Azure SQL Database Elastic Database プールの最小サイズを変更


このポストは、6 月 24 日に投稿された Updated Azure SQL Database Elastic Database Pool Minimum Size の翻訳です。

Build 2015 では、予測不可能なデータベース要件への対応を支援する SQL Database Elastic Database のプレビューが発表されました。Elastic Database を利用することで、開発者の皆様は SaaS (サービスとしてのソフトウェア) アプリケーションの構築をさらに合理的に管理することができます。今回は皆様からの強いご要望にお応えして、Azure SQL Database の標準 Elastic Database プールの最小サイズを、これまでの 200 eDTU から、100 eDTU に引き下げることにしました。また、この変更に伴い、Elastic Database プールの作成と使用のための最低料金が 50% 引き下げられます。

この変更は、皆様からお寄せいただいたフィードバックによって実現しました。いつもご協力いただき本当にありがとうございます。マイクロソフトでは SaaS 開発向けの優れたリレーショナル データベース バックエンドを作り上げるために、今後も皆様のご意見を参考にサービスを改善してまいります。他にもご提案やフィードバックがございましたら、フィードバック (英語) ページまでお寄せください。また、SQL Database Elastic Database の詳細については、こちらのページのドキュメントと動画 (英語) をご覧ください。

Comments (0)

Skip to main content