Azure Backup の利用を始める

このポストは、9 月 11 日に投稿された Getting started with Azure Backup の翻訳です。 Azure Backup はお客様のデータを Azure にバックアップする際に非常に役に立つツールです。Azure Backup の紹介のブログ記事をお読みいただくとその概要がおわかりいただけます。今回の記事では、Azure Backup の利用がいかに簡単かつ手軽に始められるかについてご説明します。Azure のサブスクリプションをお持ちでさえあれば、次に示す 3 段階の操作を行うだけですぐにセットアップが完了します。 Azure ポータルでの操作 1. Azure ポータルにログインして、バックアップ コンテナーを作成します。 2. バックアップ コンテナーのページからエージェントとコンテナー資格情報をダウンロードします。 サーバーでの操作 3. Recovery Services のエージェントをインストールし、サーバーに登録します。 1. バックアップ コンテナーを作成する バックアップ コンテナーはコンテナーの一種で、保護されているサーバーと関連付けられます。ポータルに移動して、ユーザーにとってわかりやすい名前を付け、運用環境のサーバーに地理的に近い地域を指定するだけで、バックアップ コンテナーを作成できます。下の図は、コンテナーを作成する手順のようすです。 ポータルにログインして、左側のサービス一覧から [RECOVERY SERVICES] を選択します。 コンテナーにわかりやすい名前を付け、運用環境のサーバーに最も近いリージョンを選択します。複数のサブスクリプションを所有するお客様は、正しいサブスクリプションを選択していることを確認してください。 ヒント: データを高速で転送するには、運用環境のサーバーに近いリージョンを選択する必要があります。Azure Backup では、自動的に 3 つのバックアップ データの地理レプリケーションが作成されるため、信頼性を考慮して地理的に離れたデータ センターを選択する必要はありません。…

0

Azure SQL Database に新たなほぼリアルタイムのパフォーマンス メトリックを追加

このポストは、9 月 11 日に投稿された Azure SQL Database introduces new near real-time performance metrics の翻訳です。 最近、Azure SQL Database サービス レベル (Basic、Standard、Premium) が新しくなり、また新たなパフォーマンス レベルが導入されました。これに関連して、自社のデータベースのニーズに最適なサービス レベルを評価、決定する方法について、お客様から多くのご質問をいただいています。このような判断を合理化するため、Azure SQL Database に新たに動的な管理ビュー (DMV – sys.dm_db_resource_stats) を導入しました。このビューでは、リソース使用状況のデータをきめ細かくリアルタイムに確認できます。この新しい DMV の詳細と使用方法については、こちらの MSDN のドキュメント (英語) をご覧ください。この記事では、DMV で得られる情報を使用してお客様のデータベースのワークロードに適したパフォーマンス レベルをお選びいただくための、簡単な手順とガイドラインについて説明します。 適切なサービス レベルおよびパフォーマンス レベルの決定 1. お客様のアプリケーションやビジネスの要件で最低限必要となる機能を満たすサービス レベルを決定します。たとえば、バックアップの保持期間やデータベース全体のサイズなどのビジネス要件が判断基準となります (詳細についてはサービス レベル発表時のブログ記事を参照)。 2. 選択したサービス レベルの中で、まず最下位のパフォーマンス レベルでデータベースを作成します。たとえば、Standard サービス レベルを選択した場合、最初はパフォーマンス レベル S0 で作成します。…

0

Azure 管理ポータルを使用したライブ ストリーミングの開始

このポストは、9 月 10 日に投稿された Getting Started with Live Streaming Using the Azure Management Portal の翻訳です。 このたびマイクロソフトは、Azure Media Services の各種ライブ サービスのパブリック プレビュー開始を発表しました。これらのライブ サービスは、NBC Sports がイギリス プレミア リーグ、NHL ホッケー、サンデー ナイト フットボール、ソチ オリンピックなどのスポーツ生中継をマルチプラットフォームで配信するために使用してきたものと同じです。先日閉幕した FIFA ワールド カップでも、世界の放送局 10 社に採用されました。そしてこのたび、高い安定性、スケーラビリティ、パフォーマンスを誇るこれらのサービスを、すべての Media Services ユーザーが利用できるようになりました。 ライブ ストリーミング機能のさまざまな面と使用方法については、今週投稿する複数の記事で取り上げています。この記事では、ライブ ストリーミングの基礎を説明した後、具体的なシナリオ (ライブ デスクトップ Web キャスト) に沿って解説します。この記事では、コードを使用せずに管理ポータルでさまざまな処理を行います。SDK を使用して同じアクションを自動化する方法については、今週投稿する別の記事で説明しています。 ライブ ストリーミングの基本コンポーネント はじめに、後述するエンドツーエンド ソリューションの基本コンポーネントの概要を説明します。 Azure アカウントとサブスクリプション – Microsoft…

0

Azure Media Indexer の紹介

このポストは、9 月 10 日に投稿された Introducing Azure Media Indexer の翻訳です。 はじめに インターネット ビデオの利用は驚くべき速度で成長しています。Cisco VNI Forecast の調査によると、2014 年には消費者によるすべてのインターネット トラフィックの 70% をビデオ コンテンツが占め、2018 年までに 79% に伸びると予測されています。ビデオ コンテンツは既に世界中でインターネット トラフィックの大半を占め、World Wide Web を席巻しています。この成長に伴い、コンテンツ検索の問題が生じています。 インターネットはテキストベースの文書を中心として誕生したため、Web 全体でテキストを検索して見つけるためのインフラストラクチャは成熟しています。一方、ビデオ ファイルは本質的に “検索不可能” なものであり、一般的には手動でタグ付けされた膨大なメタデータを中心とした複雑な分類システムが必要です。それでは、もし意味のあるメタデータを自動的に抽出する方法があったらどうでしょうか。Azure Media Indexer は、Microsoft Research の自然言語処理 (NLP) テクノロジを活用してメディア ファイルやコンテンツを検索可能にするメディア プロセッサです。キーワード ファイル (XML)、字幕ファイル一式 (SAMI/TTML)、強力なバイナリ インデックス ファイル (AIB) の形態で、意味のあるメタデータをエンド ユーザーに自動的に公開します。 マルチメディアの成長と共に、聴覚に障害のあるユーザーに対するビデオ コンテンツの使いやすさに注目が集まっています。現状では、字幕トラックを作成するには高いコストをかけてすべてのビデオの文字起こしを手動で行う必要があります。Azure Media Indexer では、音声認識エンジンにより、入力メディア…

0

Microsoft Azure WebJobs SDK の 1.0.0-rc1 を発表

このポストは、9 月 22 日に投稿された Announcing the 1.0.0-rc1 of Microsoft Azure WebJobs SDK の翻訳です。 マイクロソフトはこのたび、Microsoft Azure WebJobs SDK プレビューの新しいバージョンをリリースしました。WebJobs SDK については Scott Hanselman 氏がこちらで紹介 (英語) しています。以前のバージョンの詳細については、こちらの発表記事 (英語) (翻訳 – SATO NAOKI ブログ : Microsoft Azure WebJobs SDKの0.6.0-betaプレビューの発表) を参照してください。 今回のリリースは 0.6.0-beta と同じ基本機能に、バグの修正が加えられています。 このリリースをダウンロードする WebJobs SDK は、NuGet のギャラリーからダウンロードできます。NuGet ギャラリーで NuGet Package Manager Console を使用して、パッケージをインストールまたは更新します。 Install-Package Microsoft.Azure.WebJobs –Pre Microsoft Azure…

0

一部の Azure サービスで値下げを実施

このポストは、9 月 25 日に投稿された Microsoft Offers Price Reductions on Select Azure Services の翻訳です。 多くの企業でクラウドへの移行が進みつつあり、それと同時にアプリケーションの構築に使用されるサービスの種類もますます増加しています。マイクロソフトは、クラウドへの移行が進んでいる主な理由としてその経済性が注目されていることを鑑み、本日より一部の Azure サービスを Web サイトからご購入いただいた場合に料金を引き下げることを発表いたしました。なお、Enterprise Agreement 経由でご購入のお客様には、さらに高い割引率が引き続き適用されます。 次の表は、値下げが実施されるサービスのごく一部です。対象となるサービスの一覧はこちら (英語) をご覧ください。   現在の料金 改定後の料金 ExpressRoute NSP (1 Gbps) 12,000 ドル/月 8,700 ドル/月 BizTalk サービス (Standard) 4.03 ドル/時間 2.93 ドル/時間 今回の料金改定により、Azure のテクノロジをフルに活用しつつ、コスト効率をさらに高めながら完成度の高いソリューションを構築していただけるようになります。

0

Azure Media Services での高速エンコード処理

このポストは、9 月 10 日に投稿された High Speed Encoding with Azure Media Services の翻訳です。 Azure Media Services ユーザーの皆様から高速エンコード処理へのご要望を非常に多くいただいていましたが、今回、エンコード占有ユニットを 3 種類の中からお選びいただけるようになりました。この記事では、この新しいエンコード占有ユニットの使用法と、それぞれの料金レベルで得られる速度についてご説明します。 エンコード占有ユニットの種類 これまでは、Azure Media Services ユーザーの方は、ポータルにログインすると [ENCODING] タブでエンコード占有ユニットの数を変更できました (下図参照)。 今回、このタブが変更され、新たにエンコード占有ユニットの種類を 3 つの中から選択できるようになりました (下図参照)。 この 3 種類のエンコード占有ユニットは、それぞれ Basic、Standard、Premium という名前が付けられています。ユーザーはそのいずれかを選択し、さらに占有ユニットの数をスライダーで変更することができます (ただしアカウントのクォータで最大値が制限されます)。Media Services アカウントへの変更操作は、[SAVE] をクリックすると即座に適用されます。 既に処理が実行されているエンコード タスクは、タスク開始時にアカウントに割り当てられていた占有ユニットのレベルに基づいたパフォーマンスが処理完了まで適用されますので、この点にご注意ください。占有ユニットの変更が適用された後に処理が開始されたエンコード タスクには、そのアカウントの変更後の占有ユニットが適用されます。 パフォーマンスについては、Basic レベルの占有ユニットでは従来と同程度です。Standard レベルでは最大で Basic レベルの 2 倍、Premium レベルでは Basic レベルの 4 倍以上の速度が得られます。 実際のパフォーマンスは、入力されるコンテンツと選択されたエンコード処理のプロファイルにより決まります。…

0

Azure Media Services の Content Protection (コンテンツ保護) サービスを公開

このポストは、9 月 10 日に投稿された Announcing public availability of Azure Media Services Content Protection Services の翻訳です。 マイクロソフトは、Azure Media Services の Content Protection サービスをリリースすることを発表しました。この中には、Microsoft PlayReady ライセンス サービスと AES クリア キー配信サービスが含まれています。また、メディア コンテンツのセキュリティ確保と配信において、Microsoft PlayReady、または AES-128 の CBC モードの暗号化のいずれかのオプションを選択できます。さらに、暗号化のタイミングは、配信時 (動的暗号化) とコンテンツ処理のワークフロー内 (静的暗号化) から選択できます。これらの機能は、Azure 管理ポータルから、または API (英語) を使用して、どなたにもご利用いただけます。それでは、各機能について詳しくご説明します。 Microsoft PlayReady Content Protection サービスのリリースにより、コンテンツの保護に Microsoft PlayReady をご利用いただけるようになりました。Microsoft PlayReady は映像制作者から認められた、多様な機能を持つ暗号化テクノロジであり、著作権侵害からコンテンツを保護します。この新しいサービスは、簡単な構成を行うだけでクラウドから利用可能で、ユーザーがインフラストラクチャを管理したりキーを保護したりする必要はありません。 Content Protection サービスで…

0

データ保護について知っておくべき情報

このポストは、9 月 9 日に投稿された Everything You Ever Wanted to Know About Data Protection and More の翻訳です。 Azure に保管されているデータは、多層型のセキュリティ テクノロジ、さまざまな運用手順、コンプライアンス ポリシーを通して、機密性と整合性が確保されています。新しいホワイト ペーパー(日本語)では、構造化データ、非構造化データ、転送中データ、保存中データなど、Azure のあらゆる層の重要データの保護について詳細な情報を提供しています。以下についての詳しい説明がご覧いただけます。 Storage、SQL Database、Azure Active Directory のデータ Storage および SQL Database におけるアクセス制御 組み込みのデータ セキュリティおよび管理機能 その他の暗号化オプション: BitLocker、SQL TDE/CLE、Azure RMS 冗長化とバックアップ プライバシーと説明責任 ぜひ今すぐ、この Azure のデータ保護(日本語)の完全ガイドをダウンロードしてご活用ください。

0

Apiphany によるひらめき: Azure API Management の一般提供を開始

このポストは、9 月 10 日に投稿された The apiphany epiphany: GA’ing Azure API Management の翻訳です。 マイクロソフトは昨年 10 月、ワシントン D.C. に本社を置く、API 管理のスタートアップ企業 Apiphany 社の買収を発表しました。今回、この買収により導入された Azure API Management のプレビューが終了し、一般提供が開始されて SLA で 99.9% の可用性が保証されるようになります。 この買収の前に、私は同僚に対して API Management の説明を頻繁に行い、この新機能の価値をすばやく理解してもらえるようにさまざまなケースを想定したシナリオを作成しました。その中で、Apiphany によるひらめきとも呼ぶべき、新しい発見がいくつかありました。これらの発見は、すべてスケーリングおよびパートナーシップの促進に関するものでした。 パートナー エコシステムはインターネットの速さで成長 いわゆる「エンタープライズ」と言われる企業と共同で、またはその企業で仕事をした経験のある、IT ビジネスに携わる人ならだれでも、企業間 (B2B) プロジェクトにかかわるときには、プロジェクトの遂行プロセスが以前から変わっていないことにお気付きになると思います。通常、こうしたプロジェクトは両社の重役や経営幹部レベルの交渉から始まり、契約を作成して、ようやく API を構築して相手企業が使用できるように公開します。これはまったく新しいことではなく、数十年も前から変わっていません。このようなやり方は、過去のお客様や従業員の例を見返すと枚挙に暇がありません。 しかし、中には変化したこともあります。現在、ビジネスが変化する速度はますます速くなっています。このため、より迅速な対応が求められ、パートナーシップを短期間で有機的に形成する必要があります。SaaS エコシステムが爆発的に広まっていること、そして企業が最適な成長ソリューションをすばやく採用するようになっていることにより、統合作業は企業の開発者にとって朝食をとるように当たり前のことになっています。また、あなたの次のパートナーは大企業ではなくて、最初で行き詰っている1 人の開発者かもしれません。 大規模になっている現在のスケールに適応したパートナーシップを形成するうえで、俊敏性とオープン性への要求はさまざまな課題のもととなっています。その例を次に示します。 API 自体とその動作についてパートナーのチームでトレーニングを行い迅速に理解を深めてもらうにはどのようにすればよいか。 自社にアクセスする数千、数万、または数十万という数のパートナーをどのようにして管理するか。 パートナー側の導入プログラムの成否をどのように把握するか。 基盤となる中核のミッション クリティカルなシステムを不正使用や攻撃からどのようにして保護するか。 Azure API Management には次のような機能があるため、上記の問題すべての解決に役立ちます。…

0