Azure SQL Database のポイントインタイム リストア

このポストは、10 月 1 日に投稿された Azure SQL Database Point in Time Restore の翻訳です。 ビジネス継続性に関するシリーズの最終回となる今回は、「ポイントインタイム リストア」について説明します。これはセルフサービス型の復元機能で、Basic、Standard、Premium の各レベルのデータベースで使用できます。前回の記事では、ポイントインタイム リストアを含む Azure SQL Database のビジネス継続性モデルについて説明しました。下記の表は、このモデルをまとめたものです。このモデルにおいてポイントインタイム リストアは、不意のデータ破損やデータ削除が発生した場合、それ以降の直近のバックアップからデータベースを復元することを目的として設計されています。 BCDR オプション Basic レベル Standard レベル Premium レベル ポイントインタイム リストア 7 日間以内の任意の復元ポイント 14 日間以内の任意の復元ポイント 35 日間以内の任意の復元ポイント 地理リストア (Geo-Restore) RTO < 24 時間 RPO < 24 時間 RTO < 24 時間 RPO < 24 時間…

1

Azure SQL Database の地理リストア (Geo-Restore)

このポストは、9 月 13 日に投稿された Azure SQL Database Geo-Restore の翻訳です。 この記事では、Azure SQL Database のビジネス継続性および災害復旧 (BCDR) 機能を紹介するシリーズとして、地理リストア (Geo-restore) について説明します。前回の標準地理レプリケーションの記事では、それぞれのサービス レベルでどのようなビジネス継続性機能が提供されているかについて説明しました。次の表は、それを簡単にまとめたものです。 BCDR オプション Basic レベル Standard レベル Premium レベル 特定時点への復元 (「うっかりミス」の復旧) 7 日間以内の任意の復元ポイント 14 日間以内の任意の復元ポイント 35 日間以内の任意の復元ポイント 地理リストア RTO < 24 時間* RPO < 24 時間 RTO < 24 時間* RPO < 24 時間 RTO < 24 時間*…

0

Azure SQL Database の更新情報: 新しいサービス レベルへの容易なアップグレード、パフォーマンスの向上、Basic データベースで PITR (ポイントインタイム リストア) をサポート、すべてのサービス レベルで自動エクスポートをサポート

このポストは、7 月 8 日に投稿した Azure Update: SQL Database: Easy upgrade to new service tiers, performance improvements, PITR for Basic, and Automated Export for all service tiers の翻訳です。 Scott Guthrie は 4 月下旬に、SQL Database の新たなサービス レベルである Basic、Standard、Premium の新機能についてブログ (英語)  ( 翻訳: SATO NAOKI ブログ : Azure: SQL Databaseの99.95% SLA、500GB DBサイズ、パフォーマンス改善、セルフサービス復元、ビジネス継続性 )でご紹介しました。これらのサービス レベルは現在プレビュー版として利用可能で、データベース パフォーマンスの予測可能性を提供することに重点を置いて設計されました。これらの新しいサービス レベルでは、パフォーマンスの向上と豊富なビジネス継続性機能を提供し、皆様はこれらを活用することより、ご利用のアプリケーション、予算、ビジネスのニーズに合わせてデータベースの性能を調整できるようになります。新しいサービス レベルをお試しいただくには、Azure プレビュー ポータルでアカウントを登録する必要があります。…

0