Google と Docker の連携により Microsoft Azure で新しいオープン ソース プロジェクトをサポート


このポストは、7 月 10 日に投稿した Announcing Collaboration with Google and Docker to Support New Open Source Projects on Microsoft Azure の翻訳です。

先月こちらのブログ記事の中で、Azure 拡張テクノロジを利用して Azure Virtual Machines 上に Docker をデプロイし、Docker の高密度設計をすばやく簡単に活用できるようにする方法についてご紹介しました。今回は、お客様に対してよりオープンなコミュニティ主導型の選択肢を提供する試みの一環として、Google と Docker を連携させ、Microsoft Azure プラットフォーム上でオープン ソース プロジェクトである Kubernetes (英語)libswarm (英語) をサポートする計画についてご紹介します。

6 月に公開された Kubernetes は、Google Compute Engine 上で開発された、Docker コンテナーのオーケストレーションとスケジューリングをサポートする宣言型のコンテナー管理ソリューションです。Microsoft Open Technologies 社の協力によって、今後 Azure Linux Virtual Machines でも Kubernetes の機能を利用できるようになる予定です。これにより、Kuernetes を使って Linux コンテナーを管理したいと考えている開発者にとっては、新しい選択肢が増えることになります。

Microsoft Open Technologies 社は、Docker の libswarm プロジェクト (英語) もサポートしています。このプロジェクトは Docker に重要な管理機能を提供し、Azure をネイティブにサポートするため、Azure Virtual Machines でのコンテナーのデプロイが可能になります。

この記事では、マイクロソフトが新たに実現するお客様のニーズへの対応と新しい選択肢についてお知らせしました。マイクロソフトは、Windows、SQL、.NET から、Python、Ruby、Node.js、Java、Hadoop、Linux、Oracle に至るあらゆるパブリック クラウドのオペレーティング システム、言語、サービスを幅広く提供することにより、お客様がアプリケーションをすばやく開発、デプロイ、管理できるようにサポートしています。さらに、Azure での Puppet、Chef、その他のオープン ソース テクノロジのサポートに関する最近の発表からもおわかりのように、オープン性の実現にも継続的に取り組んでいます。マイクロソフトにとって、異種混在の IT 環境をご利用の開発者、パートナー、お客様との関係は非常に重要です。皆様にとって最も重要性の高いプロジェクトについて、ぜひご意見をお聞かせください。

Comments (0)

Skip to main content