3 つの簡単な手順でデータをクラウドにバックアップ


このポストは、11 月 4 日に投稿された Back up your Data to the Cloud with 3 Simple Steps の翻訳です。

データは現代のあらゆる企業において中核を成すものであり、データのバックアップはビジネス戦略の中で重要な位置を占めています。現在、バックアップの主流は、従来のオフサイトでの方法からクラウド ベースのバックアップに移行しつつあります。クラウド ベースのバックアップ ソリューションでは、先行して設備投資を行わなくてもエンタープライズ クラスのスケールと信頼性が得られ、さらに総所有コストテープ ベースのバックアップよりもはるかに低く抑えることができます。この事実は、Gartner1 などのアナリストにより裏付けられています。

Microsoft Azure Backup は、強力なデータ保護ソリューションでありながら使用方法は簡単であり、Microsoft Azure の世界規模のインフラストラクチャを活用してオンプレミスのデータをバックアップできます。クラウドと統合されたこの優れたバックアップ ソリューションをぜひご利用ください。使用方法は非常にシンプルで、この記事でご紹介する 3 つのわかりやすいビデオの説明に従うだけで、オンプレミスのデータを Microsoft Azure で保護する準備が完了します。

1. Azure でバックアップ コンテナーをセットアップする

このビデオでは、Azure 管理ポータルでバックアップ コンテナーをセットアップする方法を説明しています。バックアップ コンテナーとは、Azure でお客様のバックアップを格納する仮想コンテナーです。また、このビデオでは、必要なファイルを Azure からダウンロードする方法もご紹介しています。

2. 運用環境用サーバーを準備する

2 つめのビデオは運用環境用のサーバーの準備についての説明です。お客様のサーバーに Azure Backup エージェントをインストールする手順や、そのサーバーを Azure に登録する手順などをご紹介しています。

3. 運用環境用サーバーからファイルをバックアップし、その後復元する

3 つめのビデオでは、運用環境用サーバーから Microsoft Azure へのデータのバックアップ、およびその復元がいかに簡単であるかをお見せします。

関連情報

以上で、クラウドへのデータのバックアップが非常に簡単であることをおわかりいただけたかと思います。この機会にぜひ Azure Backup サービスをお試しください。

  1. Microsoft アカウント (英語) をお持ちでない場合は、こちらのページから作成できます。
  2. Azure サブスクリプションをお持ちでないお客様は、無料評価版をお試しください。
  3. Azure Backup エージェントのインストーラーは、こちらからダウンロードできます。
  4. ご意見やご要望がございましたら、Azure Backup のユーザー フォーラム (英語) までお寄せください。今後の開発の参考にさせていただきます。
  5. トラブルシューティングの支援が必要なお客様は、Azure Backup のサポート フォーラム (英語) でお問い合わせください。

1: G00261961 – 「How to Determine If Cloud Backup Is Right for Your Servers (クラウド バックアップが自社のサーバーに適しているかを知るには)」(発行日: 2014 年 2 月 13 日)

Comments (0)

Skip to main content