シンプルな Azure Web Sites のデプロイメント


このポストは、7 月 28 日に投稿した Simple Azure Websites: Deployment の翻訳です。

Azure Web Sites へのデプロイメントで私が好んで使用するのは Git です。それは私が、Git を使用してデプロイする機能にその黎明期 (当時は Kudu (英語) という名称でした) から関わってきたからです。

しかし、ローカル マシンからいくつかのファイルをデプロイしたいだけのときは、Git では大掛かりになりすぎです。そういった場合に役立つのが WebDeploy (別称 MSDeploy) です。

WebDeploy はコマンドラインから使用するのでちょっとした慣れが必要です。発行プロファイルを (Azure Web Sites ダッシュボードから) ダウンロードしたら、そこから情報を抽出し、それをまとめると、次のようなコマンドラインになります。これでローカル フォルダーを Azure Web Sites にデプロイできます。

msdeploy.exe
-verb:sync
-source:contentPath=”c:\FolderToDeploy”
-dest:
contentPath=’MyAzureSite’,
ComputerName=”https://waws-prod-blu-001.publish.azurewebsites.windows.net:443/msdeploy.axd?site=MyAzureSite”,
UserName=’$myazuresite’,
Password=’fgsghfgskhBigUglyPasswordjfghkjsdhgfkj’,
AuthType=’Basic’

これでは長くて複雑ですね。そこで…

お助けツール WAWSDeploy

もっと簡単にできないかと思い、コマンドラインをできるだけシンプルにする簡単なツールを作成しました。同じく Azure ポータルから公開プロファイルをダウンロードする必要がありますが、後は次のシンプルなコマンドを実行するだけです。

WAWSDeploy   c:\FolderToDeploy MyAzureSite.PublishSettings

基本的には、ファイルの場所を指定するだけです。ツールがプロファイルの必要な情報を割り出してくれます。zip ファイルの中身を直接デプロイすることもできます。

WAWSDeploy   c:\MyFiles.zip MyAzureSite.PublishSettings

ツールを入手するには、自分でソース (英語) からビルドするか、Chocolatey (英語) からダウンロードしてください。

その他のメモ

  • このツールはビルドが不要なシンプルなサイト向けです (ASP.NET MVC には向いていません)。
  • 片手間に作った簡単なツールですので、マイクロソフトが公式にサポートしている訳ではありません。
  • WebDeploy と同様、WAWSDeploy も Windows にのみ対応しています。

私のブログ (英語) で Kudu や Azure Web Sites の開発について詳しく紹介しているので、ぜひご覧になってください!

Comments (0)

Skip to main content