Azure Mobile Engagement のパブリック プレビューの提供を開始


このポストは、2 月 18 日に投稿された Azure Mobile Engagement now in Public Preview の翻訳です。

去る 2014 年 5 月、マイクロソフトは分析に基づくモバイル プッシュ通知を提供する業界トップクラスの Capptain 社を買収しました。

この Capptain の機能が Azure Mobile Engagement として生まれ変わり、このたびパブリック プレビューとして提供が開始されました。

このプレビュー版はマイクロソフトが進めるクラウド ファースト、モバイル ファーストの取り組みの一貫として開発され、このソリューションによってアプリ発行者やマーケティング担当者があらゆるユーザーと直接やり取りし、マーケティングにおけるコミュニケーションを完結できるようになっています。

Azure Mobile Engagement は SaaS として提供されるデータ主導型のユーザー エンゲージメント プラットフォームであり、リアルタイムでの詳細なユーザーのセグメント化、アプリ ユーザーの分析、コンテキストを考慮したスマート プッシュ通知やアプリ内メッセージングといった機能を、接続されたすべてのデバイスで利用できます。

Azure Mobile Engagement を活用することで、アプリ発行者やマーケティング担当者は以下のような画期的なやり取りを実現できます。

分析をリアルタイムに実行してアプリの使用率を向上

Azure Mobile Engagement では、ビッグ データの収集とリアルタイムでの処理を組み合わせることで、アプリ ユーザーの行動と顧客層データに沿ったエンゲージメント シナリオが創出されます。これにより、特定のビジネス ニーズに関連するほぼすべての質問への答えを導き出すことができます。たとえば、カスタム ダッシュボードを作成して KPI を測定したり、ユーザー パスにおける使用率のボトルネックをすばやく検出して修復したり、顧客維持率を追跡したり、情報を基にどのキャンペーンが最大の ROI を生み出しているかを判断したりすることが可能です。Azure Mobile Engagement でユーザー パスを完全に把握することで、ユーザー エクスペリエンスを簡単かつ継続的に強化、最適化し、顧客維持率とアプリの使用率を向上させることができます。

付加価値を提供するプッシュ通知と通信プラットフォーム

Azure Mobile Engagement は、Google の GCM や Apple の APNS、マイクロソフトの MPNS といったネイティブのプッシュ通知ゲートウェイで問題なく機能しますが、それだけではなく、インテリジェントな顧客セグメントやアプリ内メッセージング機能によって、対象を絞り込んだキャンペーンを作成することもできます。

その結果、アプリ開発者はきわめて効果的、かつ妨げにならない方法で顧客に接触することができます。

オープン API と容易な統合

オープン API によって統合が容易になるため、CRM、CMS、その他のビジネス関連システムの既存データを簡単に活用することができます。これにより、ターゲットとするユーザーをさらに的確なものにし、投資を保護できます。

世界中でデータとプライバシーを保護

マイクロソフトは製品とサービスのライフサイクルにおいて不可欠なプライバシー保護に長年にわたって取り組んでおり、特に、プライバシー保護対策における透明性の維持、プライバシー保護に関して有効な選択肢をお客様に提供すること、保管するデータを責任を持って管理することに努めてきました。他のすべての Azure サービスと同様に、Azure Mobile Engagement ではお客様の知的財産から得られる情報を共有または販売することはありません。Azure Mobile Engagement は世界中でデプロイ可能なソリューションであり、各国や地域が定めるデータのプライバシー保護に関する法律に準拠しています。

Azure Mobile Engagement のパブリック プレビューはこちらから使用を開始できます。ぜひご利用ください。

Comments (0)

Skip to main content