure SQL Database に移行するためのプログラム可能な領域が提供されます。本日より、Azure SQL Database 用…

0

RSA カンファレンスで Azure のセキュリティのさらなる進化を発表

このポストは、4 月 21 日に投稿された Furthering Azure Security at the RSA Conference の翻訳です。 本日開催された RSA カンファレンス (英語) において、マイクロソフトの Trustworthy Computing (信頼できるコンピューティング) 担当コーポレート バイス プレジデントを務める Scott Charney が、クラウドでの透明性と制御の向上をテーマとした基調講演を行いました。Scott Charney の基調講演をまとめた記事は、マイクロソフト公式ブログ (英語) で公開されています。この講演では、お客様により優れた透明性と制御を提供するためにマイクロソフトが行っている取り組みや、Azure に関連するニュースが発表されました。その一部をここでご紹介します。 今後導入予定の Azure サービスおよびパートナー ソリューションでは、格納中のデータを暗号化する Key Vault の統合により、パスワードやその他の機密情報の安全性が向上します。Key Vault は 1 月からプレビューとして提供中で、お客様やパートナーの皆様から強い関心をお寄せいただいています。 Barracuda、Check Point、Fortinet、Websense、Palo Alto Networks、F5、Alert Logic などの業界大手企業と協力して、ロード バランサー、WAN オプティマイザー、ネットワーク セキュリティ アプライアンスなどの各種アプライアンスを Azure でサポートするために取り組んでいます。 このカンファレンスでマイクロソフトが開設したブースには、Azure…

0

簡単に利用可能なハイブリッド クラウド: Availability on Demand で Azure に簡単に接続

このポストは、3 月 26 日に投稿された Hybrid Cloud without the Hassle, Simply Connect to Azure with Availability on Demand の翻訳です。 クラウド利用において可用性とは、災害復旧の点で重要なばかりでなく、データセンターとクラウド間の安全な接続や価値創造の基礎という点でも重要なものです。このたびマイクロソフトは、ハイブリッド環境と異種混在環境向けに、Azure に包括的な Availability on Demand 機能を追加することを発表しました。この機能により企業の皆様は、開発/テスト、クラウドによる高負荷対応、移行、レポート生成/分析、復旧、バックアップ、長期のデータ保持といったさまざまな目的に、クラウドのほぼ無制限のコンピューティング能力とストレージ容量を活用できるようになります。 マイクロソフトはこのサービスを通じて、オンプレミスの資産と Azure を合わせた他にはない単一の統合ソリューションを提供します。これによりいくつものソリューションを管理する手間を省き、複数のクラウド プロバイダーを組み合わせる必要もなくなります。環境に Hyper-V (英語)、物理サーバー (プレビュー) や VMware (プレビュー) の資産が含まれている場合でも、Availability on Demand を使用すると、ほんの数クリックで Azure の機能を利用することができます。Availability on Demand を使用してデータセンターを Azure に接続するだけで、必要に応じて自社のデータとアプリケーションを Azure から使用できるようになります。 セカンダリ DR サイトの構築と保守の必要がありません。 テープによるバックアップが不要で、Azure で最長 99 年間バックアップ データを保持できるため、時間とコストを節約できます。…

0

Microsoft Azure のネットワーク セキュリティに関するホワイトペーパーの第 3 版を公開

このポストは、3 月 2 日に投稿された Microsoft Azure Network Security Whitepaper version 3 is now available の翻訳です。 今回更新されたホワイトペーパーでは、お客様が Azure のネイティブなネットワーク セキュリティ機能を使用して情報資産を保護する方法について説明しています。 Microsoft Azure のネットワーク セキュリティに関するホワイトペーパー (第 3 版) の全文はこちらのリンクからダウンロードできます。今回の更新版では 2015 年 1 月時点で利用可能な機能について扱っています。主な内容は下記のとおりです。 お客様のインフラストラクチャをパブリック クラウドで論理的に分離することは、セキュリティを維持するうえでの原則となっています。このため、Azure では分散型の仮想ファイアウォールを使用しています。お客様は論理的に分離された複数のプライベート ネットワークを複数デプロイすることができます。下位レベルで分割されたこのようなネットワークは、通常、次の 2 種類のいずれかに該当します。 デプロイメント ネットワーク: それぞれのデプロイメントはネットワーク レベルで相互に分離されています。あるデプロイメントの中に存在する複数の VM は、プライベート IP アドレスを使用して相互に通信できます。 仮想ネットワーク: 仮想ネットワークは他の仮想ネットワークから分離されています。同一サブスクリプション内に存在する複数のデプロイメントは、同一の仮想ネットワークに配置することができます。この場合、各デプロイメントはプライベート IP アドレスを使用して相互に通信できます。   図 1: 仮想ネットワーク トポロジの例。Azure でホストされている分離された多層型…

1

Linux 上で動作する初の Azure ホストサービス

このポストは、2 月 18 日に投稿された The first Azure hosted service that runs on Linux の翻訳です。 マイクロソフトは「Strata + Hadoop World」カンファレンスにおいて、Linux 上で動作する Azure HDInsight のプレビュー版を発表 (英語) しました。 Azure ギャラリーでは既に 6 種類の Linux ディストリビューションをサポートしており、Azure にデプロイされた 5 台のお客様の Virtual Machines のうち 1 台は Linux を実行しています。今回の Linux 向け Azure HDInsight プレビューの提供開始により、Ubuntu Linux Virtual Machines で動作する Azure ホスト サービスのデプロイ、ホスト、管理が可能になりました。これにより今後 HDInsight では、Ubuntu 上で動作し…

0

TechEd Europe 最新情報: Microsoft Azure の簡易性、スケーラビリティ、革新性の強化を発表

このポストは、10 月 28 日に投稿された Exciting updates to Microsoft Azure at TechEd Europe, enabling simplicity, scale and innovation の翻訳です。 多くの企業にとって最大の懸案事項となっているのは、クラウドの活用であることは間違いありません。クラウドの活用を検討するきっかけとしては、効率の改善やビジネス モデルの革新などさまざまな理由が考えられますが、何よりも重視されるのはアジリティ (機敏性) の確保です。運用効率改善のためにも、技術革新のためにも、そして IT 担当者、企業、エンド ユーザーの生産性向上のためにも、アジリティは非常に重要な要素です。Microsoft Azure が目指しているのは、マイクロソフトのお客様である皆様をサポートし、皆様のビジネスを前進させることです。 これを実現するべく、先日からスペインのバルセロナで開催されている TechEd Europe では、Microsoft Azure の簡易性、スケーラビリティ、革新性を向上させる新しい機能が複数発表されました。 企業向けのエクスペリエンスをさらに強化 企業向けアプリケーションは、顧客の需要に対応できるように応答時間が短く、かつ予測可能であることが求められます。先日、マイクロソフトのクラウドおよびエンタープライズ担当エグゼクティブ バイス プレジデントの Scott Guthrie が、パブリック クラウド最大の Virtual Machines サイズとなる G シリーズの Virtual Machines の提供開始を発表しました。このシリーズは高負荷のデータ ワークロードに最適化されているほか、最先端の Intel Xeon プロセッサを使用しており、最大 32 個の…

0

Azure Websites、ロール、および Virtual Machines で SSL 3.0 を無効化する方法

このポストは、10 月 19 日に投稿した How to Disable SSL 3.0 in Azure Websites, Roles, and Virtual Machines の翻訳です。 マイクロソフトは、SSL 3.0 の脆弱性の解決にお役立ていただける、セキュリティ アドバイザリ 3009008 を公開しました。これは SSL 3.0 プロトコル自体に影響を及ぼす脆弱性で、業界全体に関連するものであり、特定のマイクロソフト製品や Azure でこのプロトコルを実装する場合に特有のものではありません。Azure Websites、ロール、および Windows の Virtual Machines では、このプロトコルが既定で有効になっています。 サーバーについても SSL 3.0 を無効化することができます。この場合、より強力な TLS プロトコルをすべての接続で使用する必要があり、SSL 3.0 のみをサポートしている古いブラウザーをお使いのユーザーがサーバーに接続できなくなるため、注意が必要です。 マイクロソフトは、お客様が Azure Websites、ロール、および Virtual Machines で SSL 3.0 を無効化する方法のガイドを公開しました。ロールおよび Virtual Machines は、お客様の手でこのプロトコルを無効化できます。Azure Websites…

0

Azure VM 固有 ID のアクセスと使用

このポストは、10 月 13 日に投稿した Accessing and Using Azure VM Unique ID の翻訳です。 マイクロソフトは先日、Azure VM 固有 ID のサポートを開始しました。Azure VM 固有 ID は 128 ビットの識別子で、エンコードされすべての Azure IaaS VM の SMBIOS に保存されており、プラットフォームの BIOS コマンドを使用して読み取ることができます。 この識別子は、VM が Azure で実行されている場合とオンプレミスで実行されている場合のどちらでも使用可能で、Azure IaaS 環境で必要となるライセンス認証、レポート生成、一般的な追跡の実施を支援します。多くの独立系ソフトウェア ベンダーおよびパートナーは、アプリケーションを構築したり Azure での認定を受けたりするうえで、そのライフサイクル全体で Azure VM を識別し、VM が Azure、オンプレミスまたはその他のクラウド プロバイダーのうちどの環境で実行されているかを把握することが必要な場合があります。このプラットフォーム識別子は、たとえば、ソフトウェアのライセンスが適切に認証されているかを検出したり、任意の VM データをそのソースに関連付けて各メトリックを正しいプラットフォームに設定したり、それらのメトリックを追跡して他のユーザーとの間で関連付けたりする場合などに役立ちます。 この固有 ID は変更することはできず、クエリの発行先としてのみ使用可能です。2014 年 9 月 18…

0

D シリーズのパフォーマンス制限

このポストは、10 月 6 日に投稿された D-Series Performance Expectations の翻訳です。 新しい D シリーズの VM は、高速なローカル (一時) ストレージまたは CPU を必要とするアプリケーションで優れたパフォーマンスを実現します。ただし、最適なパフォーマンスを得るためには、システムが構成されるしくみについて多少理解することが重要です。 クラウドは共有環境であるため、VM の大半は 1 つ以上の他の VM とサーバーを共有しています。1 つの VM が共有リソースを妥当な分量以上に使用することを防ぐため、VM が利用できる仮想 CPU のコア数、RAM、ローカル ディスクの容量、IO スループットには VM の種類に応じて制限が適用されています。これらの制限により、すべてのユーザーがシステムから一貫性の高い予測可能なパフォーマンスを得ることができます。 新しい D シリーズには、VM の種類に応じてローカル SSD に以下のようなコア数と RAM が割り当てられ、容量およびパフォーマンスの制限が適用されています。 名称 コア メモリ (GB) ローカル SSD のサイズ (GB) ローカル SSD の最大 IOPS ローカル SSD…

0