Migration Accelerator を使用して Linux VM を Azure に移行する


このポストは、1 月 13 日に投稿された Migrate Linux VMs to Azure with Migration Accelerator の翻訳です。

マイクロソフトは、2014 年 9 月に Migration Accelerator (MA) の限定プレビュー (英語) をリリースしました。それ以来、さまざまなお客様に本製品を検討いただき、オンプレミスの Windows Server から Azure への移行に実際に活用していただいています。今回、新たに Linux の物理マシンおよび仮想マシンから Azure への移行がサポートされ、MA による異種プラットフォーム間のサポートがさらに強化されました。

今回のリリースでは、下記の OS から Azure への移行がサポートされます。

  • Cent OS 6.4/6.5
  • Oracle Linux 6.4/6.5

サポート対象の構成は次のとおりです。

  • OS システム ディスク: 1 台 (複数のディスクにまたがる LVM は、Azure の制限事項によりサポート対象外となります)
  • 構成ファイル内でのルート ディスクまたはルート デバイスの記述: UUID、BY-LABEL、BY-ID (SCSI ID)、Multipath、LVM、およびパーティション
  • ファイル システムの種類: ext3 または ext4
  • ルート デバイスのボリューム マネージャー: Linux LVM2

使用を開始するには

MA の使用を開始する前に、この製品のさまざまなコンポーネントとその機能を理解する必要があります。また、Azure の機能と制限事項についても把握しておくとよいでしょう。

ユーザー

必要な手順

MA の新規ユーザーの場合

Microsoft Migration Accelerator のページにアクセスし、プレビュー版にサインアップします。

Windows Server の移行で MA の使用経験があり、Linux サーバーを移行予定の場合

ヘルプ ページのリンクから製品をダウンロードし、ガイドに従ってインストールします。

ぜひ本製品をお試しのうえ、ご意見をお寄せください。また、Linux VM の Azure への移行をお考えの他のお客様に、本製品のことをお伝えいただけますと幸いです。ご不明な点やご意見がありましたら、Migration Accelerator のフォーラム (英語) までお寄せください。

詳細情報については、次のリンク先のページをご覧ください。

Comments (0)

Skip to main content