Azure SQL Database のクライアント ツールを更新


このポストは、12 月 22 日に投稿された Client tooling updates for Azure SQL Database の翻訳です。

マイクロソフトはこのたび、最新バージョンの Azure SQL Database プレビューの提供と合わせて、プライマリのクライアント ベース ツールのサポートを強化することを発表しました。これにより、最新の SQL Database Update V12 (プレビュー版) を含む Azure SQL Database で、SQL Server 2014 Management Studio (SSMS) のサポートが拡張されます。今回、テーブル デザイナーのサポートなどのデータベース オブジェクトのフル ナビゲーションの実現から、インポート/エクスポート機能の実装まで、プラットフォーム活用の範囲拡大に向け製品全体の改良が行われました。この機能が SSMS へ導入されることにより、お好みの環境でもっと簡単で便利に、クラウド機能を活用できるようになります。

こちらの記事 (英語) に SSMS の詳細とダウンロード用リンクを掲載しています。

さらに、プレビュー版では SQL Server データベースのツールが Visual Studio に統合されます。SSMS の更新と同様に、このリリースでは Azure SQL Database のツールセットも更新され、最新の Azure SQL Database Update V12 (プレビュー) のサポートが追加されます。

こちらの記事 (英語) にプレビュー機能の詳細とダウンロード用リンクを掲載しています。

これらの新しいクライアント ベースのツールを利用することで、マイクロソフト ユーザーの皆様にとって生産性が高く使い慣れた環境で、最新バージョンのプレビュー版を含む Azure SQL Database に触れ、活用できるようになります。ぜひこの更新をダウンロードしてお試しいただき、ご意見をお寄せください。

Comments (0)

Skip to main content