Azure Site Recovery を使用した VMware 仮想マシンと物理サーバーの Azure への災害復旧機能のプレビュー版を発表


このポストは、3 月 26 日に投稿された Announcing the Preview of Disaster Recovery for VMware Virtual Machines and Physical Servers to Azure using ASR の翻訳です。

多くの Azure Site Recovery (ASR) ユーザーの皆様からのご要望にお応えして、マイクロソフトはこのたび、VMware 仮想マシンと物理サーバーを保護する Azure への災害復旧機能のプレビュー版を発表しました。この機能は、ASR の UserVoice (英語) にお寄せいただいていたご要望の中でも上位 4 つに入っていたものであることから、今回導入に至りました。Hyper-V と VMware の仮想マシンと物理サーバーを保護する機能を備えたこの新しい ASR は、ワークロード対応型の災害復旧を実現する統合ソリューションとしてお客様の異種混在の IT 環境をサポートします。

今回追加された機能は InMage Systems の買収 (英語) によって得られたテクノロジを活用して構築されたものであり、主に次のことが可能になります。

  • 新機能 異種混在環境のワークロードをサポート: Windows および Linux の各種エディションで Azure へのレプリケーションと Azure での復旧を実行できます。
  • 新機能 自動検出: VMware vCenter Server が管理する仮想マシンを自動検出して、Azure へのレプリケーションと Azure での復旧を実行できます。
  • 新機能 継続的なデータ保護: ソフトウェア ベースのレプリケーションにより、目標復旧時点 (RPO) がほぼゼロとなります。
  • 新機能 迅速な変換: 復旧元の VMware 仮想マシン ディスク (VMDK) のファイルをブート可能な形で復旧先の Azure 仮想ハード ディスク (VHD) ファイルに変換でき、目標復旧時間 (RTO) を短時間に抑えられます。
  • 新機能 複数の VM での整合性維持: ASR の保護グループを使用すると、n 層のアプリケーションの全階層で整合性を保ちながら複製とフェールオーバーを同時に実行できます。
  • 新機能 VMware インフラストラクチャへのフェールバック: 災害発生後にオンプレミスのデータセンターが復旧した際、Azure からフェールバックできます。
  • 機能強化 アクティブ/パッシブ レプリケーション: 競合他社の災害復旧製品と異なり、レプリケーション時に復旧先の Azure Virtual Machines が実行中である必要がないため、総所有コスト (TCO) を削減できます。
  • 機能強化 ワンクリックでのフェールオーバー: ASR の復旧計画によりエンドツーエンドのワークロード対応型災害復旧を実現でき、目標復旧時間 (RTO) を短時間に抑えられます。
  • 機能強化 リッチな正常性監視: レプリケーション、フェールオーバー、フェールバックを監視して、イベントの通知や電子メールによる通知を行えます。

 

これらの新機能は、すべてマイクロソフトの単一のソリューションを通じて提供されます。ユーザー エクスペリエンスは ASR と統合されており、これは既に Windows Server 2012 R2 の Hyper-V から Microsoft Azure への災害復旧機能 (英語) で皆様にご利用いただいているものです。

ASR の新たな機能を試す場合や、オンプレミスの VMware 仮想マシンや物理環境から Azure へのワークロード対応型災害復旧機能を有効化する場合は、Microsoft Azure のプレビュー機能ページにアクセスしてください。

Windows や Linux、物理環境や Hyper-V 仮想環境、VMware といったあらゆる IT 環境を保護し、レプリケーションと復旧を調整する機能を備えた Azure Site Recovery は、さまざまな組織の災害復旧計画に欠かせない存在となっています。生産性ソリューションとプラットフォームの提供を通じてモバイル ファーストとクラウド ファーストの実現を目指すマイクロソフトは、ビジネス継続性に関する課題の解決と、プライベート クラウド、パートナー クラウド、パブリック クラウドをシームレスにつなぐハイブリッド クラウド ソリューションの実現に取り組んでいます。

Azure Site Recovery の関連情報は MSDN のフォーラム (英語) をご確認ください。他のユーザーとの情報交換にもご利用いただけます。また、詳細については Azure Site Recovery のドキュメント (英語) をご覧ください。

Azure Site RecoveryMicrosoft Azure の無料評価版に登録するだけで今すぐお使いいただけます。ぜひお試しください。

Comments (0)

Skip to main content