Build で発表された Azure の最新機能と技術革新をご紹介

このポストは、4 月 29 日に投稿された Azure peaks in the valley: New features and innovation の翻訳です。 Azure のあらゆる技術革新の中心にあるのは、開発者や独立系ソフトウェア ベンダーの要望に応えるというマイクロソフトの情熱です。本日の //build で発表した Azure サービスの新たな更新により、あらゆるタイプの開発者がさまざまなデバイスやプラットフォームに対応したクラウド アプリやクラウド サービスを柔軟に構築できるようになります。マイクロソフトは今回の更新によって、企業がデータから最大限の価値を引き出すことを可能にする予測分析およびインテリジェント アプリケーション向けの最も完全なプラットフォームを提供できるようになりました。 SQL Database の機能強化 今朝 Scott がステージ上でご紹介したとおり、SQL Database に対してさまざまな更新と機能強化を行いました。SaaS (サービスとしてのソフトウェア) アプリケーションの開発者は、SQL Database によって爆発的成長と収益性の高いビジネス モデルに同時に対応することができます。データベースのリソース消費量が予測できないワークロード向けには、プールしたリソースを複数のデータベースで利用できる柔軟なデータベース モデルのプレビュー版を導入します。ピーク時の需要に対応できるよう過剰にプロビジョニングするのではなく、柔軟なデータベース プールを利用して、予算の範囲内で数百または数千単位のデータベースでリソースを活用することができます。また、複数のデータベース全体のコストとパフォーマンスを制御できる購入モデルにより、コスト効率を高めることができます。SQL Database を使用して数多くのデータベースを管理する方法の詳細については、こちらを参照してください。 また、SQL Server の機能との互換性がほぼ完全になったことで、高負荷のワークロードの実行が可能になり、堅牢かつミッションクリティカルなクラウド アプリケーションを構築したり、既存のオンプレミス SQL Server のデータベースを Azure SQL Database に移行するためのプログラム可能な領域が提供されます。本日より、Azure SQL Database 用…


Azure Media Services 用の包括的なツール

このポストは、4 月 20 日に投稿された A Comprehensive Tool for Azure Media Services の翻訳です。 プロフェッショナル レベルのオンライン ビデオ ストリーミング ソリューションを Azure Media Services (AMS) で構築する場合、データ フローは多岐にわたります。ライブ ストリーミングの場合を例に考えてみましょう。 当然のことながら最も重要なものはビデオ フローで、キャプチャから始まり、長距離のフィード、エンコード、AMS への取り込み、アーカイブ、動的なパッケージ化や保護、CDN への送信、最後にクライアント プレイヤーへの配信という手順になります。ビデオを画面に表示することは最初の段階に過ぎず、最も難しい部分ではありません。むしろ、ビデオを画面に表示することは「簡単」で、どのようにして「ビデオが表示されないようにするか」(DRM 保護) や、ビデオ以外のもの (動的に挿入された広告、コンテンツ制御 (CC)、試合の得点や選手の情報といったメタデータ、緊急発表、天候による遅延を伝えるメッセージなど) をどのようにしてユーザーに視聴してもらうかというところが「難しい」部分です。 次に、広告フローがあります。これは広告マーカーの挿入から始まり、ストリーミング形式に応じた広告マーカーの各種 SCTE 形式への動的なパッケージ化、プレイヤーによる広告マーカーの解析、広告の決定と配信へと続き、最後は広告の再生という手順になります。 コンテンツ制御フローでは、テキスト形式のコンテンツが生成されてコントリビューション フィードに追加され、ビデオ コンテンツと共にパス全体に送られます。 メタデータ フローでは、まず各種サブシステムでメタデータが生成され、コンテンツ管理ストレージ (CMS) に追加され、その後 Web ポータルやクライアント プレイヤーに配信されて表示やフェールオーバーなどの目的に使用されます。たとえば、AMS でアセットが発行されストリーミング URL が生成された場合、この URL は完全に自動化および統合された形で下記の方向に送られます。 エンド ユーザーが閲覧、検索、再生できるようにユーザーのビデオ ポータルにフィードを行う…


Microsoft Azure 関連ニュース 2015 年 4 月のまとめ

Microsoft Azure に関する 2015 年 4 月の主なニュースをまとめました。 4 月   2 日: 米 Chef Software、DevOps ワークフロー「Chef Delivery」を発表 (SourceForge) 4 月   2 日: SBT、「Enterprise Mobility Suite」の自社導入ならびに取り扱いを開始 (BCN Bizline) 4 月   3 日: クラスキャット、テレワーク各種機能を提供するクラウドサービスを強化 (クラウド Watch) 関連ニュース:ThinkIT 4 月   6 日: Microsoft 幹部、「Windows のオープンソース化はあり得る」と発言 (ITpro) 関連ニュース:マイナビニュース 4 月   7 日: マイクロソフト、統計解析言語 R の商業ベンダー Revolution Analytics 買収を完了 (ZDNet Japan) 4 月   8 日: AWS…


サーバーサイド JavaScript で Azure DocumentDB のアプリケーションのパフォーマンスを大幅に向上

このポストは、4 月 23 日に投稿された Boost Your Application’s Performance with Server-Side JavaScript in Azure DocumentDB の翻訳です。 JavaScript を最新の T-SQL として統合 Azure DocumentDB のデータベース エンジン内で JavaScript ロジックのトランザクションをネイティブに実行できることはご存知でしょうか? JavaScript を最新の T-SQL として使用すると、機能豊富で使い慣れたインターフェイスをビジネス ロジックに実装することができます。ロジックはストアド プロシージャ、トリガー、ユーザー定義関数 (UDF) の形で記述することができます。今回は DocumentDB がストアド プロシージャをどのように解釈するかについて説明します。 パフォーマンスの高いバッチ処理とシーケンス処理 ストアド プロシージャの大きなメリットは、複雑なバッチ処理やシーケンス処理を、データの格納場所に近いデータベース エンジン内で直接実行できることです。ストアド プロシージャでは、挿入、更新、削除などの処理をグループ化およびシーケンス化し、まとめて実行します。このため、バッチ処理やシーケンス処理でのネットワーク トラフィックの遅延コストを完全に削減できます。   一連のデータベース処理を実行する場合   ストアド プロシージャで一連の処理を実行する場合 また、ストアド プロシージャの登録時に暗黙的にバイト コード形式にプリコンパイルされるため、呼び出すたびにスクリプトをコンパイルする必要がないというメリットもあります。JSON は Javascript 言語形式のシステムに属し、DocumentDB のストレージの基本単位であるため、JSON ドキュメントをバッファー…