NBC Sports Digital の「Super Stream Sunday」で放送された大規模なライブ イベント中継を Microsoft Azure がサポート


このポストは、2 月 5 日に投稿された Microsoft Azure supports NBC Sports Digital’s Record-Breaking Live Event with ‘Super Stream Sunday’ の翻訳です。

Microsoft Azure Media Services は、2014 年冬季オリンピックのライブ ストリーミング配信のテクノロジ パートナーとして NBC Sports Digital に採用され、大成功を収めました。この成功によって築かれたパートナーシップにより、Microsoft Azure Media Services は再び NBC Sports Digital の大規模ストリーミング放送のパートナーに抜擢されました。今回は 11 時間を超えるコンテンツ放送を 2,500 万人のユニーク ユーザーに配信しました。日曜に行われたスーパーボウルの放送では、ピーク時 130 万人の同時接続に対応し、ストリーミング放送 1 分間あたりの平均視聴者数は 800,000 人に達しました。これは、NBC Sports Live Extra が昨年達成した 528,000 人という記録を 52% も上回ります。

このように、「Super Stream Sunday」のストリーミング放送は大きな成功を収めました。その裏側では、Azure Media Services がライブ ワークフローのバックエンドとして、次のようにこのイベントをサポートしていました。

  • Azure Media Services では、ストリーミング データを米国東部と米国西部のデータ センターに直接取り込み、AD マーカーを付与しながら各フィードを動的に HLS 形式および HDS 形式にパッケージ化して、iOS や Android、Windows などの各種主要デバイスに配信しました。
  • 100% の稼働率を確保するために、データ センターが二重化されているアーキテクチャを使用しました。このアーキテクチャでは、シームレスなフェールオーバーが可能です。また、アクティブな場合とパッシブな場合の複数のストリーミング シナリオを想定し、米国東部と米国西部の両方のデータセンターで自然現象により再生が中断されるような事態にも対応しました。
  • このストリーミング チャネルを平均 800,000 人/分の視聴者にお届けするために、実際の使用率はプロビジョニング済みのキャパシティの 10% 以下に抑えました。これは、クラウドでのライブ ストリーミングのキャパシティにまだまだ余裕があることを表しています。

Azure Media Services では、クラウド DVR、ハイライトのサブクリップ、ライブ放送から DVR へのシームレスな移行といった、クラウドによる強力なメディア機能を提供しており、今後も Super Stream Sunday のようなさまざまなイベントの成功に貢献していきます。ロンドン オリンピックやソチ オリンピック、そして今回フェニックスで開催されたスーパーボウルといったスポーツ イベントのライブ ストリーミングの需要と、コンテンツへの接続デバイス数は増大し続けていますが、他に類を見ない大規模なマイクロソフトのクラウド サービスでは、リッチでインタラクティブなライブ メディアをすばやく手軽に、かつ低予算で配信することができます。

今後も引き続き臨場感あふれるリッチなメディア エクスペリエンスを世界中の視聴者にお届けしていきます。Azure Media Services によるライブ ストリーミング放送を始めてみたいという方は、こちらのページで詳細をご覧ください。

Comments (0)

Skip to main content