業界トップのクラウド アナリストがマイクロソフトに転身した理由  

このポストは、6 月 9 日に投稿された Why this top cloud analyst moved to Microsoft の翻訳です。 私はこの 6 年間 Forrester Research (英語) に勤め、企業の IT 担当者やテクノロジ リーダーを対象に、クラウドによる動き、つまり、クラウドのメリットやクラウドがビジネスとユーザーにどのような変化をもたらすかを理解できるようにサポートを行ってきました。その中で、大きく混乱する IT 市場の最前線に接し、破壊的とも言える企業の IT 部門への影響を目の当たりにできたのは、私にとってたいへん貴重な経験でした。 今年の初めに、私はクラウドとの関係を次の段階に進めることを決意しました。これまでのように、ただ単にクラウド プラットフォームの最適な活用方法をアドバイスするのではなく、変化のためにさらに積極的な役割を果たせるようになりたいと考えるようになりました。そういうわけで、私はマイクロソフトの Cloud + Enterprise エンジニアリング チームに加わることにしたのです。 チーフ ストラテジストとなった私の仕事は、お客様の既存のオンプレミス資産と新しいクラウドのメリットをどのように組み合わせれば最適かを提案することでした。また、お客様のニーズを的確に理解し、マイクロソフトの製品、サービス、戦略的構想によって適切な対応をとれるようにすることも私の責任です。 私がなぜマイクロソフトを選んだのか。興味を持たれる方もいらっしゃるかと思います。この記事では、このマイクロソフトへの転身が私にとって、そしてお客様にとって最も素晴らしい選択であった理由についてご説明したいと思います。 この 10 年間は、クラウド プラットフォームとクラウド サービスにとって形成期といえる時期でした。形成期の特徴は、新興企業や企業の部署、DevOps (英語) チームが率先して導入を進めるところです。新技術の多くも形成期に同様のプロセスをたどりますが、これらの技術が成功してきたのは、ユーザーによる多大な負担があったからこそです。ユーザーはクラウドからさまざまな新しい価値を得られることを知り、その成果を得るために積極的に取り組み、まだ未熟な状態の最新技術の利用に耐えたのです。 その一方、より高度なエンタープライズ クラスのソリューションや堅牢で実績のある製品を求める企業は、この新技術の重要性を軽視しました。社内での利用を拒否し、独自の代替策 (英語) を追及したのです (私は 2008 年にこの代替策を表現する言葉として、クラウドのように見せかけるという意味の「クラウドウォッシング」という造語を作りました)。しかし、デジタルの混迷期に入ると、新たな評価の視点が生まれました (英語)。これは、従来の製品やソリューションでは到底太刀打ちできないものでした。たとえ新たなテクノロジに従来製品を適応させ、組み込むことができたとしても、その新たなテクノロジにはさらに次々と新しい価値が付加されていきます。企業のニーズに合わせて成熟していくスピードには対抗できません。昨年、クラウド コンピューティング市場はこの段階へと足を踏み入れたのです。 Forrester 時代の同僚である JP Garbani…

0

Build で発表された Azure の最新機能と技術革新をご紹介

このポストは、4 月 29 日に投稿された Azure peaks in the valley: New features and innovation の翻訳です。 Azure のあらゆる技術革新の中心にあるのは、開発者や独立系ソフトウェア ベンダーの要望に応えるというマイクロソフトの情熱です。本日の //build で発表した Azure サービスの新たな更新により、あらゆるタイプの開発者がさまざまなデバイスやプラットフォームに対応したクラウド アプリやクラウド サービスを柔軟に構築できるようになります。マイクロソフトは今回の更新によって、企業がデータから最大限の価値を引き出すことを可能にする予測分析およびインテリジェント アプリケーション向けの最も完全なプラットフォームを提供できるようになりました。 SQL Database の機能強化 今朝 Scott がステージ上でご紹介したとおり、SQL Database に対してさまざまな更新と機能強化を行いました。SaaS (サービスとしてのソフトウェア) アプリケーションの開発者は、SQL Database によって爆発的成長と収益性の高いビジネス モデルに同時に対応することができます。データベースのリソース消費量が予測できないワークロード向けには、プールしたリソースを複数のデータベースで利用できる柔軟なデータベース モデルのプレビュー版を導入します。ピーク時の需要に対応できるよう過剰にプロビジョニングするのではなく、柔軟なデータベース プールを利用して、予算の範囲内で数百または数千単位のデータベースでリソースを活用することができます。また、複数のデータベース全体のコストとパフォーマンスを制御できる購入モデルにより、コスト効率を高めることができます。SQL Database を使用して数多くのデータベースを管理する方法の詳細については、こちらを参照してください。 また、SQL Server の機能との互換性がほぼ完全になったことで、高負荷のワークロードの実行が可能になり、堅牢かつミッションクリティカルなクラウド アプリケーションを構築したり、既存のオンプレミス SQL Server のデータベースを Azure SQL Database に移行するためのプログラム可能な領域が提供されます。本日より、Azure SQL Database 用…

0

パートナー向けに Microsoft Azure の Open License を発表

このポストは、5 月 21 日に Worldwide Partner Conference 2014 Blog サイトに投稿された Announcing Microsoft Azure in Open Licensing for partners の翻訳です。 今回、パートナー様に Azure の新しい販売方法をご紹介します。 Azure に Open License が登場し、これまで以上に簡単に、クラウドを収益につながるビジネスへと成長させることが可能になりました。まずはこちらのページある動画 (英語) で Open License の概要をご確認ください。 Josh Waldo のブログでは、Azure の Open License のさらに詳しい情報をご覧いただけます。 Open License は、パートナー様にとって大きなビジネス チャンスとなるはずです。Azure による皆様の今後の成功を心より望んでおります。 Phil Sorgen

0

Microsoft Azure の Open License: 次のステップ

このポストは、5 月 21 日に Worldwide Partner Conference 2014 Web サイトに投稿された Coming Next to Open Licensing: Microsoft Azure の翻訳です。 私の業務の大部分を占めるのが、パートナーの皆様と、クラウド移行を成功させるためのアイデアや情報を共有することです。これまでの調査によれば、クラウドに移行したパートナー様は競合他社よりも優れた業績を収めており、また、クラウドは IT 業界全体の 5 倍の速度で成長しているということがわかっています。さらに、強力なクラウド ビジネスを確立しているパートナー様はそうでないパートナー様と比較すると、総収益に対して経常収益の占める割合が 1.6 倍にもなります*。 マイクロソフトのパートナーの皆様におけるクラウド関連のビジネス チャンスは今後も拡大し続け、2014 年 8 月 1 日には Microsoft Azure の Open License プログラムの提供が開始されます。このオープンで柔軟なプラットフォームによって、クラウドベースのソリューションを簡単に構築、デプロイ、管理するために必要なあらゆる要素が提供されます。これによりパートナーの皆様は、スピード、拡張性、経済性といったクラウドのメリットを顧客が享受できるように支援することができます。 Microsoft Azure を購入する方法としては、これまで www.azure.microsoft.com を利用するか、Enterprise Agreement (EA) の一部として購入するかの 2 種類がありました。Open License プログラムの登場により、さらにもう 1 つ便利な方法で Azure のライセンスを販売できるようになりました。マイクロソフト…

0

クラウド サービスの基礎: テレメトリ – レポート作成

このポストは、8 月 30 日に投稿された Cloud Service Fundamentals: Telemetry – Reporting の翻訳です。 Windows Azure のクラウド サービスの基礎 (CSF) (英語) のテレメトリ コンポーネントの設計と実装に関する 4 つ目のブログ記事へようこそ! 「テレメトリの基礎とトラブルシューティング (英語)」では、導入済みの Windows Azure ソリューションの情報を得るために使用できる基礎的なツール、情報源、スクリプトの概要など、アプリケーションの健全性に関する基本原則を説明しました。2 つ目の記事の「テレメトリ – アプリケーションのインストルメント (英語)」では、アプリケーションが監視という面でどのように最大の情報源となりうるか、そしてアプリケーションの本稼働後に管理容易性という目標を達成するために、アプリケーションを最初に正しくインストルメントすることの重要性について述べました。3 つ目の記事では、お使いのソリューションにおけるさまざまなコンポーネントやサービスから監視と診断の情報を収集するための、データ取得パイプラインの自動化とスケーリングの方法について説明し、この情報をクエリ可能な操作ストアにまとめました。 4 つ目のこの記事では、レポート作成について取り上げます。基本的には、組織でのさまざまな分析やレポート作成の要件に合わせて必要となるシステム情報を取得する方法について述べます。マイクロソフトが提供しているソリューションの概要についてはこの記事で提供し、実装の詳細な手順については、関連する Wiki ページ (英語) で説明します。具体的には、ここでは、データベース層のリソース使用率、エンド ツー エンドの実行時間分析などの項目をすばやく抽出する方法と、それらをレポートやダッシュボードに表示させる方法を説明します。一方 Wiki では、操作ストアの基礎となる実装について、分析クエリの使用例を示しながら見ていきます。また、提供するレポート パッケージについても触れ、Excel を利用してさらに深いレベルの分析を行う方法を説明します。さらに、提供されたヘルパー関数を拡張し、要件に合わせて詳細情報を取得する方法についてもお見せします。 CSF におけるテレメトリ データベース このシリーズの前回の記事では、下のデータ フロー図に示したコレクター タスクの CSF 実装である、データ パイプラインについて説明しました。これらのコレクター タスクは CSF テレメトリの…

0

Windows Azure がもたらす、企業にとってのメリットとは?

このポストは、3 月 29 日に投稿された Windows Azure: What’s in it for the Enterprise? の翻訳です。 Windows Azure チームに所属していると、企業の IT 部門のお客様から、ある 2 つのご質問を頻繁に受けます。1 つはクラウドの恩恵をまだ受けていないお客様からで、「なぜクラウドが必要なのか?」というものです。そしてもう 1 つが、既にクラウドの恩恵を受けているお客様からで、「クラウド プラットフォームを実装するにあたって、一体だれを信頼すればよいのか?」というものです。では、この両方のご質問に率直にお答えしていきましょう。 まず 1 つ目のご質問についてですが、なぜ企業の IT 部門はこれまでの業務の進め方を変え、クラウドを導入すべきなのか。それは、これまでの歴史をたどればおのずと答えが見えてきます。かつて、企業の IT 部門の業務というのは、従業員に技術を提供することと、予測可能な安定したコンピューティング環境の開発に全力を注ぐというものでした。しかし、この数年で状況はまったく変わり、企業レベルの IT の知識を持つ私たちには、大きな期待とプレッシャーがかけられるようになりました。 そして今、さらに大きな変革の時を迎えています。従来型のモデルよりもクラウド インフラストラクチャの方が業務の効率化につながると、開発者たちが気づき始めたのです。こうした開発者たちが、クラウド プロバイダーが提供するサーバー インフラストラクチャを利用して、従来どおりかそれ以上のセキュリティ、パフォーマンス、スケーラビリティを求める企業に、速やかにソリューションを展開するようになりました。その結果、IT 技術者は常に新しいトレンドを習得することが必須となり、それができなければ、取り残されていくしかないという状況が生まれました。 クラウドへの移行を推し進めているのは、スピード、スケール、経済性という 3 つの要素です。これらはだれもが知っている言葉ですが、その意味するところはここ数年でまったく変わりました。スピードは、週単位や月単位ではなく、分単位へ。スケールは、グローバル、オンデマンド、リアルタイムへ。そして経済性は、万一のために供給力を多めに確保しておくことではなく、必要なときに必要なものを確保する能力へと変わりました。 では、企業は、クラウドとどのように向き合えばよいのでしょうか? クラウドを避けるのではなく、クラウドを有効活用し、技術革新を推進する道をたどるべきです。たとえ避け続けたとしても、クラウドはあなたの知らないところでいつの間にか企業に導入され、ある日突然そのことに気づくことになるのだけなのです。列車をあやつる車掌となり、乗客を目的地まで案内しましょう。列車に乗り遅れてはいけません。 2 つ目の「だれを信頼すべきか」という問題ですが、ベンダーの選定については、既存の資産の実績を参考にするのがおすすめです。企業には、長期にわたって魅力的なソリューションが必要です。自社にとって、現時点でベストな選択肢であり、かつ技術革新を続ける見込みがあるベンダーを選定します。これは、大きな賭けのようにも思えませんか? ご心配ありません。お客様だけが、このような悩みを抱えているのではありません。IDC が実施した最近の Cloud Survey 調査によると、回答した顧客のうち 60%* が、ベンダー選定においては、提携するクラウド ソリューション プロバイダー (CSP)…


Microsoft Access 2013: クラウド対応の手軽で斬新な開発ツール

このポストは、11 月 7 日に投稿された Microsoft Access 2013: A Cool New Rapid Development Tool for the Cloud の翻訳です。 Windows Azure SQL データベースやオンプレミスの SQL Server 2012 に適した開発者向けのフレームワークは、数多く存在します。C# や VB.NET などの言語をサポートしている .NET Framework に加え、SQL データベースおよび SQL Server 2012 用の新しい JDBC、PHP、および Node.js のドライバーが Java、PHP、Node.js の各言語を使用する開発者に提供されます。このため、Windows Azure SQL データベースを基盤とするデータ ドリブン アプリケーションの構築に関わる開発者は、これまでにはなかった優秀な言語オプションを使用できます。この記事では、DBA などの方々が SQL データベース (または SQL Server 2012) 上でコードを書かずに迅速にアプリケーションを作成するための斬新な方法をご紹介します。これは、新しい Microsoft…

0