Mobile Services iOS SDK のベータ版をリリース


このポストは、10 月 7 日に投稿された Mobile Services Beta iOS SDK Released の翻訳です。

マイクロソフトはこのたび、iOS 用オフライン SDK のベータ版をリリースしました。このバージョンでは新たに、.NET バックエンド モバイル サービスの利用時に Table ストレージにアクセスできるようになりました。

この機能をサポートするために、今回のオフライン SDK では、小規模ながらも重大な変更が行われました。この SDK は最終的にはメインの 2.0 SDK になる予定です。その際、お客様のクライアントのコードのアップグレードが必要となる可能性がありますのでご注意ください。

この重大な変更は、MSReadQueryBlock の型定義に適用されています。

従来の定義

typedef void (^MSReadQueryBlock)(NSArray *items,
                                 NSInteger totalCount,
                                 NSError *error);

新しい定義

typedef void (^MSReadQueryBlock)(MSQueryResult *result, 
                                 NSError *error);

この型定義では新しいクラスの MSQueryResult を使用しています。これにはアイテムの合計数や継続リンクなど、結果とそのプロパティが含まれます (これは Table ストレージで使用されます)。

このため、readWithCompletion などでこのメソッドを呼び出す場合は、下記のような変更が必要になります。

従来の署名

[query readWithCompletion:^(NSArray *results, NSInteger totalCount, NSError *error) {...}]

新しい署名

[query readWithCompletion:^(MSQueryResult *result, NSError *error) {...}]

このデータは、MSQueryResultitems プロパティを使用すると取得できます。

[query readWithCompletion:^(MSQueryResult *result, NSError *error) {
   items = [result.items mutableCopy];
}];

また、これらの変更に併せてオフライン同期のチュートリアルとサンプルも更新しました。

さらに先日、iOS でのオフライン同期のチュートリアル (英語)それに付随するサンプル (英語) を公開しました。GitHub で Mobile Services のサンプル レジストリ (英語) をご確認ください (Windows 用 (英語)Xamarin 用 (英語)Android 用 (英語) のオフライン同期のサンプル)。

Comments (0)

Skip to main content