Azure Backup の更新プログラムをリリース: 長期保有やオフライン シードなどの新機能を多数導入

このポストは、2 月 16 日に投稿された New features in Azure Backup – Long term retention, offline backup seeding and more の翻訳です。 マイクロソフトは、Azure Backup の 2015 年 2 月の更新プログラムのリリースを発表しました。この更新で追加される主な新機能は以下のとおりです。 長期保有機能 – テープ バックアップの代わりにクラウドを使用 オフライン シード機能 – 初回のシードを迅速かつネットワークを経由せずに実行 すべての Data Protection Manager (DPM) のワークロードを Azure にバックアップ SCOM の監視機能とレポート機能を強化   この最新の Azure Backup エージェントは KB3033794 (機械翻訳) からダウンロードできます。このダウンロードにより、過去数か月にリリースされた以下の機能も自動で適用されます。 KB2989574 (機械翻訳): 850…

0

Microsoft Azure が、クラウド唯一のプライバシー コントロール国際基準 ISO/IEC 27018 に準拠した初のクラウド コンピューティング プラットフォームとして確認されました

このポストは、2 月 16 日に投稿された Microsoft Azure: The first cloud computing platform to conform to ISO/IEC 27018, the only international set of privacy controls in the cloud の翻訳です。 私たちは先日のブログで Microsoft Azure がコンプライアンス関連で新たな一歩を踏み出したことをお伝えしました。中でも特に大きなニュースだったのが、Azure がパブリック クラウド内の個人情報 (PII) 保護に関する ISO/IEC 27018 の実施基準を満たしていると British Standards Institution (BSI) に確認されたことでした。ISO 27018 はクラウドにおけるプライバシー コントロールを定めた唯一の国際基準であり、Azure はこの ISO 27018 に準拠した初のクラウド コンピューティング プラットフォームとなりました。 Azure の ISO…

0

Azure Data Factory の更新: ダイアグラム ビューの強化

このポストは、2 月 9 日に投稿された Azure Data Factory Updates: Diagram View Enhancements の翻訳です。 お客様からのご要望にお応えし、先日「ダイアグラム ビュー」の大幅な機能強化を実施しました。この記事ではその新機能についてご説明します。 自動保存 ダイアグラム ビューの変更内容が自動的に保存されます。オブジェクトをダイアグラム ビューに移動すると、ダイアグラム ビューを閉じてもオブジェクトがそのまま残ります。 複数のユーザーが同時にダイアグラム ビューにアイテムを移動できます。また、すべての変更が記録され、他のユーザーの変更も確認することができます。 ダイアグラム ビューの右上に最終更新者の名前が表示されます (下のスクリーンショットを参照)。   系列の表示 「系列の表示」モードを使用すると、データセットやパイプラインを選択して、簡単にアップストリームおよびダウンストリームの通信内容を表示できます。また、ダイアグラム ビューのツール バーに新しく追加されたボタンを使用すると、「系列の表示」のオン/オフを切り替えられます (下のスクリーンショットを参照)。 「系列の表示」が有効な場合は、アップストリームおよびダウンストリームのアイテムが強調表示され、ダイアグラム ビューに表示される他のアイテムはすべて薄く表示されます。 この機能により、Data Factory が複雑な構成になっている場合でも、特定のデータセットの系列を把握しやすくなります。 図 1: 系列を表示するデータセットを選択 図 2: 系列を表示するパイプラインを選択   自動レイアウト ユーザー自身の手でダイアグラム ビューを整理するのが面倒な場合、ダイアグラム ビューのツール バーにある「自動レイアウト」ボタンをクリックすると、すべてのオブジェクトを自動的に配置できます (下のスクリーンショットを参照)。 自動レイアウトによる配置は後から調整でき、その状態は自動的に保存されます。また、Ctrl + Z で自動レイアウトを元に戻すこともできます。   タッチ スクリーンのサポート…

0

検索結果のカスタマイズ: Azure Search の「タグ ブースト」機能を発表

このポストは、2 月 5 日に投稿された Personalizing search results: Announcing ‘Tag Boosting’ in Azure Search の翻訳です。 アプリケーションを使用しているときにデータを検索すると、関連する結果がすぐに返されます。この「関連性」の程度を決定付けるのは、主にアプリケーションやユーザーの特性です。Azure Search では、アプリケーションでの検索の関連性を決定する「スコアリング プロファイル」という機能を使用できます。この機能の詳細はこちらのページ (英語) でご確認いただけます。 検索クエリから戻された結果にはすべてスコアが付けられ、既定でスコアの降順に並べ替えられます (この順序は変更することもできます)。スコアリング プロファイルは、ドキュメント内の数値 (例: 星による評価や収益率の高いアイテムを優先) や日付 (例: 古いドキュメントよりも新しいものを優先)、参照地点との距離 (例: クエリの途中で通過した参照地点と地理的に距離の近いアイテムを優先) に基づいて、ドキュメントの検索スコアを引き上げます。 しかし、現時点では、個々のユーザーに最適なデータに基づいてスコアを引き上げるスコアリング プロファイル モデルは実装されていません。たとえば、あなたのサイトで顧客が定期的に商品を購入しているとします。あなたは各顧客が頻繁に購入する上位 3 ~ 4 つのブランドを追跡しています。そこで、各顧客の好みのブランドの製品に対応するドキュメントを検索結果の上位に表示したいと考えました。ただし、上位に表示されるべきものは状況によって変化します。各顧客が好むブランドの上位数種類の集合は、それぞれ異なるからです。 現在テストを進めている API バージョン 2014-10-20-Preview (英語) では “tag” という名前の新しいスコアリング関数が導入され、このような状況への対応が可能になっています。 タグ ブースト機能 新しい “tag” スコアリング関数は、次のように使用します。 1. インデックス定義の一部として、tag スコアリング関数を使用してスコアリング プロファイルを作成します。この関数では、タグまたはラベルのリストがドキュメント内のどのフィールドに含まれているかを指定します…

0

テスト用ハイブリッド クラウド環境の新規セットアップ

このポストは、2 月 5 日に投稿された New set of Hybrid Cloud Test Environments の翻訳です。 クラウドのみの仮想ネットワークで開発/テスト環境を作成する方法を説明する資料はたくさんありますが、ハイブリッド クラウドのような、企業内で VPN デバイスへのクロスプレミスの完全な仮想接続を実現するセットアップを説明する資料はなかなか見当たりません。 このニーズにお応えするために、テスト用のハイブリッド クラウド環境に関する以下の記事を公開しました。 テスト用ハイブリッド クラウド環境のセットアップ (英語) テスト用ハイブリッド クラウド環境での SharePoint イントラネット ファームのセットアップ (英語) テスト用ハイブリッド クラウド環境での Web ベース LOB アプリケーションのセットアップ (英語) テスト用ハイブリッド クラウド環境での Office 365 ディレクトリ同期 (DirSync) のセットアップ (英語) この手順に従うと、機能的なクロスプレミスの Azure Virtual Network をセットアップできます。上記の環境ではローカルのインターネット接続とパブリック IP アドレス (1 つ) を使用します。セットアップが完了したら、アプリケーションの開発に着手し、シンプルな IT ワークロードでテストを実施したり、サイト間 VPN…

0

Azure API Management の Premium レベル

このポストは、2 月 5 日に投稿された Azure API Management Premium の翻訳です。  昨年 9 月に一般提供が開始された Azure API Management は、SLA で 99.9% の可用性が保証され、さまざまな規模やタイプのお客様にとって非常に大きな力となっています。ある大企業では、膨大な数の内部 API のカタログを開発者ポータルを活用して作成し、企業内の俊敏性や共同作業を促進するためにご利用いただいています。また、小規模な ISV では API エコノミーの一部として、API Management 経由でのデータやサービスの販売にご活用いただいています。 提供開始以来、お客様からは、大規模な API プログラムに対応できる容量、キャッシュ容量やスループットの増大、対応リージョンの拡大、ミッション クリティカルな API プログラムに対する SLA の強化など、さまざまな機能拡充のご要望をいただいていました。今回、Azure API Management に新たに Premium レベルのサービスを導入し、上記のご要望を実現すると共に以下のようなさらなる強化を行いましたのでお知らせいたします。 API 呼び出しを 1 ユニットあたり 10 億回に拡大、スループットを Standard レベルの 5 倍に強化 キャッシュ容量が 5GB に増加 SLA で…

0

Azure DocumentDB の提供地域をアジアと米国で拡大、アカウント単位の制限も緩和

このポストは、2 月 3 日に投稿された Azure DocumentDB – New Asia, US regions, and increased account limits の翻訳です。 マイクロソフトでは Azure DocumentDB の機能拡張に積極的に取り組んでおり、今回、下記の変更を実施しました。   提供地域の拡大: DocumentDB をご利用いただけるリージョンの数が 2 倍に増加しました。 アカウントとドキュメントの制限緩和: 1 アカウントあたりの能力単位数が増え、またドキュメントのサイズの上限もこれまでの 2 倍に引き上げられました。   新しい提供地域 新たに東アジア、東南アジア、および米国東部の各 Azure リージョンで DocumentDB をプロビジョニングできるようになりました (これまでは米国西部、北ヨーロッパ、西ヨーロッパでの提供でした)。今後も引き続き提供地域の拡大に努め、DocumentDB のデータの格納先の選択肢を広げ、柔軟性を高めてまいります。DocumentDB の利用を希望される Azure リージョンがありましたら、Microsoft Azure DocumentDB のフォーラム (英語) までお寄せください。   アカウントとドキュメントの制限緩和 今回、ドキュメントの最大サイズが再度引き上げられ、256 KB から 512 KB…

0

NBC Sports Digital の「Super Stream Sunday」で放送された大規模なライブ イベント中継を Microsoft Azure がサポート

このポストは、2 月 5 日に投稿された Microsoft Azure supports NBC Sports Digital’s Record-Breaking Live Event with ‘Super Stream Sunday’ の翻訳です。 Microsoft Azure Media Services は、2014 年冬季オリンピックのライブ ストリーミング配信のテクノロジ パートナーとして NBC Sports Digital に採用され、大成功を収めました。この成功によって築かれたパートナーシップにより、Microsoft Azure Media Services は再び NBC Sports Digital の大規模ストリーミング放送のパートナーに抜擢されました。今回は 11 時間を超えるコンテンツ放送を 2,500 万人のユニーク ユーザーに配信しました。日曜に行われたスーパーボウルの放送では、ピーク時 130 万人の同時接続に対応し、ストリーミング放送 1 分間あたりの平均視聴者数は 800,000 人に達しました。これは、NBC Sports Live Extra が昨年達成した 528,000 人という記録を…

0

スポーツ番組のストリーミング配信を支える Azure Media Services

このポストは、1 月 30 日に投稿された Azure Media Services to help stream the big game の翻訳です。 NBC Sports (英語) は、日曜日に行われるスーパーボウル関連の番組を 11 時間連続でストリーミング配信する「Super Stream Sunday」プログラムを発表 (英語) しました。マイクロソフトは地元チームの連覇に期待を膨らませていますが、なによりも誇らしいのは、NBC Sports がMicrosoft Azure Media Services を再びテクノロジ パートナーとして採用したことです。NBC Sports Digital のライブストリーミング製品である NBC Sports Live Extra を通じて、このビッグ マッチが PC、ノート PC、タブレットにマルチプラットフォーム配信されます。 NBC Sports と Microsoft Azure Media Services は、過去にも 2014 年オリンピック冬季大会のストリーミング配信でタッグを組み、大成功を収めました。両社が実現した大規模で優れた性能を持つストリーミングソリューションにより、オリンピック競技の映像を世界中の 1 億人を超える視聴者にストリーミング配信しました。特に、HD 画質で配信されたアイスホッケーの米国対カナダの試合では、同時視聴者数が210 万件という記録的な数に上りました。Azure…

0

Azure プレビュー ポータルの機能強化を発表

このポストは、1 月 29 日に投稿された Announcing Azure Preview Portal Improvements の翻訳です。 Azure ユーザーの皆さん、こんにちは! 本日、Azure プレビュー ポータルの機能強化を発表しました。これらの機能強化はすべて皆様からのフィードバックを元に行われたものであり、皆様のご協力にたいへん感謝しています。今後も引き続きたくさんのフィードバックをお待ちしています。 今回行われた機能強化は以下のとおりです。この記事では、個々の強化点について詳しくご紹介していきたいと思います。 リソース ブレードの機能強化 (Websites と Virtual Machines のブレード) ブレードの上部に重要なプロパティを表示 設定、タグ、RBAC、クイックスタートなどの重要な機能へのアクセス性の向上 リソースの Settings の機能強化 より包括的な設定が可能に 検索機能が向上 ポータルの操作性向上 ブレードとタイル (“パーツ”) の最大化表示を改善 グリッドのすべての列のサイズ変更が可能に リソース参照時にサブスクリプション名を表示 個人用設定の改良 リソース ブレード (Websites、Virtual Machines など) のグループの名前変更、移動、削除、追加が可能に パーツ ギャラリーで、リソース ブレードの機能を強化するパーツを提供 ブラウザーの操作性向上 ブレードを新しいタブで開く ブレードを新しいウィンドウで開く ここからは各強化点について詳しく説明します。ぜひ最後までお付き合いください。 リソース ブレードの機能強化 リソース ブレードは、Websites、Virtual Machines…

0