Azure Backup の更新プログラムをリリース: 長期保有やオフライン シードなどの新機能を多数導入


このポストは、2 月 16 日に投稿された New features in Azure Backup – Long term retention, offline backup seeding and more の翻訳です。

マイクロソフトは、Azure Backup の 2015 年 2 月の更新プログラムのリリースを発表しました。この更新で追加される主な新機能は以下のとおりです。

  • 長期保有機能 – テープ バックアップの代わりにクラウドを使用
  • オフライン シード機能 – 初回のシードを迅速かつネットワークを経由せずに実行
  • すべての Data Protection Manager (DPM) のワークロードを Azure にバックアップ
  • SCOM の監視機能とレポート機能を強化

 

この最新の Azure Backup エージェントは KB3033794 (機械翻訳) からダウンロードできます。このダウンロードにより、過去数か月にリリースされた以下の機能も自動で適用されます。

ここでは、今回のリリースに含まれる新機能の概要を簡単に説明します。詳細については、数週間以内に別の記事でご紹介する予定です。

長期保有機能: テープ バックアップの代わりにクラウドを使用

この最新の更新版により、保持ポリシーを日単位、週単位、月単位、年単位で指定できるようになりました。このため、Azure では最長で 99 年間データを保存することができます。現在、データの長期保存にテープを使用している方にとっては、Azure でのバックアップと長期保有が可能になる今回のリリースがとても魅力的な選択肢となるでしょう。

図 1: Azure Backup では複数の保持ポリシーを指定可能

 

オフライン シード機能 – 初回のシードを迅速かつネットワークを経由せずに実行

Azure Backup の初回バックアップで Azure Import/Export サービスを使用できるようになりました。これにより、初回バックアップのコピー データをディスクに格納して最寄りの Azure データ センターに送付できるので、混雑しているネットワークを経由する必要がなくなります(訳注: Azure Import/Export は現在日本ではご利用いただけません)。

図 2: Azure へのオフライン バックアップ

 

すべての DPM ワークロードを Azure にバックアップ

これまで、DPM ユーザーが Azure にバックアップできるのは Hyper-V Virtual Machines、SQL Database、およびファイルとフォルダーだけでしたが、DPM UR5 (機械翻訳) 最新の Azure Backup エージェントにより、Microsoft SharePoint、Microsoft Exchange、および Windows クライアントのワークロードも Azure にバックアップできるようになりました。サポート対象のワークロードとプラットフォームの詳細については、こちらの記事 (英語) をご覧ください。

SCOM の監視機能とレポート機能を強化

DPM の新しい管理パックでは、強力なレポート生成機能により、複数の DPM サーバーに対応した情報量の豊富なカスタムのレポートやダッシュボードを作成できます。このため、ユーザーはそれぞれの DPM サーバーに移動して定型レポートを抽出する必要はありません。この新しいレポート管理パックでは、ほかにもさまざまなタイプの便利なレポートを生成できます。

図 3: 新しいレポート フレームワークによるレポートのデモ

 

関連情報

Comments (0)

Skip to main content