Microsoft Azure の Open License: 次のステップ


このポストは、5 月 21 日に Worldwide Partner Conference 2014 Web サイトに投稿された Coming Next to Open Licensing: Microsoft Azure の翻訳です。

私の業務の大部分を占めるのが、パートナーの皆様と、クラウド移行を成功させるためのアイデアや情報を共有することです。これまでの調査によれば、クラウドに移行したパートナー様は競合他社よりも優れた業績を収めており、また、クラウドは IT 業界全体の 5 倍の速度で成長しているということがわかっています。さらに、強力なクラウド ビジネスを確立しているパートナー様はそうでないパートナー様と比較すると、総収益に対して経常収益の占める割合が 1.6 倍にもなります*。

マイクロソフトのパートナーの皆様におけるクラウド関連のビジネス チャンスは今後も拡大し続け、2014 年 8 月 1 日には Microsoft Azure の Open License プログラムの提供が開始されます。このオープンで柔軟なプラットフォームによって、クラウドベースのソリューションを簡単に構築、デプロイ、管理するために必要なあらゆる要素が提供されます。これによりパートナーの皆様は、スピード、拡張性、経済性といったクラウドのメリットを顧客が享受できるように支援することができます。

Microsoft Azure を購入する方法としては、これまで www.azure.microsoft.com を利用するか、Enterprise Agreement (EA) の一部として購入するかの 2 種類がありました。Open License プログラムの登場により、さらにもう 1 つ便利な方法で Azure のライセンスを販売できるようになりました。マイクロソフト ボリューム ライセンスの特典と柔軟な料金体系の活用、さらに、利幅の増加や顧客関係の強化といったさまざまなメリットが得られるようになります。

Azure を Open License で再販する場合、ディストリビューターからトークンを購入し、顧客の Azure 管理ポータルに 100 ドル単位でクレジットを追加します。このクレジットは Azure で提供されるすべての消費ベースのサービスに使用できます。クレジットをさらに追加するには、新しいトークンを購入してアカウントに追加します。これにより、顧客との直接的な関係を維持しながら、顧客のポータルの管理、サービスのセットアップ、消費額の監視を行うことができます。

8 月に Azure の Open License が公開されるまでに、皆様には販売および技術的なスキルを習得するためのさまざまな機会をご用意しています。Open License の発表に関する Phil Sorgen のビデオはこちら (英語) からご覧いただけます。また、6 月 4 日に開催されるマイクロソフトの “Ramp Up” Azure in Open Virtual Summit (英語) にもぜひご参加ください。ご都合が合わない場合は、録画されたコンテンツが後日そのページからご覧いただけるようになります。また、Azure の Open License に関するよくある質問 (FAQ) もご用意しており、皆様が抱えている多くの疑問に対する回答をご確認いただけます。

いつもマイクロソフトにご関心をお寄せいただきありがとうございます。数か月後に WPC でお会いできることを楽しみにしています。

*出典: IDC Successful Cloud Partners 2.0 ebook (英語)

Comments (0)

Skip to main content