BUILD で発表された Azure SQL Database プレビューの大規模な更新

このポストは、4 月 29 日に投稿された Azure SQL Database previews major updates for BUILD の翻訳です。 Azure SQL Database が更新され、SaaS とエンタープライズ アプリケーションが新たにサポートされました。ある調査では Azure SQL Database をご利用のお客様が 406% の投資回収率を記録したという実績が得られていますが、今回の更新では、Azure をデータ用およびアプリケーション用の最適なプラットフォームとする取り組みにおいて、さらに新たな進歩を遂げました。昨年 (英語)、マイクロソフトは Azure SQL Database に多数の新機能 (英語) やテクノロジを導入して安全性や信頼性を向上させ、最新のミッションクリティカルなクラウド アプリケーションのニーズに対応してきました。今回実施された変更では、安全性、パフォーマンス、生産性が向上したほか、新たに SaaS アプリケーションを開発するための機能がサポートされました。 これらの更新の成果により Azure SQL Database のユーザー数は増加し、現在では 100 万以上のデータベースが Azure で実行されています。あるお客様の場合、約 90 TB のデータを約 2,000 のデータベースで運用し、1 日に約 380,000 回のログインを処理しています。また、20 TB を超す量のデータを約…

0

Ignite で発表された Azure のメリット

このポストは、5 月 4 日に投稿された Azure shines bright at Ignite! の翻訳です。 本日の Ignite では、マイクロソフトのクラウドおよびエンタープライズ部門のコーポレート バイス プレジデントを務める Brad Anderson が、今日のモバイル ファースト、クラウド ファーストの世界においてインテリジェント クラウド プラットフォームに求められる特徴についてご説明しました。その特徴とは、信頼性、柔軟性、統合です。Azure はこれらの性質を備え、急速な革新を遂げているプラットフォームで、過去 12 か月間に 500 を超える数の機能とサービスが追加されています。しかし、Azure の真の強みはその革新的なプラットフォームを活用してお客様やパートナー様が開発しているものにあります。3M (英語) 社では Azure でモバイル アプリケーション開発の時間を短縮し、Heineken (英語) 社はグローバル マーケティング キャンペーンを展開、GE Healthcare (英語) 社は安全で柔軟な医療アプリケーションを提供するなど、Azure を活用して多くのお客様がすばらしい成果を挙げています。 今回は、先日発表した Azure を使用してさらなるイノベーションを推進するための機能、Azure をデータセンターで有効活用する機能、クラウド、オンプレミス、ハイブリッドで一貫したエクスペリエンスを提供する機能の中から主なものをいくつかご紹介します。 データセンターでの Azure の利用 Azure が強力である理由として、ハイパースケールでの運用可能性と、実際に使用していくことによるテクノロジの強化が挙げられます。マイクロソフトは、ハイブリッドに対する信念と、クロスプレミスで高い一貫性を提供するというお約束を実現するべく、お客様が妥協することなくワークロードを実行する場所を柔軟に選択できるように、Azure テクノロジをオンプレミス ソリューションに統合しています。 本日発表された Microsoft Azure…

0

Build で発表された Azure の最新機能と技術革新をご紹介

このポストは、4 月 29 日に投稿された Azure peaks in the valley: New features and innovation の翻訳です。 Azure のあらゆる技術革新の中心にあるのは、開発者や独立系ソフトウェア ベンダーの要望に応えるというマイクロソフトの情熱です。本日の //build で発表した Azure サービスの新たな更新により、あらゆるタイプの開発者がさまざまなデバイスやプラットフォームに対応したクラウド アプリやクラウド サービスを柔軟に構築できるようになります。マイクロソフトは今回の更新によって、企業がデータから最大限の価値を引き出すことを可能にする予測分析およびインテリジェント アプリケーション向けの最も完全なプラットフォームを提供できるようになりました。 SQL Database の機能強化 今朝 Scott がステージ上でご紹介したとおり、SQL Database に対してさまざまな更新と機能強化を行いました。SaaS (サービスとしてのソフトウェア) アプリケーションの開発者は、SQL Database によって爆発的成長と収益性の高いビジネス モデルに同時に対応することができます。データベースのリソース消費量が予測できないワークロード向けには、プールしたリソースを複数のデータベースで利用できる柔軟なデータベース モデルのプレビュー版を導入します。ピーク時の需要に対応できるよう過剰にプロビジョニングするのではなく、柔軟なデータベース プールを利用して、予算の範囲内で数百または数千単位のデータベースでリソースを活用することができます。また、複数のデータベース全体のコストとパフォーマンスを制御できる購入モデルにより、コスト効率を高めることができます。SQL Database を使用して数多くのデータベースを管理する方法の詳細については、こちらを参照してください。 また、SQL Server の機能との互換性がほぼ完全になったことで、高負荷のワークロードの実行が可能になり、堅牢かつミッションクリティカルなクラウド アプリケーションを構築したり、既存のオンプレミス SQL Server のデータベースを Azure SQL Database に移行するためのプログラム可能な領域が提供されます。本日より、Azure SQL Database 用…

0

Azure SQL Database で Row-Level Security を使用してより安全性の高い中間層アプリケーションを構築する

このポストは、3 月 2 日に投稿された Building More Secure Middle-Tier Applications with Azure SQL Database using Row-Level Security の翻訳です。 Azure SQL Database で、プログラミング可能な機能である Row-Level Security (RLS) が新たにプレビューとしてリリースされました。この機能は最新バージョン (英語) の SQL Database (V12) のデータベースすべてで使用できます。Row-Level Security では、データベース テーブルの行単位で細かくアクセスを制御できます。これにより、複数のユーザーで同じテーブルを共有する際の不正アクセスを防止し、またマルチテナント アプリケーションに接続フィルターを実装することができます。この記事では、Azure SQL Database で RLS を使用した安全性の高いマルチテナントの中間層アプリケーションを構築するうえでの基礎を説明します。 ここからは、顧客企業が自社の売上を追跡できる 3 階層の e コマース SaaS ソリューションを例にして考えていきます。顧客は中間層アプリケーションを通じてのみ売上データにアクセス可能であり、この例のソリューションでは効率を考慮しデータ階層にマルチテナント アーキテクチャを採用しています。このため、すべてのテナント (顧客) の売上データは同じデータベース、同じテーブルに格納されます。 dbo.Sales OrderId SKU Price TenantId 1…

2

継続的な技術革新: マイクロソフトが Storage、Azure SQL Database、ID およびアクセス管理、Media Services に関する更新を発表

このポストは、12 月 11 日に投稿された Continued Innovation: Microsoft announces updates across Storage, Azure SQL Database, Identity and Access Management and Media Services の翻訳です。 今日、企業の従業員はかつてないほど活発にモバイルを利用し、技術的な知識を身に付けています。そして企業は従業員がいつでもどこでも、好きなデバイスを利用して生産性を維持できるように尽力しています。これを実現するためには、柔軟性、スピード、信頼性を備えたクラウド ソリューションが欠かせません。今回、マイクロソフトはエンタープライズ向けサービスを強化し、Storage、Azure SQL Database、Azure Active Directory などの多数の Azure サービスに新機能や機能強化を実施しました。   ハイ パフォーマンス ワークロードに対応するPremium Storage プレビュー版 10 月 20 日に Scott Guthrie が多数のクラウドの技術革新について発表しましたが、その中には Premium Storage も含まれていました。今回、このサービスのプレビュー版の提供が開始されました。Premium Storage は、入出力処理の負荷が高いワークロードのサポートを目的としており、最新のテクノロジであるソリッド ステート ドライブ (SSD) にデータを保存し、VM 1 台につき最大…

0

Azure DocumentDB での日付の処理

このポストは、11 月 19 日に投稿された Working with Dates in Azure DocumentDB の翻訳です。 JSON (www.json.org) は、人間にとって解読、記述しやすく、機械にとっても解析、生成しやすい軽量のデータ交換形式です。JSON は DocumentDB の中核となるものであり、データの転送には JSON が使用されます。JSON は JSON として格納され、JSON ツリーにインデックスを作成することで JSON ドキュメント全体に対するクエリを実行できます。JSON は製品に後付けされたものではなく、サービスの根幹を成すものです。 そのため、DocumentDB によってネイティブにサポートされているデータ型 (文字列、数値、ブール値、配列、オブジェクト、Null) が JSON と同じであるのも当然だと言えます。 .NET 開発者は、使い慣れた一部の型が含まれていないことにお気付きでしょう。おそらく、特筆すべきなのは .NET DateTime 型です。DocumentDB で DateTime 型がネイティブにサポートされていないのなら、DateTime 型についてどのように格納、取得、クエリで使用するのでしょうか。 この記事では、その方法についてご説明します。 サンプルとして、以下の POCO オブジェクトを使用することにします。 public class Order{    [JsonProperty(PropertyName=”id”)]    public string OrderNumber { get; set;…

0

Azure DocumentDB – ドキュメントの一括追加とクエリ構文の強調表示

このポストは、11 月 12 日に投稿された Azure DocumentDB – Bulk Add Documents and Query Syntax Highlighting の翻訳です。 Azure DocumentDB は、完全に管理された NoSQL ドキュメント データベース サービスです。このほど、この DocumentDB の管理エクスペリエンスを改善するすばらしい機能がリリースされました。新しい Azure ポータル (https://portal.azure.com) には、次の機能が追加されています。 ドキュメントの一括追加 – Document Explorer を使用して、既存の複数の JSON ドキュメントをアップロードします。 クエリ構文の強調表示 – Query Explorer でキーワードと値を強調表示します。 クエリ エクスペリエンスの向上 – Results ブレードを閉じなくても、クエリを編集し、再実行することができます。 これらの新機能については追加情報をお読みになるか、実際に DocumentDB をお試しください。 ドキュメントの追加 Document Explorer を使用すると、JSON ドキュメントを簡単に作成、編集、削除することができます。DocumentDB の Account、Database、Collection…

0

SQL Server のデータを Azure Search と同期する方法

このポストは、11 月 10 日に投稿された How to Sync SQL Server Data with Azure Search の翻訳です。 SQL Server データベース内に存在するデータを Azure Search に拡張する方法について、ユーザーの皆様からご質問を数多くいただいています。このことから、フルテキストを利用したサービスをオンプレミスの SQL Server データベースからクラウドに移行することや、Azure Search の高度な検索機能を利用することをお望みのお客様が多数いらっしゃるのだと考えられます。 データの変更をほぼリアルタイムに検索エンジンに反映させることが必要なケースは珍しくありませんが、変更された行の追跡は適切に行わないと演算処理の負荷が高くなることがあるため、これは簡単なことではありません。この記事では、SQL Server に組み込まれている変更の追跡機能を使用して、データの変更を効率的に SQL Server から Azure Search に同期する方法について説明します。変更の追跡は SQL Server の内部機能で、ユーザー テーブルに対する変更 (Insert、Update、Delete) を追跡します。また、データベースのパフォーマンスへの影響を非常に小さく抑えながら、変更の追跡や検出を効率よく実行できます。 以降では、筆者が Codeplex (英語) で公開しているサンプルを使用しながら説明を進めます。   要件 今回のチュートリアルでは、下記のそれぞれが利用可能であることが前提条件となっています。 SQL Server 2008 またはそれ以降 注: 既定のデータベース構成および SQL Server…

0

Azure SQL Database に画期的なビジネス継続性と災害復旧管理を導入

このポストは、11 月 10 日に投稿された Azure SQL Database introduces breakthrough business continuity and Disaster Recovery administration の翻訳です。 先日、Azure SQL Database のビジネス継続性機能に画期的な視覚化エクスペリエンスが導入されました。地理レプリケーションのセットアップと管理が、これまで以上に簡単かつ直観的に行えるようになります。Azure 管理ポータル プレビューを使用することで、標準地理レプリケーションおよびアクティブ地理レプリケーションをインタラクティブなマップ コントロール上で直接構成、管理できます。また、このマップ コントロールでは、レプリケーションの状態に関するフィードバックがリアルタイムで提供されます。操作は非常に簡単です。マップ上をクリックするだけで、プライマリ データベースを地域的な災害から保護するために、あるいは読み取りワークロードの負荷分散を行うために、地理レプリケーションがサポートされたセカンダリ拠点を作成できるようになりました。さらに、この画期的なエクスペリエンスにより、IT 部門やアプリケーション開発者による管理の負荷がほとんどなくなります。 Premium および Standard レベルのデータベースのブレードには、[Geo-replication] のセクションがありますが、ここでは、インタラクティブなマップを表示して、セカンダリ拠点の場所を簡単に選択することができます。Standard レベルのデータベースの場合は、推奨された場所にセカンダリ拠点を 1 つのみ作成できます。Premium レベルのデータベースの場合は、マップ上の任意のリージョンに最大 4 つのセカンダリ拠点を作成できます。 選択したリージョンに論理サーバーが存在しない場合は、UI を使用して新しい論理サーバーを簡単に作成することができます。次の例では、3 つの異なる地域に 3 つのセカンダリ拠点を構成し、地理レプリケーションの中継状態を表示しています。アクティブ地理レプリケーションの場合、すべてのセカンダリ拠点が読み取り可能であるため、災害対策以外に、アプリケーションでローカルの読み取り専用トラフィックの負荷分散を行うこともできます。 次の動画では、地理レプリケーションのオプションを選択し、データベース用に構成し、災害時にフェールオーバーを行う一連のワークフローを紹介しています。 現在、アクティブ地理レプリケーションおよび標準地理レプリケーションの両方の機能の一般提供が開始されています。ぜひこのポータルをお試しいただき、ご意見をお聞かせください。これらの機能の詳細については、以前のブログ記事でご紹介しています。7 月 12 日のアクティブ地理レプリケーションと、9 月 3 日の標準地理レプリケーションの記事をご覧ください。

0

Azure DocumentDB: Azure 管理ポータルでのドキュメントの編集とクエリ実行

このポストは、11 月 7 日に投稿された Azure DocumentDB – edit and query documents in the Azure portal の翻訳です。 DocumentDB の管理エクスペリエンスをさらに向上させるために、多数の優れた機能強化がリリースされています。10 月 23 日のポータルの更新では、https://portal.azure.com で次の新機能を利用できるようになりました。 ドキュメントの CRUD 操作 – ドキュメントの作成、編集、削除 ドキュメントのフィルター処理および更新 – Document Explorer の結果のフィルター処理、更新 Query Explorer – DocumentDB の SQL クエリの作成、実行 以下では、これらの新機能についてそれぞれ詳細をご紹介します。   ドキュメントの CRUD 操作 Document Explorer の機能が強化され、ドキュメントを作成、編集、削除できるようになりました。ドキュメントを作成するには、[Create Document] コマンドをクリックします。最低限の JSON スニペットが表示されます。 ID を入力しない場合、Document Explorer によって自動的に…

0