リージョン仮想ネットワーク (Regional Virtual Network)


このポストは、5 月 14 日に投稿された Regional Virtual Networks の翻訳です。

概要

このたび、リージョン全体をカバーする Virtual Network を作成することが可能になりました。これにより、新しく Virtual Network を作成する際、アフィニティ グループではなくリージョンを指定することができます。また、このリージョン仮想ネットワークにデプロイされた新しいサービスは、そのリージョンで提供されているすべてのサービス (A8/A9 のサイズ、内部負荷分散、予約済み IP、インスタンス レベルのパブリック IP など) を利用することが可能です。

今回の発表以前は、VNET はスケール ユニット、正確にはアフィニティ グループにバインドされていました。アフィニティ グループとは、データセンターの 1 セクション、すなわち一定数のサーバーを指すグループ概念です。VNET はアフィニティ グループにバインドされていたため、間接的に一定数のサーバーにバインドされており、このスケール ユニット外のサーバーにデプロイメントを配置することができませんでした。

以前


今回使用可能になったリージョン仮想ネットワークでは、スコープがアフィニティ グループではなくリージョン全体となるため、こうした制約から解放されます。

今後


主なシナリオ

リージョン仮想ネットワークで可能になる主なシナリオを以下に示します。

  • Virtual Machines の新しいサイズである A8 や A9 を、他のサイズも格納可能な Virtual Network にデプロイできます。
  • 予約済み IP、内部負荷分散、インスタンス レベルのパブリック IP などの新機能を利用できます。
  • Virtual Network はシームレスにスケーリングしてリージョン全体のキャパシティを使用できますが、Virtual Network 内の Virtual Machines の最大数は 2048 に制限されます。
  • Virtual Network を作成するにあたってアフィニティ グループを作成する必要はありません。
  • VNET へのデプロイメントは、同じアフィニティ グループである必要はありません。

使用方法

リージョン仮想ネットワークの作成方法はアフィニティ グループの場合と似ていますが、1 つ異なる点として、VNET をネットワーク構成ファイルで定義する際に ‘Affinity group’ 属性の代わりに ‘location’ 属性を使用します。

Virtual Network の定義 (以前)

<VirtualNetworkSitename=“VNetDemoAffinityGroup=VNetDemoAG>

 

Virtual Network の定義 (今後)

<VirtualNetworkSitename=“VNetUSWestLocation=West US>

 

ポータルを使用した作成方法

現時点では、リージョン仮想ネットワークをポータルで作成することはできませんが、近い将来、作成できるようになる見込みです。ただし、インポート/エクスポート機能を使用してリージョン仮想ネットワークを作成することはできます (下の図を参照)。

1. 最新のネットワーク構成ファイルをエクスポートします。

2. ファイルをローカル ディスクに保存します。

3. ファイルを編集して新しい Virtual Network を追加します (下を参照)。

<?xmlversion=“1.0encoding=“utf-8?>

<NetworkConfigurationxmlns:xsd=“http://www.w3.org/2001/XMLSchemaxmlns:xsi=“http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instancexmlns=“http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2011/07/NetworkConfiguration>

  <VirtualNetworkConfiguration>

   <VirtualNetworkSites>

     <!リージョン仮想ネットワークの定義>

    <VirtualNetworkSitename=“VNetUSWestLocation=“West US>

      <AddressSpace>

        <AddressPrefix>192.168.50.0/24</AddressPrefix>

        <AddressPrefix>192.168.51.0/24</AddressPrefix>

      </AddressSpace>

      <Subnets>

        <Subnetname=“frontendsubnet>

          <AddressPrefix>192.168.50.0/24</AddressPrefix>

        </Subnet>

        <Subnetname=“backendsubnet>

          <AddressPrefix>192.168.51.0/28</AddressPrefix>

        </Subnet>

        <Subnetname=“gatewaysubnet>

          <AddressPrefix>192.168.51.16/28</AddressPrefix>

        </Subnet>

      </Subnets>

    </VirtualNetworkSite>

   </VirtualNetworkSites>

  </VirtualNetworkConfiguration>

</NetworkConfiguration>

4. 新しい Virtual Network の作成ワークフローを実行します (下を参照)。

5. ローカル ディスクから、編集したネットワーク構成ファイルを選択します。

6. [OK] をクリックしてインポート処理を終了します。

これで、新しいリージョン仮想ネットワークが作成されます。

Powershell を使用した作成方法

最新の Azure Powershell (英語) をダウンロードしてインストールします。

Powershell コマンドレットを使用してリージョン仮想ネットワークを作成する方法を以下に示します。

1. Azure から最新のネットワーク構成ファイルをダウンロードします。

Get-AzureVNetConfig -ExportToFile

“C:\Users\narayan\Documents\TechEdDemo\Netcfg.xml”

2. エクスポートしたファイルまたは作成したファイルで、Virtual Network の詳細情報を編集します (「ポータルを使用した作成方法」セクションの手順 3 を参照)。

3. 次のコマンドを実行してリージョン仮想ネットワークを作成します。

Set-AzureVNetConfig -ConfigurationPath

“C:\Users\narayan\Documents\TechEdDemo\Netcfg.xml”

4. これで、リージョン仮想ネットワークが作成されます。

よくある質問 (FAQ)

リージョン仮想ネットワークをサポートしているリージョンを教えてください。

Azure では、こちらに掲載されているすべてのリージョン* でリージョン仮想ネットワークがサポートされます (ただしブラジル南部リージョン (プレビュー) は除く)。

* 現時点では、中国東部および中国北部のリージョンでは利用できませんが、近い将来に利用可能になる予定です。

既存の Virtual Network をリージョン仮想ネットワークに変換するにはどうすればよいですか。

現時点では、そのような方法はサポートされていません。今回説明した方法でリージョン仮想ネットワークを新規作成していただく必要があります。なお、アフィニティ グループにバインドされている既存の VNET は、近い将来、スコープがリージョン レベルに移行される予定です。今後の最新情報をお待ちください。

既存の Virtual Network を新しいリージョン仮想ネットワークに接続できますか。

はい。新しい VNET-VNET 間接続機能を使用して、既存の Virtual Network と新規作成されたリージョン仮想ネットワークを接続できます。詳細については、こちら (英語) を参照してください。

リージョン仮想ネットワーク内でサービスを実行する場合、パフォーマンスが低下しますか。

Virtual Network は論理的境界に過ぎず、VNET 内のデプロイメントの実際の配置場所は決定されません。何らかの理由でサービスを同じアフィニティ グループにまとめる必要がある場合は、リージョン仮想ネットワーク内でそうすることが可能です。デプロイメント時に、ホストされるサービスがバインドされるアフィニティ グループを指定する必要があります。ただし、アフィニティ グループはリージョン仮想ネットワークと同じリージョンに配置する必要があります。

ホステッド サービスをアフィニティ グループにバインドせず、サービスをリージョン仮想ネットワークに直接デプロイした場合は、Virtual Network がバインドされているリージョン内のスケール ユニットにデプロイメントが配置されます。

新たに発表された機能 (予約済み IP、内部負荷分散、インスタンス レベルのパブリック IP) とリージョン仮想ネットワークの関係を教えてください。

質問にある新たに発表された機能はすべてリージョン レベルで管理されるため、リージョン仮想ネットワークへのデプロイメントでのみ利用できます。

リージョン仮想ネットワークを使用する場合、料金は発生しますか。

いいえ。リージョン仮想ネットワークはプラットフォームの機能強化であり、料金は発生しません。

Comments (0)

Skip to main content