Azure Mobile Services の Node バックエンドでの Socket.IO の使用方法


このポストは、8 月 26 日に投稿した How to Use Socket.IO with Azure Mobile Service Node Backend の翻訳です。

Azure Mobile Services の .NET バックエンドでは、SignalR を使用してリアルタイムのコミュニケーションを行うことができます。ただし、これまでこのオプションは Node バックエンドのお客様にはご利用いただけませんでした。Azure Mobile Services の Node バックエンドの最新の更新プログラムにより、Mobile Services での Socket.IO (英語) の利用が簡単になりました。

インストール

まず、次のように Mobile Services の Git リポジトリをローカルに複製します。

C:\> git clone <a href="http://YOUR-SERVICE-NAME.scm.azure-mobile.net">http://YOUR-SERVICE-NAME.scm.azure-mobile.net</a>

次に、カレント ディレクトリを service フォルダーに変更し、socket.io モジュールをインストールします。

cd nodetestapp\service
npm install socket.io –save

: リモート リポジトリの node_modules フォルダーがプッシュされないようにするために、.gitignore ファイルを追加する必要があります。詳細については、「Azure Mobile Services での package.json のサポート (英語)」をご覧ください。

次に、ディレクトリを extensions フォルダーに移動し、次の内容を含む startup.js という名前のファイルを作成します。

var path = require('path');

exports.startup = function (context, done) {
    var io = require('socket.io')(context.app.server);
    io.on('connection', function(socket){
      socket.on('chat message', function(msg){
        io.emit('chat message', msg);
      });
    });    

       context.app.get('/public/chat.html', function(req, res) {
        res.sendfile(path.resolve(__dirname, '../public/chat.html'));
    });    
    done();
}

上記のスニペットでは、Socket.IO を構成し、作成するチャット アプリをホストするルートを追加しています。

チャット アプリ

次の HTML を含む chat.html という新しいファイルを作成し、service フォルダー内に新たに public フォルダーを作成して保存します。

<!doctype html>
<html>
  <head>
    <title>Socket.IO chat</title>
    <style>
      * { margin: 0; padding: 0; box-sizing: border-box; }
      body { font: 13px Helvetica, Arial; }
      form { background: #000; padding: 3px; position: fixed; bottom: 0; width: 100%; }
      form input { border: 0; padding: 10px; width: 90%; margin-right: .5%; }
      form button { width: 9%; background: rgb(130, 224, 255); border: none; padding: 10px; }
      #messages { list-style-type: none; margin: 0; padding: 0; }
      #messages li { padding: 5px 10px; }
      #messages li:nth-child(odd) { background: #eee; }
    </style>
  </head>
  <body>
    <ul id="messages"></ul>
    <form action="">
      <input id="m" autocomplete="off" /><button>Send</button>
    </form>
    <script src="http://code.jquery.com/jquery-1.11.1.js"></script>
    <script src="http://cdn.socket.io/socket.io-1.0.0-pre5.js"></script>    
    <script>
      var socket = io();
      $('form').submit(function(){
        socket.emit('chat message', $('#m').val());
        $('#m').val('');
        return false;
      });
      socket.on('chat message', function(msg){
        $('#messages').append($('<li>').text(msg));
      });
    </script>
  </body>
</html>

最後に、Git の add、commit、push コマンドを使用して、すべての変更をコミットし、Mobile Services にプッシュします。

その後、http://<サービス名>.azure-mobile.net/public/chat.html にアクセスすると、下部にテキスト ボックスとボタンが表示されたページを確認することができます。ブラウザーでこのページのインスタンスを 2 つ開きます。メッセージを入力して Enter キーを押すと、もう一方のウィンドウにメッセージが表示されます。

スケールアウト

上記のサンプルは、Mobile Services のインスタンスが 1 つの場合にのみ動作します。複数のインスタンスがある場合、Socket.IO と共に、リアルタイム コミュニケーションのバッキング ストアとして Redis を使用する必要があります。そのためには、npm から socket.io-redis Node モジュールをインストールします。

https://www.npmjs.org/package/socket.io-redis (英語)

その後、Azure の Redis インスタンスに対して動作するように構成します。詳細については、下記の記事を参照してください。

http://azure.microsoft.com/en-us/documentation/articles/cache-dotnet-how-to-use-azure-redis-cache/ (英語)

Comments (0)

Skip to main content