PowerShell による Azure Site Recovery のサポートを開始


このポストは、11 月 5 日に投稿された Introducing PowerShell support for Azure Site Recovery の翻訳です。

先日は、Azure Site Recovery で管理される 2 つの Hyper-V サイト間での復旧の PowerShell によるサポートを発表しました。ASR のコマンドレットは Virtual Machines の保護の有効化や、Virtual Machines の復旧処理または Virtual Machines を含む復旧プランの実行に使用できます。PowerShell によるサポートが追加されたことで、管理者が ASR サービスに対してスクリプトを作成したり、ホスティング サービス プロバイダーが災害復旧を提供するために自社のセルフサービス ポータルを拡張したりできるようになりました。

PowerShell による ASR のサポートは、Azure PowerShell の機能として、2014 年 10 月リリースの Azure PowerShell で提供されています。Azure PowerShell を既にご利用の場合は、バージョン 0.8.10 (英語) 以降にアップグレードする必要があります。Azure PowerShell のセットアップと構成が完了すると、利用可能なすべての Azure Site Recovery コマンドレット (英語) の一覧を確認できます。

ASR コンテナーのコンテキストのセットアップ

Azure Site Recovery コマンドレットの利用を開始するには、ASR コンテナーの情報で PowerShell 実行空間コンテキストをセットアップする必要があります。セットアップの際は、SCVMM のセットアップおよびコンテナーへの登録にも使用する登録キー ファイルを Azure 管理ポータルからダウンロードします。コンテキストのセットアップが完了すると、そのコンテキスト内で他のコマンドレットが実行されます。

登録済みの SCVMM サーバーの一覧表示

SCVMM サーバーのセットアップと Azure Site Recovery の登録が完了したら、Get-AzureSiteRecoveryServer (英語) コマンドレットを使用して SCVMM サーバーを表示できます。このコマンドレットでは、通信のハートビート、プロバイダーのバージョン、サーバー情報が出力され、ASR のサーバー稼働状況を監視することができます。

SCVMM クラウドの一覧表示

Azure Site Recovery では、Virtual Machines のスケール管理に SCVMM クラウドを使用しています。SCVMM での構成が完了したら、Get-AzureSiteRecoveryProtectionContainer (英語) を使用して、ASR によって検出された SCVMM クラウドの情報を表示できます。SCVMM のクラウド名またはクラウド ID を使用することで、表示するクラウドを絞り込むことができます。

Virtual Machines の一覧表示

保護コンテナーのコンテキスト内の Virtual Machines を表示することができます。ASR によって検出された SCVMM の Virtual Machines の情報を表示するには、Get-AzureSiteRecoveryProtectionEntity (英語) を使用します。保護コンテナーと同様に、SCVMM の VM ID または VM 名を使用すると、保護エンティティを絞り込むことができます。

Virtual Machines の保護

保護エンティティの一覧には、保護されている Virtual Machines と保護されていない Virtual Machines の両方が表示されます。Set-AzureSiteRecoveryProtectionEntity (英語) を使用すると、保護エンティティに対する保護管理を実行できます。これは、Azure Site Recovery のジョブを返す非同期処理です。また、Get-AzureSiteRecoveryJob (英語) を使用すれば、完了までのジョブの状態を追跡することができます。

以下は、この処理を実行する簡単なスニペットのサンプルです。

param
(    
    [parameter(Mandatory=$TRUE, HelpMessage="SCVMM Cloud Name")]
    [ValidateNotNullOrEmpty()]
    [string] $ProtectedContainerName,

    [parameter(Mandatory=$TRUE, HelpMessage="List of VM names in the SCVMM cloud")]
    [ValidateNotNullOrEmpty()]
    [string[]] $VMList,

    [parameter(Mandatory=$TRUE, HelpMessage="Protection State")]
    [ValidateNotNullOrEmpty()]
    [ValidateSet('ENABLE','DISABLE')]
    [string] $ProtectionState
)

$ProtectedContainers =  Get-AzureSiteRecoveryProtectionContainer | %{ $_.Name }
if(!$ProtectedContainers.Contains($ProtectedContainerName))
{    
    Write-Error "PROTECTED CONTAINER $CloudName NOT FOUND IN ASR"
    return;
}

$ASRProtectedContainer = Get-AzureSiteRecoveryProtectionContainer -Name $ProtectedContainerName
Write-Output "ProtectedContainer " $ASRProtectedContainer

$JobsList = $VMList | %{
        Write-Host "Starting $ProtectionState Protections on $_";
        Get-AzureSiteRecoveryProtectionEntity -Name $_ -ProtectionContainer $ASRProtectedContainer | Set-AzureSiteRecoveryProtectionEntity -Protection $ProtectionState -WaitForCompletion
    }    

$hasFailed = $FALSE
foreach($Job in $JobsList)
{
    $JobDetails = Get-AzureSiteRecoveryJob -Job $Job
    if($JobDetails.Errors.Count -ne 0)
    {
        $hasFailed = $TRUE
        Write-Host "JobID $Job.Id Failed"
        foreach($JobError in $JobDetails.Errors)
        {
            Write-Host $JobError.ServiceErrorDetails
            Write-Host $JobError.ProviderErrorDetails
            Write-Host $JobError
        }
        Write-Host `n
    }
}

Write-Host "PROPERTIES AFTER $ProtectionState DR OPERATION"

$VMList | %{ Get-AzureSiteRecoveryProtectionEntity -Name $_ -ProtectionContainer $ASRProtectedContainer }

if(!$hasFailed)
{
    Write-Host "ENABLE DR OF ALL VMs COMPLETED SUCCESSFULLY"
}

復旧プランの作成と管理

Virtual Machines の保護を有効化したら、復旧プランを作成します。復旧プランでは、フェールオーバーおよび復旧を実行するために Virtual Machines をグループにまとめ、そのグループにフェールオーバーを実行する順序を指定します。Azure Site Recovery コマンドレットを使用して、Azure 管理ポータルで作成された既存の復旧プランを XML ファイル形式でダウンロードできます。この復旧プランの XML ファイルを利用して、新しい復旧プランを作成するか、既存の復旧プランを更新します。

以下は、復旧プラン管理コマンドレットの一覧です。

復旧プランの XML ファイルは次のようになります。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<RecoveryPlan Id="1077cccd-e483-4320-bbcd-b04ca39a7015" Name="Contoso" PrimaryServerId="4c6e08af-7a59-4749-9ccd-0ea089ad264c"
              SecondaryServerId="fc769e95-24cc-41e2-919e-1e25b2c5d50a" Description="" Version="V2014_07">
  <Actions />
  <ActionGroups>
    <ShutdownAllActionGroup Id="ShutdownAllActionGroup">
      <PreActionSequence />
      <PostActionSequence />
    </ShutdownAllActionGroup>
    <FailoverAllActionGroup Id="FailoverAllActionGroup">
      <PreActionSequence />
      <PostActionSequence />
    </FailoverAllActionGroup>
    <BootActionGroup Id="DefaultActionGroup">
      <PreActionSequence />
      <PostActionSequence />
      <ProtectionEntity PrimaryProtectionEntityId="aa4718c1-19c2-4c44-b749-3b87a5ed4954" />
      <ProtectionEntity PrimaryProtectionEntityId="981dab28-644d-4cca-aea7-b65123eb5ee3" />
    </BootActionGroup>
    <BootActionGroup Id="Group2">
      <PreActionSequence />
      <PostActionSequence />
      <ProtectionEntity PrimaryProtectionEntityId="7f24915d-5415-4d7a-86fe-6beef5b8acfd" />
      <ProtectionEntity PrimaryProtectionEntityId="050414cf-03b0-4d2c-bb63-0993c047d658" />
      <ProtectionEntity PrimaryProtectionEntityId="be96b86f-0257-42ce-8fe7-c627cfb90410" />
    </BootActionGroup>
  </ActionGroups>
  <ActionGroupSequence>
    <ActionGroup Id="ShutdownAllActionGroup" ActionId="ShutdownAllActionGroup" Before="FailoverAllActionGroup" />
    <ActionGroup Id="FailoverAllActionGroup" ActionId="FailoverAllActionGroup" After="ShutdownAllActionGroup" Before="DefaultActionGroup" />
    <ActionGroup Id="DefaultActionGroup" ActionId="DefaultActionGroup" After="FailoverAllActionGroup" Before="864672ba-0c94-4cc7-b7f0-c3d202c3aaeb" />
    <ActionGroup Id="864672ba-0c94-4cc7-b7f0-c3d202c3aaeb" ActionId="Group2" After="DefaultActionGroup" />
  </ActionGroupSequence>
</RecoveryPlan>

フェールオーバー

Azure Site Recovery では、テスト、計画内、計画外という 3 種類のフェールオーバーをサポートしています。いずれのフェールオーバー処理も、個別の Virtual Machines と復旧プランの両方でサポートされています。これらの機能が、PowerShell コマンドレットでも利用できるようになりました。ASR のフェールオーバーは非同期処理のため、これらのコマンドレットを実行すると Azure Site Recovery のジョブが返されます。Get-AzureSiteRecoveryJob (英語) を使用すれば、完了までのジョブの状態を追跡することができます。

以下は、この処理を実行する簡単なスニペットのサンプルです。

param
(    
    [parameter(Mandatory=$FALSE, HelpMessage="Name of the RP")]
    [ValidateNotNullOrEmpty()]
    [string] $RPName,

    [parameter(Mandatory=$TRUE, HelpMessage="Failover Type")]
    [ValidateNotNullOrEmpty()]
    [ValidateSet('PLANNED','UNPLANNED', 'TEST')]
    [string] $FailoverType,

    [parameter(Mandatory=$TRUE, HelpMessage="Failover direction")]
    [ValidateNotNullOrEmpty()]
    [ValidateSet('PrimaryToRecovery','RecoveryToPrimary')]
    [string] $FailoverDirection,

    [parameter(Mandatory=$TRUE, HelpMessage="Should do commit on the RP after failover")]
    [ValidateNotNullOrEmpty()]
    [bool] $ShouldCommit,

    [parameter(Mandatory=$TRUE, HelpMessage="Should do reverse replicate on the RP after commit")]
    [ValidateNotNullOrEmpty()]
    [bool] $ShouldReverseReplicate
)

##
## このルーチンでは、ジョブにエラーがないかどうかをチェックする
##
function WaitForJobCompletionAndCheck-JobErrors([string] $JobId)
{
        $IsCompleted = $false

        while(!$IsCompleted)
        {

            $Job = Get-AzureSiteRecoveryJob -Id $JobId

            if($Job.Status -eq "Succeeded")
            {
                $IsCompleted = $true
                Write-Output "Job with Id $JobId executed successfully."
                return
            }
            if($job.Status -eq "Failed")
            {
                $IsCompleted = $true;
                 Write-Output "The Job Id $JobId has failed in execution"
            }

            if(!$IsCompleted -eq "Suspended" )
            {
               Resume-AzureSiteRecoveryJob -Job $Job
            }
            else
            {
                Write-Output "The job is still in progress"        
                Start-Sleep -s 15
            }
        }

        $hasFailed = $false

        $JobDetails = Get-AzureSiteRecoveryJob -Id $JobId
        if($JobDetails.Errors.Count -ne 0)
        {
            $hasFailed = $true
            Write-Error "JobID $JobId Failed"
            foreach($JobError in $JobDetails.Errors)
            {
                Write-Error $JobError.ServiceErrorDetails
                Write-Error $JobError.ProviderErrorDetails
            }
        }

}

$RecoveryPlans =  Get-AzureSiteRecoveryRecoveryPlan | %{ $_.Name }
if(!$RecoveryPlans.Contains($RPName))
{    
    Write-Error "RECOVERY PLAN $RPName NOT FOUND IN ASR"
    return;
}

$RecoveryPlanObject = Get-AzureSiteRecoveryRecoveryPlan -Name $RPName

Write-Output "RECOVERY PLAN DETAILS : "
Write-Output $RecoveryPlanObject

Write-Output "Starting RP $FailoverType Failover of $RPName :";

if($FailoverType.ToUpper() -eq "PLANNED")
{
    $Job = Start-AzureSiteRecoveryPlannedFailoverJob -RecoveryPlan $RecoveryPlanObject -Direction $FailoverDirection
}
elseif($FailoverType.ToUpper() -eq "UNPLANNED")
{
    $Job = Start-AzureSiteRecoveryUnplannedFailoverJob -RecoveryPlan $RecoveryPlanObject -Direction $FailoverDirection
}
elseif($FailoverType.ToUpper() -eq "TEST")
{
    $Job = Start-AzureSiteRecoveryTestFailoverJob -RecoveryPlan $RecoveryPlanObject -Direction $FailoverDirection
}
else
{
    Write-Error "Invalid RP Failover Type - $FailoverType"
}    
WaitForJobCompletionAndCheck-JobErrors $Job.ID

if($ShouldCommit)
{
    Write-Output "Starting RP Commit Failover for $RPName";

    $RecoveryPlanObject = Get-AzureSiteRecoveryRecoveryPlan -Name $RPName
    Write-Output $RecoveryPlanObject

    $JobsList = Start-AzureSiteRecoveryCommitFailoverJob -RecoveryPlan $RecoveryPlanObject -Direction $FailoverDirection

    WaitForJobCompletionAndCheck-JobErrors $Job.ID
}

if($ShouldReverseReplicate)
{
    Write-Output "Starting RP Reverse Replication for $RPName";

    $RecoveryPlanObject = Get-AzureSiteRecoveryRecoveryPlan -Name $RPName
    Write-Output $RecoveryPlanObject

    $JobsList = Update-AzureSiteRecoveryProtectionDirection  -RecoveryPlan  $RecoveryPlanObject -Direction $FailoverDirection

    WaitForJobCompletionAndCheck-JobErrors $Job.ID
}

$RecoveryPlanObject = Get-AzureSiteRecoveryRecoveryPlan -Name $RPName
Write-Output $RecoveryPlanObject
Comments (0)

Skip to main content