NoSQL データベース サービス「Azure DocumentDB」の一般提供を開始


このポストは、4 月 8 日に投稿された NoSQL database service Azure DocumentDB now Generally Available の翻訳です。

マイクロソフトはこのたび、Azure DocumentDB の一般提供を開始しました。DocumentDB は、アプリケーションでの JSON データの大規模なクエリや処理を可能にする、完全に管理された NoSQL ドキュメント データベース サービスです。一般提供の開始に伴い、DocumentDB は 3 種類の購入オプションから選択できるようになり、それぞれのオプションで予約済みのパフォーマンス、時間単位での課金制度、99.95% の可用性が提供されます。また今回、他のデータベース システムから DocumentDB に既存のデータを簡単に移行できる、オープン ソースの新しいデータ移行ツールもリリースしました。

DocumentDB は、モバイル ファースト、クラウド ファーストのアプリケーション開発に対するニーズが高まっていることを受けて開発されました。NoSQL データベースは多くの開発者の間で人気が高まりつつありますが、こうしたデータベースの運用と管理は、特に大規模な実装の場合、複雑で高コストになることがあります。DocumentDB は、完全に管理されたサービスとしてのデータベース (DBaaS: Database as a Service) の形で提供され、高可用性を備えるほか、インデックス化された JSON における SQL クエリや複数ドキュメントのトランザクション処理に対応しています。

昨年に DocumentDB のプレビュー版をリリースして以来、マイクロソフトはお客様が新しいアプリケーション エクスペリエンスを生み出せるよう、信頼性と拡張性に優れたサービスの実現に重きを置いてきました。デザインから印刷までを提供するソリューションの業界リーダーである SGS International (英語) は、DocumentDB を利用したクラウド ベースの InkLab アプリケーションによって色を管理しています。

「DocumentDB によって高速なデータ アクセスが可能になるため、InkLab の応答性はきわめて高くなっています… また、DocumentDB を採用したことで、構造化データによるソリューションを利用する場合のようなデザイン上の妥協を避けることもできました。」

パフォーマンス ベースの新しい購入オプション

DocumentDB では、Standard 料金レベルで 3 種類の新しい購入オプション (パフォーマンス レベル) と時間単位での課金制度が導入されました。パフォーマンス レベルとは、パフォーマンスに優れた SSD ベースのストレージによる、保証および予約されたスループットと要求処理のレベルを指すものです。パフォーマンス レベルは、Azure ポータルか、いずれかの DocumentDB SDK を通じて設定できます。アプリケーション固有のニーズに対処したり、サービスの使用容量を調整するために、パフォーマンス レベルはいつでも調整可能です。DocumentDB のパフォーマンス レベルの詳細については、こちらのページを参照してください。

データ移行ツール

マイクロソフトは、DocumentDB の使用を簡単に始めていただけるよう常に努めています。サンプル コードやクエリのプレイグラウンド、多くのドキュメントを公開していますが、既存のデータを新しい DocumentDB アカウントに移行するのに手間がかかるというご意見が寄せられていました。この手順を簡素化するために、マイクロソフトは DocumentDB Data Migration Tool をリリースしました。このツールは、JSON ファイル、CSV ファイル、SQL Server、MongoDB、既存の DocumentDB コレクションといったさまざまなソースからデータをインポートするためのオープン ソース ソリューションです。基本的なデータのインポート操作に加えて、インポート時に階層関係 (下位ドキュメント) が作成されるように表形式のソース データ (SQL Server や CSV ファイルなど) を変換する機能や、日付フィールドを処理するためのオプションもサポートされています。

この移行ツールのソース コードは GitHub (英語) から、コンパイル済みのバージョンは Microsoft ダウンロード センター (英語) から入手できます。ソリューションをコンパイルするか、パッケージ化されたバージョンを任意のディレクトリに展開します。データ ソース オプションごとのコマンド ライン サンプルなど、ツールの使用方法の詳細については、こちらのドキュメント (英語) をご覧ください。

 

今すぐ使い始めましょう!

今回の提供開始は、Microsoft Azure DocumentDB 上で新しいアプリケーションやエクスペリエンスを実現する取り組みのほんの始まりにすぎません。完全に管理された NoSQL サービスである DocumentDB を利用することで、移行にかかる期間を短縮し、アプリケーションを使用するユーザーのニーズにすばやく対応できるようになります。マイクロソフトは今後も、お客様からのご意見を基に新しいサービス機能を提供していく予定です。これまでお客様から寄せられたご意見の中には重要なものがいくつもあり、実際に機能への反映を進めています。ご意見は、フォーラムまでお寄せいただくか、ハッシュタグ (#DocumentDB) を付けて Twitter に投稿してください。

Azure DocumentDB を今すぐご利用いただくには、既存の Microsoft Azure サブスクリプションを使用するか、無料評価版にサインアップしてください。DocumentDB には、.NET、Node、Java、Python などに対応するさまざまな SDK が用意されています。また、HDInsightAzure Search といったその他の Azure データ サービスの統合サポートも提供されます。

DocumentDB を少し試してみたいとお考えの場合は、クエリのプレイグラウンド (英語) をお試しください。ご利用は無料で、コミットメントやクレジット カード番号の入力など、面倒なことは一切ありません。

Azure DocumentDB をぜひお試しください。
Azure DocumentDB チーム

Comments (0)

Skip to main content