マイクロソフトが Apache Storm の一般提供を開始: ビッグ データのリアルタイム分析の生産性を向上


このポストは、2 月 20 日に投稿された Microsoft Makes Apache Storm Generally Available And Improves Productivity for Real-Time Analytics on Big Data の翻訳です。

マイクロソフトは Strata+Hadop World カンファレンス (英語) において、Apache Storm の一般提供開始を発表 (英語) しました。この記事では、この製品の詳細をご説明します。

Azure HDInsight 用 Apache Storm の概要

Apache Storm はオープン ソースでフォールト トレラントな分散型リアルタイム イベント処理ソリューションです。この製品はもともと Twitter の Firehose から流れてくる大量のデータ ストリームの処理に使用されていました。Storm は不正の検出、クリック ストリームの分析、金融取引関連の警告、接続されたセンサーやデバイスからのテレメトリ (IoT)、ソーシャル分析、「常時使用可能」な ETL パイプライン、ネットワーク監視などのリアルタイム性が要求されるシナリオに適しています。ユーザーは、デバイス、センサー、インフラストラクチャ、アプリケーション、Web サイト、データから、上記のようなリアルタイムのイベントを収集できます。たとえば、Linkury (英語) ではオンラインの収益サービスに Storm と HDInsight を併用しています。

通常、Storm は Apache Kafka や Azure Event Hubs などのスケーラブルなイベント キュー システムと統合して使用します。

 

Apache Storm で生産性を向上させるためのマイクロソフトの取り組み

マイクロソフトはビッグ データをより簡単かつ手軽に活用できるようにする方法を模索してきました。Azure HDInsight 用 Storm はその一例です。ユーザーは数クリックするだけで、リアルタイム アプリケーションを数分程度で簡単にデプロイ、管理することができ、インストールやセットアップに時間を取られることはありません。Azure では、ハードウェアの新規購入やその他の先行投資を行わなくてもこの機能を使用できます。また、マイクロソフトのサービス レベル アグリーメントにより 99.9% の可用性が保証されており、Azure クラウドの柔軟なスケーリング機能も利用できます。

ビッグ データの手軽な活用に向けた取り組みの 1 つとして、開発者が慣れ親しんでいる環境への対応による生産性の向上を進めています。そのため、.NET と Java の両方で Storm を利用できるようにし、Visual Studio から直接 Storm 用のリアルタイム アプリケーションを開発、デプロイ、デバッグすることが可能になりました。また、Java などの他の言語で作成された Spout と組み合わせることもできるため、自身の Topology の一部として、多種多様な既存の Spout や Bolt を活用することができます。

 

使用を開始するには

本製品を使用するには、Azure サブスクリプションを所有しているか、または Azure の無料評価版にサインアップしている必要があります。この条件を満たしているお客様は、入門ガイドの説明に従って操作を進めると、数分程度で Storm クラスターをセットアップし、実行することができます。

併せて、次の Channel 9 のビデオもご覧ください。

 

Strata で発表した内容の詳細については、マイクロソフトの公式ブログ (英語)こちらの Azure ブログ記事 (英語) でご確認ください。

HDInsight 用 Storm の詳細情報

HDInsight に関する一般情報

Comments (0)

Skip to main content