TechEd Europe 最新情報: Microsoft Azure の簡易性、スケーラビリティ、革新性の強化を発表

このポストは、10 月 28 日に投稿された Exciting updates to Microsoft Azure at TechEd Europe, enabling simplicity, scale and innovation の翻訳です。 多くの企業にとって最大の懸案事項となっているのは、クラウドの活用であることは間違いありません。クラウドの活用を検討するきっかけとしては、効率の改善やビジネス モデルの革新などさまざまな理由が考えられますが、何よりも重視されるのはアジリティ (機敏性) の確保です。運用効率改善のためにも、技術革新のためにも、そして IT 担当者、企業、エンド ユーザーの生産性向上のためにも、アジリティは非常に重要な要素です。Microsoft Azure が目指しているのは、マイクロソフトのお客様である皆様をサポートし、皆様のビジネスを前進させることです。 これを実現するべく、先日からスペインのバルセロナで開催されている TechEd Europe では、Microsoft Azure の簡易性、スケーラビリティ、革新性を向上させる新しい機能が複数発表されました。 企業向けのエクスペリエンスをさらに強化 企業向けアプリケーションは、顧客の需要に対応できるように応答時間が短く、かつ予測可能であることが求められます。先日、マイクロソフトのクラウドおよびエンタープライズ担当エグゼクティブ バイス プレジデントの Scott Guthrie が、パブリック クラウド最大の Virtual Machines サイズとなる G シリーズの Virtual Machines の提供開始を発表しました。このシリーズは高負荷のデータ ワークロードに最適化されているほか、最先端の Intel Xeon プロセッサを使用しており、最大 32 個の…

0

Azure Service Bus の ‘NamespaceType’ の既定値を変更

このポストは、10 月 17 日に投稿された Azure Service Bus – ‘NamespaceType’ default value change の翻訳です。 マイクロソフトは先日、Notification Hubs のエクスペリエンスを改良するために Service Bus と Notification Hubs のユーザー エクスペリエンスを分離することを発表しました。また、以前の記事でご紹介したポータルの変更が運用環境に実装されてから 1 か月以上が経過しました。今回は、Service Bus で名前空間を作成する PowerShell コマンドレット (Azure PowerShell で使用可能) および名前空間を作成する REST API の変更についてお伝えします。Service Bus の名前空間を PowerShell コマンドレットまたは REST API を使用して直接作成している場合は、これらの変更により影響を受ける可能性がありますので、必ずこの記事をお読みください。 ポータルの変更と同時に、名前空間に NamespaceType プロパティが導入されました。マイクロソフトは、弊社サービスのバックエンドで、名前空間の作成に REST API または PowerShell を使用しているお客様が Notification Hubs とメッセージング エンティティ…

0

Hadoop のリアルタイム分析を可能にする Storm プレビュー版を発表

このポストは、10 月 15 日に投稿された Microsoft brings real-time analytics to Hadoop with Storm preview の翻訳です。 マイクロソフトは Strata + Hadoop World (英語) において、Azure HDInsight 上の Apache Storm (英語) クラスターのプレビュー版を発表しました。Apache Storm は Hadoop エコシステムのオープン ソース プロジェクトであり、数百万のイベントを安定して処理できるイベント処理分析プラットフォームを提供するものです。今回の発表により、Hadoop のユーザーは発生したイベントに関するより詳細な情報をリアルタイムで入手できるようになりました。 Storm は Azure HDInsight に統合された管理されたクラスターであり、セットアップの容易さ (数回のクリックで数分で完了)、高可用性 (24 時間 365 日監視、Azure SLA による稼働率の保証)、柔軟なスケーリング能力 (ニーズに合わせてリソースを追加可能)、充実した Azure エコシステムとの統合 (Event Hubs、HBase、VNET など) といったメリットが提供されます。Storm は多くの場合、Event Hubs…

0

Azure がさらに拡大し、より高速かつオープンに

このポストは、10 月 20 日に投稿された Azure’s getting bigger, faster and more open の翻訳です。  このたびサンフランシスコで開催されたイベントにおいて、Scott Guthrie と Satya Nadella がマイクロソフトのクラウド コンピューティング戦略についてご説明すると共に、下記のような Microsoft Azure のテクノロジおよびパートナーシップに関する重要な最新情報 (英語) について発表しました。 パブリック クラウドで最大サイズとなる G シリーズの VM のリリース 高パフォーマンスのストレージ ディスクである Premium Storage のリリース CoreOS および Cloudera との業界内パートナーシップの提携 Microsoft Cloud Platform System のリリース  先日、Windows Server および Azure と Docker の融合について発表しましたが、今回の発表はこれに続くものです。 G シリーズの VM サイズ マイクロソフトは、Virtual…

0

iOS 8 での Notification Hubs を使用したリッチ プッシュ通知

このポストは、10 月 16 日に投稿した Rich Push with Notification Hubs in iOS 8 の翻訳です。 リッチなコンテンツでユーザーの関心を引くために、ただのプレーン テキストではなく、URL、画像、音声などを含むリッチなプッシュ通知を使用しているアプリケーションをよく見かけます。Azure Notification Hubs と新しい iOS8 の Apple Push Notification のカスタム アクションを利用することで、魅力的なユーザー エクスペリエンスを簡単に提供するリッチなプッシュ通知を使用できるようになります。 Azure Notification Hubs リッチ プッシュ (英語) のチュートリアルでは、リッチなペイロード (画像) の保存と送信を実行する ASP.NET バックエンド、およびユーザーがタップした後にそのペイロードを取得して詳細を表示する iOS アプリについて説明しています。ただのプッシュ通知とは異なり、まずバックエンドがリッチ コンテンツの ID をサイレント通知でユーザーのデバイスに送信します。その後、通知を表示する前に、ネイティブ アプリケーションが画像を取得します。このしくみにより、ユーザーが [More] ボタンをタップするとすぐにコンテンツが表示されます。 このチュートリアルを完全に理解するには、Azure Notification Hubs によるユーザー通知 (英語) のチュートリアルを一読するか、お客様自身の WebAPI プロジェクトおよび iOS アプリケーションをご確認ください。…

0

Azure Websites、ロール、および Virtual Machines で SSL 3.0 を無効化する方法

このポストは、10 月 19 日に投稿した How to Disable SSL 3.0 in Azure Websites, Roles, and Virtual Machines の翻訳です。 マイクロソフトは、SSL 3.0 の脆弱性の解決にお役立ていただける、セキュリティ アドバイザリ 3009008 を公開しました。これは SSL 3.0 プロトコル自体に影響を及ぼす脆弱性で、業界全体に関連するものであり、特定のマイクロソフト製品や Azure でこのプロトコルを実装する場合に特有のものではありません。Azure Websites、ロール、および Windows の Virtual Machines では、このプロトコルが既定で有効になっています。 サーバーについても SSL 3.0 を無効化することができます。この場合、より強力な TLS プロトコルをすべての接続で使用する必要があり、SSL 3.0 のみをサポートしている古いブラウザーをお使いのユーザーがサーバーに接続できなくなるため、注意が必要です。 マイクロソフトは、お客様が Azure Websites、ロール、および Virtual Machines で SSL 3.0 を無効化する方法のガイドを公開しました。ロールおよび Virtual Machines は、お客様の手でこのプロトコルを無効化できます。Azure Websites…

0

Azure VM 固有 ID のアクセスと使用

このポストは、10 月 13 日に投稿した Accessing and Using Azure VM Unique ID の翻訳です。 マイクロソフトは先日、Azure VM 固有 ID のサポートを開始しました。Azure VM 固有 ID は 128 ビットの識別子で、エンコードされすべての Azure IaaS VM の SMBIOS に保存されており、プラットフォームの BIOS コマンドを使用して読み取ることができます。 この識別子は、VM が Azure で実行されている場合とオンプレミスで実行されている場合のどちらでも使用可能で、Azure IaaS 環境で必要となるライセンス認証、レポート生成、一般的な追跡の実施を支援します。多くの独立系ソフトウェア ベンダーおよびパートナーは、アプリケーションを構築したり Azure での認定を受けたりするうえで、そのライフサイクル全体で Azure VM を識別し、VM が Azure、オンプレミスまたはその他のクラウド プロバイダーのうちどの環境で実行されているかを把握することが必要な場合があります。このプラットフォーム識別子は、たとえば、ソフトウェアのライセンスが適切に認証されているかを検出したり、任意の VM データをそのソースに関連付けて各メトリックを正しいプラットフォームに設定したり、それらのメトリックを追跡して他のユーザーとの間で関連付けたりする場合などに役立ちます。 この固有 ID は変更することはできず、クエリの発行先としてのみ使用可能です。2014 年 9 月 18…

0

Azure Mobile Services .NET バックエンドで Table Storage によるページングのサポートを強化

このポストは、10 月 10 日に投稿した Better support for paging with Table Storage in Azure Mobile Services .NET backend の翻訳です。 Azure Mobile Services で .NET バックエンドがリリースされてから、サービス開始以来使用されていた SQL Azure ストレージに加えて、Azure Table Storage および MongoDB データベースにもデータを格納できるようになりました。しかし、Table Storage には Table に存在するアイテム数が多い場合に弱点がありました。Table Storage では SQL クエリのようにアイテムの「スキップ」ができないため、アプリケーションが Table 内のすべてのアイテムを移動する場合にページングを使用することができませんでした。今回の更新により、スキップ/取得の組み合わせを使用する代わりに、Table Storage で「後続リンク (Continuation link)」(HTTP の Link ヘッダー (英語) として公開) を使用してページングを実行できるようになりました。後続リンクにはクライアントがアイテムを追加取得する際に使用するリンクが含まれていて、要求の中にすべてのアイテムが含まれていない場合の応答に使用されます。この後続リンクはクライアントには公開されていなかったため、これまでは大規模な Table を使用することはできませんでした。 .NET…

0

Azure DocumentDB: MSN ヘルスケアのご紹介

このポストは、10 月 9 日に投稿した Azure DocumentDB: Profile of MSN Health and Fitness の翻訳です。 MSN.com は世界 26 の市場において最大手 Web ポータルとして使用されている最も信頼性のあるサイトの 1 つであり、1 か月間に 5 億人ものユーザーが利用しています。MSN.com はマイクロソフトの Information and Content Experiences (ICE) グループの一部で、ヘルスケア、マネー、自動車、エンタメ、天気、フード&レシピ、動画、トラベル、ニュース、スポーツなどの一般ユーザー向けコンテンツで構成されています。各コンテンツのエクスペリエンスは高度にスケーラブルで疎結合されており、世界中の膨大な数のユーザーをサポートすることを目的として設計されています。また、これらのコンテンツは Windows Phone、iOS、Android といった各種プラットフォームに対応しており、そのブラウザー向けに個別のアプリケーションがリリースされています。 高度にスケーラブルでスキーマ フリーのクエリ可能な分散型データ ストア MSN.com ではさまざまな目的に対応するデータ ストアおよびキャッシュ ソリューションが構築され、長年にわたって進化を続けてきました。今年の始めに MSN の各チームの間で話し合われたのは、MSN のあらゆるコンテンツで使用可能な統合された分散型ストレージ システムの必要性についてです。この統合は、新たなコンテンツや各デバイス向けのソーシャル コンピューティング機能を導入するためには欠かせないものでした。ICE チームは既存のストレージ ソリューションを改良し、User Data Store (UDS) と呼ばれる単一の Azure ベースの分散型ストレージ システムに置換することを決定しました。この…

0

Azure SQL Database 用 Auditing の管理機能オプションを拡充

このポストは、10 月 9 日に投稿した Auditing for Azure SQL Database now with more manageability options の翻訳です。 Auditing を管理できるのは、これまで新しい Azure 管理ポータル プレビューからのみに限定されていましたが、新たに Azure ポータルおよび PowerShell コマンドレット (英語) からもご利用いただけるようになりました。Auditing では、更新やデータへのクエリなど、データベースで発生したすべてのイベントを追跡し、そのログを記録します。 次の図に示すように、Azure ポータルでも Azure 管理ポータル プレビューと同様に直観的な構成インターフェイスを使用して、Auditing をお客様のデータベースに合わせて構成することができます。 Auditing をセットアップするには、まず Basic、Standard、Premium のいずれかのデータベースを起動する必要があります。 Azure ポータルで目的のデータベースに移動して、[Auditing & Security] タブをクリックします。すると Auditing の構成タブが開きます。 Auditing を有効にすると、Auditing の構成オプションが表示されます。監査ログの保存先の Azure Storage アカウントを選択し、ログを記録するイベントの種類を指定します。 Auditing の設定が完了したら、目的のデータベースに接続している既存のクライアント アプリケーションを、Security Enabled Connection…

0